Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

ベンゲル:セスクは守備的MFの方が向いている

■ウィガン戦ではお馴染みの4−2−3−1でベントナーのサポートに回っていた

セスクですが、前半はマークが厳しくあまり機能していませんでした…

マイクベンゲル監督

「セスクを中盤の深い位置まで下げ、ウォルコットを前へ出した。 あと少しの

クリエイティビティが必要だと感じたからだ。」

「選手がマンツーマンのマークをされた場合は、その選手をさらに前線へ上げ

る事により他の選手の為にスペースを作るか、または深い位置まで下げる

かだ。 これらの中間に居た場合は、ボールを受けるのが非常に難しい。」

「(中盤の深い位置が)セスクにとって最適のポジションかどうか、というのは

非常に答え難い。」

「セスクは(チームの)起点となることを好む。 だが、彼はラストパスを出す

ことだって出来るのだ。」

「セスクはCBからボールを受けることを好んでいるから、今より深い位置

でプレーする方が適していると言える。 素晴らしいロング・ボールも持っ

ているのだから。 速いペースと突破力が必要なトップ下よりも、深い位置

の方が良いだろう。」

「セスクは(相手の)裏を取るのも得意としている。 だが、パスのクォリティ

をそれぞれの試合で生かした方が良いと考えている。」

(ソース:Arsenal.com

■今週はCLの他にFAカップ準決勝も控えており、今シーズンで最も重要なビッグ

ウィークです。 ベンゲルはそういった緊張感が好きだと語ります…

マイクベンゲル監督

「Yes、個人的にそういうのが好きなのだ。」

「こういう時は常に大きな緊張感がある。 我々はそれを上手く乗り越えたいと

思っている。 もし緊張感を持てなければ、その先には何も無い。 いま我々の

目の前にあるのはビッグ・チャンスだと思っている。」

(ソース:Arsenal.com

■怪我から復帰してから、3試合4アシストと絶好調のセスク。 ベンゲルは長期の

休養によりリフレッシュし、完全に復調したと語ります…

マイクベンゲル監督

「彼はファンタスティックだ。 試合をこなす度に良くなっていると思う。 ビジャ

レアル戦の時よりも、(ウィガン戦の方が)フィジカル的に強くなっている。」

「私は前々からセスクには休養が必要だと思っていた。 長すぎる休養になっ

てしまったけれど、それがシーズンを力強く乗り切る手助けとなるだろう。」

(ソース:Arsenal.com

ベンゲルは改めてチームは成長していると語ります…

マイクベンゲル監督

「彼らがいつ成長したか? それは様々な場面がある。」

「マン・C戦での敗戦のあとに、チェルシーと戦い勝利した。 我々はホームで

2−2や0−0など、周知の様に多くのネガティブな結果があった。 だが、

我々は前進し続けた。」


「ローマ戦は、また別のファクターがあった。 最初のPKを止められトッティ

バプチスタ、モンテッラ、そしてブチニッチと続く。 アウェーでPKのスペシャ

スト達と対峙したのだ。」

「PK戦は本当に若手ばかりだったけれど、何とか勝ち残っている。 それには

精神的な強さが必要だ。 私はあのPK戦がチームの信念においけるターニン

グポイントだったと思っている。」

(ソース:Arsenal.com

セスクを深い位置に?

将来的にはセスクをアンカーとしてプレーさせるつもりなんでしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ

↑応援よろしくお願いしますm(__)m