Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

カーリング・カップ バーンリィ戦後のインタビュー

ベンゲル監督、試合後のインタビュー

マイク試合について…

マイク「我々は良くやったと思う。 GKと(相手選手が)1対1になる場面が6度

あった。 結局2−0で負けたが、良くやったと思っている。 バーンリィは集中

力を保っていたが、我々にはそれが欠けていた。 それがゴール前での優劣

をつけたと思う。 ただ、全体的に内容で勝って試合に負けたと言う感じだ。」

マイク失敗から学ぶものについて…

マイク「選手たちの多くはピッチ上で落ち着いていた。 自分達の力を発揮し、

力で試合に臨んでいた。 しかし、今夜はゴール前で決定力を欠いていた。

チャンスに対してナイーブになり過ぎていたように思う。」

マイクアーセナルがゴールを奪えば流れが変わったか…

マイク「もちろんだ。 相手は我々に対してカウンターアタックを主体とした試合

だった。 それが最も簡単な方法だからだ。 我々は幾つか決定的なチャ

スを外したことに悔いが残る。 非常に若いチームであるがゆえ、カウンター

からの失点よりも90分間走り回るのは難しい。」

マイク2失点目について…

マイクスローインの場面で、我々はポジションに着くのが遅かった為にそこを

われた。 これは集中力の問題だ。」

マイクハーフタイムでバックを交代したことについて…

マイク「理由はボールをより多く確保し、後ろから試合を組み立てる必要があっ

からだ。 バックによりオフェンシブな選手が欲しかった。 本職のDFばかり

上手く行かなかったので、オフェンシブな選手を入れる必要があった。」

マイクバーンリィのクォリティについて…

マイク「以前から観ているので驚きはしなかった。 彼らはシェフィールド・Uや

ウィガンと同等のクォリティを持っている。 ウィガンより良かったかもしれな

いが、だからと言って驚きはしない。 ただ、バーンリィからあんなにボール

を奪えるとは思わなかったがね。」

マイクターフ・ムーアの雰囲気について…

マイク「楽しかった。 スタジアム全体でチームを支えているのが素晴らしい。」

マイクカーリング・カップの意義…

マイク「若い選手たちにとって良い勉強になったと思う。 プレッシャーに対処で

きるクォリティを持っている選手と会うことで、彼らがまだ発展途上であると

いうことが分かる。」

マイク最初の失点について…

マイク「少々アンラッキーだった。 左サイドからのクロスを掴んだが、ファビアン

キーに運が無かったんだと思う。 だが、GKのわき腹には常に危険にさら

されている。」

(ソース:Arsenal.com

試合は観ていませんが、どうもベントナーがGKとの1対1の場面で外し捲くったよう

ですね。 ベントナーのこういうところが、サブに甘んじている理由なんでしょうなぁ。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  ←お役に立ちましたらクリックお願いします。