Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

ギャラス今季絶望、クリシーも怪我−アーセナル怪我人情報

ビジャレアル戦で値千金の同点ゴールを決めたアデバヨルは、チームが

ファミリーとして成長していると語ります…

マイクアデバヨル

「状態が良くないと思うときは、結果を得ることが飛躍のサインだな。」

「それは、俺らが学んでいることを示してるし、俺らがチームとしてファミリー

として成長してるってことだ。 今日はそれを力を発揮できたと思うぜ。」

「俺らがゼッテェ諦めないってことを見せ付ける必要があった。 チームが

諦めない限り、常に復活するチャンスはあると思ってる。」

「難しい時期でも、まだ何か出来るんじゃねぇかって思ってる。 俺らはまだ

上へ行ける。」

「後半は才能と個性、そして勝利への欲望を示したな。 俺らはアーセナル

のためにプレーすんのが大好きだだからな。 今日の試合で良くやれた

理由はそこだ。」

(ソース:Arsenal.com

ベンゲルは今週行なわれたCL各戦では、前半10分以内の早い段階でゴール

が生まれており、それがオフェンシブなプレーに繋がったと語ります…

マイクベンゲル監督

「我々の試合では、1−0と負けている状況だったので攻撃に出る必要があっ

た。 チェルシーも非常に早い段階で失点し、反撃して同点に持っていく必要

があった。 マン・Uの試合も同じことが言える。 そのため、試合の歴史の中

でも多くの得点が生まれた。」

「全てのチームがオフェンシブなクォリティを持っている。」

(ソース:Arsenal.com

アデバヨルとセスクの復帰以降、2人のコンビによって毎試合得点が生まれてい

ます。 しかし、ベンゲルはチームワークの成せる業だと語ります…

マイクベンゲル監督

「私が重要だと思うことは、チームが集団として良いパフォーマンスを発揮

することだ。 私は我々が以前よりも得点を奪えると確信している。 この時

期の我々に重要なのは、パスのクォリティと集団プレーを頼りの綱としてい

ることだ。」

(ソース:Arsenal.com

■先日のビジャレアル戦でアルムニアギャラスが負傷交代しました。 そして

さらにクリシーも背中を痛めていて2週間の欠場となるようです…

マイクベンゲル監督

ギャラスの怪我は思っていたほど重要ではなかった。 だが、シーズン終了

までに復帰することは出来ないと思う。 大きな打撃ではあるけれど、他の

選手が穴埋めしてくれるだろう。」

アルムニアは全治3週間だ。 そしてクリシーは2週間の欠場となるだろう。

我々は火曜日の試合で3人の選手を失うことになり、強力なスカッド(選

手)層の厚さに頼る必要がある。 我々は今まで全ての怪我の問題を乗り越

えてきており、その強靭な精神力に頼る必要がある。」

ファン・ペルシとエドゥアルドに関しては、明日テストを行なう。 彼らには出

出来る可能性がある。 もちろん、土曜日の試合にはアルシャビンも出場

できる。」

ロシツキーはまだ復帰できない。 我々はさらに辛抱強くなる必要がある。」

(ソース:Arsenal.com

ギャラスは予想通り今シーズン中の復帰は無理の様です…。

そして、新たにクリシーの怪我が明らかとなりました。 これで守りの要である3選手

を失うことになります。

ベンゲルは選手層でカバーすると言ってますがDFは一番層が薄いと思うんだけ

どなぁ…あせる シルベストルが復帰しても、ローテすることを考えたら駒が足りない。

チームの調子が良いだけに、なんとか乗り越えてほしいです。

にほんブログ村 サッカーブログへ 人気ブログランキングへ

↑お役に立ちましたらクリックお願いします。