Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

いよいよマン・U戦

シルベストルが古巣とアーセナルについて語ります…

マイクシルベストル ※訳が微妙です

アーセナルには才能がある。 そして共に成長している、そこが違いかな。

年長の選手はギャラス、私、エブエ、アルムニア、トゥーレくらいだからね。

スカッド内にほんの僅かしか居ない。」

トニー・アダムスとその世代が伸びて来たあとは、たぶん世代交代の時

だと言えるね。 トップ・チームの選手たちに取って代わるのは決して簡単

なことではない。 監督に時間を与えないと。」

アーセナルとマン・Uは共に監督を引き留めた。 彼らは批判を物ともしな

かった。 今では、彼らやって来たことが間違ってないと証明されている。」

(ソース:Arsenal.com

■北米を中心に猛威を振るい、世界各地に飛び火している豚インフルエンザ

ヴェラの母国メキシコが発端と言われているなか、ヴェラのもとをメキシコの友人

が訪れていた事が明らかとなり、急遽月曜日の全体練習を休み検査を受けたよう

です…

マイクベンゲル監督

「この話は、先週メキシコからヴェラの友人が訪ねて来たという事実に

基づいている。 彼は(感染予防のため)トレーニング・グラウンドには

入らなかった。 今は全て問題ない。」

「これはもの凄く重大な問題が起こったに違いないと思った。 彼を家に

隔離して欲しいと言われたのだからね。 けど、彼は再び自由の身とな

り、今日のトレーニングにも参加した。」

(ソース:Arsenal.com

■以前は、マスコミが焚き付けたこともあって口撃し合っていたファーガソン

ベンゲル。 いまは以前の様な発言もなくなり、互いにエールを送り合って

います…

マイクベンゲル監督

「(なぜ関係が改善されたのかと聞かれても)分からないけれど、我々は

(監督業の?)生き残りだ。 つまり、そこで敬意が生まれている。」

「長いことこの仕事をやっていれば、誰もが色んなことを通り抜けてくる。

そこに敬意を持つのだ。」

「(我々がもう口撃し合わないことで)ガッカリさせてしまって申し訳ないね!」

「私は以前より良い関係を築けていると思っている。 だが、記者会見でどう

こうという事ではない。 ピッチにおけるチームのポジティブな態度に現れて

いる。」

「両チームが全力でぶつかると思っている。 仮にこの記者会見は失望させ

てしまっても、試合では失望させない自信がある!」

(ソース:Arsenal.com

■マン・Uの生ける伝説であるライアン・ギグス。 プロ18年目の今年、初めてPFA

プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。 しかし、今季18試合の出場に留まっ

ていることから、ジェラードの方が相応しいとの声も多くあります。 しかし、ベンゲル

はトップ・レベルの試合に出続けるには、スキル以外にもっと必要なものがあると

語ります…

マイクベンゲル監督

「彼がプレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞したことに付いて”いやいや、今年

キャリアの中で最悪のシーズンだろ”と言う大きな議論がある。 だが、私

ギグスに対して大きな敬意を持っている。 1991年にキャリアをスタート

させ、今年は2009年だ。 18年に渡ってトップ・レベルでプレーした選手に

対して、敬意を持たなければならない。」

「トップ・レベルで18年間プレーするのは凄いことだ。」

(ソース:Arsenal.com

シルベストルとギッブスが怪我を抱えており、起用については試合当日の朝に

判断するようです…

マイクベンゲル監督

「(試合当日の)朝に判断を下す。 シルベストルは検査待ちだ。 彼は背中を

痛めている。 さらに、ギッブスも若干問題を抱えている。」

(ソース:Arsenal.com

DFラインがヤバイですね…。

ジュルーは出場できるようなのでCBは何とかなりますが、ギッブスが出れないと

左SBをどうするのか。 エブエでしょうかね。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ
プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑応援よろしくお願いしますm(__)m↑↑


1Q84(1)
1Q84(1)
posted with amazlet at 09.04.29
村上春樹
新潮社
売り上げランキング: 5