Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

エバートン戦の結果と試合後のインタビュー&;ロシツキー復帰へ他

エバートン 1−1 アーセナル

得点:61’ケイヒル、90’ファン・ペルシ


ベンゲル監督、試合後のインタビュー

マイクパフォーマンスについて…

マイク「今日は、クォリティを持った2チームの試合だったと思う。 我々は良い

プレーをし、多くの個性が戻ってきていることを示す必要があった。 後半の

最後まで諦めずに戦い続けると思っていたが、ロスタイムに得点できるとは

思わなかった。 全てを出し切れると思っていた。 チームには多くのキャラ

クターがあり、今夜再びそれを示すことができた。」

マイク敗戦回避について…

マイク「負けなかったことは非常に重要であるし、チームの勢いを止めなかった

ことも重要だ。 1−0で終わる試合では無いと思っていた。 我々はたくさんの

チャンスを作らせず、1−0を打開する為に多くの賭けに出る必要があった。

より前のめりになる必要があったが、試合の99%において守備のパフォー

マンスにとても満足している。」

マイクファン・ペルシについて…

マイク「とても素晴らしいフィニッシュだった。 彼の左足は常にGKを避けてゴ

ールを決める。」

マイクポイントを落としたことについて…

マイク「常に我々は3Pを目指してプレーするのでポイント的には不十分だった

が、今夜は困難な試合だった。 私が昨日言った(ヴィラよりエバートン

方が脅威)通りだった。」

マイクケイヒルについて…

マイク「ケイヒルは戦術的に優れ、また非常にインテリジェントな素晴らしい

選手だ。 リーグの全てのDFは彼よりも背が高いが、彼は常にヘディング

で上回る。 彼は他の選手が持って居ない、独特な何かを持っている。」

マイクアルシャビン問題について…

マイク「今日も新しいことは何も無い。 試合に集中していた。 電話も全く掛か

ってこなかったので、何も起こらなかったということだ。 今後2日のうちに何

か話を出来る可能性は90%だろう。 この仕事で忘れてはならないのは、

誰でも直ぐに考えを変えることが出来るので、残り10%の方が重要かもし

れない。」

(ソース:Arsenal.com

■長期離脱中だったロシツキーの、トップ・チーム復帰への目処が立ったようです!

マイクベンゲル監督

「全てが順調に進めば、8週間で復帰できるだろう。 だが、それは強化した

トレーニングに彼が耐えられたらの話だ。」

「正直なところ、トマシュは別格だった。 強さ、忍耐力、そして回復力と

どれも並外れたものだった。」

「スポーツで最も難しいのは怪我だ。 非常に熱心に練習しても復帰が遠ざ

かり、休み、そして再び一からやり直す。 非常に困難な道のりだ。」

「しかし、彼は素晴らしい男だ。 我々は彼の復帰を心待ちにしている。」

(ソース:Arsenal.com

■エドゥアルドが2月11日行なわれる、対ルーマニア戦のクロアチア代表に召集

されました。

(ソース:Arsenal.com

ベンゲルは、1月に加入した海外選手に過度の期待をするのは良くないと語り

ます…

マイクベンゲル監督

「選手がクラブやクラブの結果に、どの様なインパクトを与えたかを評価する

のは非常に難しい。 例えばデフォーやシンボンダはトテナムへ復帰したの

で、彼らのパフォーマンスに関しては予想がつく。 しかし、ロダジェガのウィ

ガンへの移籍は、今のところ彼がどんなインパクトを与えたかを判断するの

難しい。」

「恐らく彼は直ぐに成功すると思うが、通常は(チームに)とけ込むのに3〜

4ヶ月は掛かる。」

(ソース:Arsenal.com

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ