Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

ベンゲル:ウィガン戦へ向けて

■膝の靭帯を負傷し、今季絶望と言われるギャラス。 前々から夏に移籍するの

では?という報道もありますが、ベンゲルは来季もアーセナルに残ると語ります…

マイクベンゲル監督

「それは大きな問題だ。 彼との契約はあと1年残っている。 私としては、来季

アーセナルに残ると思っている。」

「彼にはチャレンジのシーズンとなったけれど、彼は大きな失望を克服する

必要があったと思う。 彼の活躍は賞賛に値する。 彼は状況を克服し、素晴

らしいパフォーマンスで復活したからだ。」

「彼はビッグ・ゲームの重要な場面で何度もゴールを決めてきた。 それは

良い意味で驚きだった。」

「彼の膝靭帯の損傷はグレード2のものだ。 もし、シーズン終盤に彼が復帰

してきたら嬉しい驚きだ。」

「私は正直、どうやって(怪我の)グレードを測るのか分からない。 だが、

まで深刻なものではない様に思える。 セスクもグレード2だったけれど、ウィ

リアムはセスクより少し軽いと思う。」

(ソース:Arsenal.com

■セスクとアデバヨルの好調もあって、この2人が怪我していなければ優勝争いから

脱落するこもなかっただろうと言われています。 しかし、ベンゲルは目の前の試合か

ら注意をそらす事は危険だと語ります…

マイクベンゲル監督

「選手の怪我に関しては、それに集中し過ぎないようにしたいと思っている。

我々はリーグ戦で好調を維持しており、それを維持していきたい。 我々はこ

れまでも負傷者を出してきており、その度に乗り越えてきた。 強い精神力と

チームの成長を示している。」

「過去の事に集中するのではなく、目の前の事に集中したいと思っている。

全ての試合において、1試合1試合を100%の力で戦わなければならない。

もし少しでもベストを尽くせなければ、その報いを受けるだろう。」

(ソース:Arsenal.com

■今月21日にリバプール、5月10日にチェルシー、16日にはマン・Uと戦うアー

セナルですが、ベンゲルはこれらの試合を楽しみにしていると語ります…

マイクベンゲル監督

「もちろん、楽しみにしている。 我々がタイトル・レースに大きな影響を与え

るだろう。だが、いま我々の第一目標は、アストン・ヴィラとの差を出来る限

り広げることだ。何とも言えないが、その上でリバプールチェルシーとの

差が縮まるだろう。」

「我々はマン・Uと10P差をつけられており、我々にタイトル獲得のチャンス

あるというのは非現実的だ。 彼らは我々より残り試合が1試合多い。」

(ソース:Arsenal.com

■守備陣に3人の怪我人が発生し、その穴を埋められるかが鍵となるアーセナル

ベンゲルはこの非常事態にも慌てず、完璧に穴は埋められると断言します…

マイクベンゲル監督

「私には完璧な自信がある。 我々にはCBを務められるシルベストルとジュル

ーが居る。 だが、我々は約2〜3週に渡りクリシーを欠く。」

「ギッブスが(クリシーに代わり)プレーする。 土曜日の試合で様子を見たい

と思っている。 私は彼が立派にやり遂げると確信している。」

「そして、私はファビアンスキーに絶対的な信頼をおいている。 彼は先日の

試合で非常に素晴らしい状況判断をみせている。」

「私は彼らに何の心配もしていない。 彼らは立派にやり遂げるだろう。」

(ソース:Arsenal.com

そうなんですよね〜。 リバポ、チェル、マン・Uとの試合が残ってるんですよ…。

最後の最後でまさに正念場。 この3試合を勝ち越さないと4位確保が危なくなって

きますね。 ヴィラはここ1ヶ月勝ててませんが、ビッグ4との試合はもうないです

しねぇ…。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ

↑お役に立ちましたらクリックお願いします。