アーセナルは救世主を必要としていない−ベンゲル

スポンサーリンク

ベンゲルは若手が今後も成長していくので、アーセナルはインスタント

救世主を求めてはいないと語ります…

マイクベンゲル監督

「我々はインスタント救世主を必要とはしていない。 皆は常に危機感を持ち

常に凄い選手の獲得を望んでいるが、私はそうは思わない。」

「我々は前進し続けなければならないと思っている。 もしアルシャビンが加入

するならば、期待できるレベルが非常に高いことは認める。 だが、彼が加入

しなかったからと言って悲観することはない。 我々が壁に直面しているからと

いって、放り出すことはしない。」

マンUは3150万ポンドでベルバトフ獲得した。 彼らを見れば何を犠牲にし

て、首位に立っているかを理解できる。 もちろん競い合うことが出来るが、

我々は若いチームで異なる道を行っている。」

「我々は辛抱強く我慢しなければならない。 我々は良い方向へ進んでいる

が、一番の問題はポイントを落とす毎に周囲が大騒ぎすることだ。 だが、ラス

10〜12試合の戦いを見れば、チームが良くなっていると思う。」

「我々は若干クリエイティブと閃きの面で欠けているが、全体的には一貫性を

持って戦っていると思う。 私は(今の)チームに対してネガティブではない。」

(ソース:Goal.com

■以前アーセナルでプレーしていたプティは、アルシャビンの加入によりアーセナル

が復活するかもしれないとしながら、それよりもミランからフラミニを買い戻した方が

いいのでは、と語ります…

マイクエマニュエル・プティ

アーセナルはドレッシング・ルームをまとめられて、ピッチでリーダーとなる

経験豊かな選手を獲得する必要があると思うね。 アーセナルアルシャビン

を獲得する為に1500万ポンドを用意するのは、僕がどうこう言うことじゃない

けれど、それならそのお金でフラミニを買い戻した方が良いと思う。」

「むしろそのお金を使って数人のDFとGK1人を補強した方が良いかもしれ

ないね。 けど、試合で勝つためには経験豊かな選手が必要だと思う。」

(ソース:Goal.com

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ

↑お役に立ちましたらクリックお願いします。

移籍情報
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)
タイトルとURLをコピーしました