Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

i Phone用のアーセナル・アプリ発売、バーミンガム戦へ向けて

■キャンベルがアーセナルの練習に参加したいとベンゲルにお願いしていた件です

が、アーセナルが提案を受け入れ練習に参加しているとのことです。 これについて

ベンゲルは、あくまでも体調を維持する手助けをしているに過ぎないと語ります…

マイクベンゲル監督

「彼からアーセナルのフィットネスセッションに参加したいとの申し出があっ

た。 彼は木曜日に我々のトレーニングへ参加している。 チームスポーツに

慣れてしまうと、自分だけで体調を完全な状態に維持するのは難しい。」

今後、何か重大な方向へ発展する可能性は…

「No、我々は彼の体調維持を手助けしているだけだ。」

(ソース:Arsenal.com

サンダーランド vs マン・Uでレフェリーを務めたアラン・ワイリー主審が、試合に

付いていけるだけのフィットネスが無かったことファーガソン監督が痛烈に批判して

いました。 この問題に関してベンゲルは、レフェリー全体のフィットネスは問題ない

としながらも、レフェリーが一部の選手や監督と”フレンドリー”過ぎる点に懸念を抱

いています…

マイクベンゲル監督

「10年前と比べ、レフェリーのフィットネスは格段に良くなっていると思う。 イン

ランドのレフェリーは、フィットネスに関するどんな問題も持っていない。」

「私にはレフェリーの知り合いなどいない。 どのレフェリーとも決して話さな

い。 私はサンダーランド vs マン・U戦に衝撃を受けた。 ファーガソンと第4

審判との間だけの出来事ではない。 レフェリーは選手との距離を保つ必要

あると私は考えている。 個人的にレフェリーのことは尊敬している。 レフェ

ーは監督や選手との距離を厳密に守る必要があるのだ。」

ファーガソンがワイリー審判を批判したことで罰せられるかもしれないが…

「彼はキチンと謝罪したと思う。 処罰に関してはどうこう言える立場にない。

基本的に私に関係ある問題ではないからだ。」

「試合後には我々もついつい過激なことを言ってしまう。 処罰すべきかは私

問題ではない。 我々が求めているのは、真に平等に扱われることだ。

プレア・リーグのルールは一つしかない。 監督が行動規範を尊重しない

場合、ルールを平等に適応する必要がある。 ファーガソンだけを特別扱い

して欲しいなどとは思わない。」

(ソース:Arsenal.com

サンダーランド戦を2−2のドローで終えたあと、ファーガソンはワイリー主審

が試合スピードについてこれていなかったと批判し”彼には休憩が必要だった”

とまで言っていました。 ですがその後、クラブの公式HPで”不適切だった”と

謝罪しています。

アーセナルがi Phoneとipod touch用の公式アプリ「アーセナル・アプリ」をリリー

スしました。 僕はどちらも持っていないので詳しい使い方などは分かりませんが、

どうやら希望するニュースを受け取れたり、選手の詳細な試合データが毎月UP

されるようです。 また、アーセナルTVの動画も観れるとのこと。 価格は2.99ポ

ンド(約450円)。 日本語に対応しているかは不明です。

(ソース:Arsenal.com

■UEFAはFIFAの意向もあり、資金力によって生じる戦力差を是正するため

クラブの予算に制限(収入の範囲内で運営する)を設ける方向で動いています。

ベンゲルはUEFAの動きによってアーセナルが利益を受けるだろうと語ります…

マイクベンゲル監督

「(導入されれば)我々の強みになるだろう。 なぜなら、我々は現在、収入

無視したチームと戦っているからだ。 その規制を導入するのにどれ程の

時間が掛かるかは分からないが、我々はそれを守る。」

「規則の変更に関係なく、我々の方針に変わりはない。 規制内で運営して

いない一部の他クラブには影響を与えるかもしれないがね。 だが、我々は

規則変更がなくとも優位に立てると確信している。」

(ソース:Arsenal.com

アルムニアが復帰したものの、ベントナーとヴェラが新たにバーミンガム戦を

欠場するようです…

マイクベンゲル監督

「まだ代表から戻っていない選手もいる。 ヴェラはまだこちらに到着していな

い。 従って彼は欠場することになる。 ベントナーは鼠径部痛が再発し、トレ

ーニングを休んだ。 腿を痛めているエドゥアルドはまだ復帰していない。」

「ファビアンスキーはまだ完全復帰していない。 ただ、通常トレーニングには

参加しており、近日中に復帰できると思う。 クリシーは足首を少々痛てお

り明日の試合は欠場する。 だが、ディアビは問題ないだろう。」

「トレーニングの時に気がついたが、代表から戻った選手に少々打撲がみら

れる。 ただ、アルムニアスカッドに復帰し出場可能だ。 セスクは個人的な

問題を抱えていたけれど、現在は良い方向へ向かっている。 明日の試合も

出場可能だ。 アルシャビンはチームに戻っており、こちらも出場可能だ。」

「ナスリはまだスカッドに復帰していない。 本格的な試合をするのにあと2週

間は掛かるだろう。」

(ソース:Arsenal.com

ついにアルムニアスカッド入りするみたいですね!

今節から出場するかは分かりませんが、マンノーネが好調なだけにGKを誰にする

かは悩みどころですね…

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ
プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑応援よろしくお願いしますm(__)m↑↑


アーセナル グレーテスト・ゴールズ! [DVD]
メーカーオリジナル (2009-10-23)
売り上げランキング: 9626