Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

ベンゲル:ミドルスブラ戦後のインタビュー

マイク全体的なパフォーマンスについて…

マイク「面白い試合だった。 2−0となった後からは、恐らくCLを若干意識し

始めたようだ。 全体的に、積極的に仕掛けるミドルスブラ相手に、とても

良い試合をしたと思う。 試合を支配し、今日は見事なパスワークと素晴

しいコンビネーションを発揮した。 1点目は特に素晴らしかった。 あれで

我々が試合が好きでプレーを楽しんでいることが分かったと思う。 ミドル

スブラは、ジャレミー・アリアディエールを通して1チャンスあった。 おそ

らく、そこがターニング・ポイントだったと思う。」

マイクセスクの勝利への貢献について…

マイク「彼は試合を重ねる毎に、どんどんキレが増している。 3ヶ月に渡り欠場

していたら、普通は直ぐにベストの状態には戻らない。 だた、今の彼は試合

に出ることで良くなっている。 全てのMFはクリエイティブであり、攻撃的で

り、得点を奪う必要がある。 それは今日の彼そのものだ。 そこが重要

のだ。」

マイクダウニングとセスクが早い時間に揉めたことについて…

マイク「以前セスクは私に、ダウニングが以前から膝を狙ってくると話していた。

我々としては好ましくないことだと思っている。 だが、試合後に彼は膝より

首に来る方が悪いから、(ダウニングが)最悪という訳ではないと話していた。

レフェリーは私にボールに行っていたと話すし、ダウニングもその通りだと話

していた。 だが、彼はボール以外にも行っていた。 それが故意かどうかを

判断するのは難しい。」

マイクキャプテンとしての、より高度な役割について…

マイク「いつもはセスクが深い位置でナスリが高い位置でプレーする。 私は

スリが)周りをどの様に動かすかをテストしたかったのだ。 非常に上手く行っ

たから、また同じことをやるだろう。 しかし、次の試合までは48時の空きが

ある。 どうするかはそのとき決める。」

マイク総力戦の判断について…

マイク「選手を休ませて負けるより、今日の試合に勝ったほうが良い。 今日は

(CLへ向けて)最良の準備として試合に勝つ必要があったのは間違いない。

我々は若いチームだから、選手達の回復も早い。 重要なことは、5位のア

ストン・ヴィラとの確実なポイント差を確保することだ。 今日はそのチャンス

を逃がさないことが非常に重要であったと思う。 ポイント差はまだ確実なも

のとは言えないけれど、残り4試合で10P差だ…。 今ならチェルシーに追

いつくことに集中できる。 ホームでチェルシーと戦うからだ。」

「仮に信念を持たずにオールドトラットフォードへ行くようなことがあれば、立ち

上がりから非常に困難な試合になるだろう。 我々は楽しむ心と共に、信念と

(勝利への)欲望を持って挑む。 まずはエンジョイすることだ。」


マイクファーガソン監督がエミレーツを訪れた事について…

マイク「彼がミドルスブラ戦を観戦にやって来ると思っていたのか? 彼は我々

ディレクターズ・ボックスで良質な赤ワインを飲める事を知っていたのさ!

ファーガソン我々のことを分かっている。 マン・Uが今後対戦する2チー

ムによる、エキサイティングな試合だと思ったはずだ。 我々はお互いのこ

とを良く分かっているkれど、未だピッチでの才能には驚かされている。

私は両チームが全力で挑み、エキサイティングな試合になると思う。」

「(ファーガソンとは話をしたのか?)Yes、我々は丁重に全員と挨拶を交わ

した。 いつもの様に、試合前にディレクターズ・ボックスまで行った。」

マイクマン・Uにとって良いウォーミング・アップとなったトテナム戦について…

マイク「トテナムは良くプレー出来ていたと思う。 公平に判断しても、私は前半

のみで後半は見ていないが前半のトテナムは非常に良かったと思う。」

マイク最近のマン・U守備陣について…

マイク「我々は自分達の試合に忠実だ。 欧州大会で行けるところまで行くこと

望んでいる。 勝つためにゴールを決め、2試合に勝利する。 水曜の試

合で重要なのは、ベストの状態で挑むことだ。 我々がベストの状態なら、

どのチームにも負けない。 つまり、マン・Uの弱点はどこかと考えるので

はなく、マン・Uは経験豊富なのだから、自分たちがベストの状態で挑め

ることに集中しよう。 もし我々がベストの状態で挑めたならば、グッド・

チャンスがあるだろう。 我々にはそれが出来るのだ。」

マイク怪我から復帰する選手について…

マイクアデバヨルとジュルーが復帰した。 ジュルーの膝はまだ100%の状態

ではなかったけれど、切り抜けた。 出場するかは火曜か水曜に判断する。

試合を観る限りは良くなっていると思う。 明日の状態がどうなっているかを

観察する必要がある。 きょう唯一の重大問題はシルベストルだ。 背部の

痙攣だ。 マン・U戦に出れるかは50/50だ。」

(ソース:Arsenal.com

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ
プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑応援よろしくお願いしますm(__)m↑↑


北海道の手づくり★生キャラメル★
札幌めるへん
売り上げランキング: 2469
北海道の手づくり★生キャラメル★