Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

プレミア:チェルシー vs アーセナル戦の結果と試合後のインタビュー

-プレミア・リーグ

チェルシー 2-0 アーセナル

得点:39’ドログバ、85’アレックス

【メンバー】

ファビアンスキー

サニャ

コシエルニー イエローカード

スキラッチ

クリシー

アルシャビン → 86’ヴェラ

ソング

ウィルシャー → 81’エマニュエル=トーマス

ナスリ

ディアビ → 70’ロシツキー

シャマフ

-ベンチ-

シュチェスニー

エブエ

ジュルー

デニウソン

ベンゲル監督、試合後のインタビュー

マイクより優れたチームが勝利したのか…

マイク「我々は上手くプレーしていても、試合に負けると言うデモンストレーションをしたに過ぎないと思っている。 そのデモンストレーションを始める前に試合は終わっていたはずで、立ち上がりの数分間に2度の決定的な場面があった。 6ヤードの距離からのヘディンがなぜ外れたのか分らない。 そのようなレベルでは罰を受ける。」

「1点目はラミレスのソングに対するファールがあったので、少し遺憾に思う。 100%ファールだった。 そのあと我々は、ニアポストでやってはならないミスを犯し、ドログバはそこを突いて来た。 後半が始まってからは一方的に攻め込み、ラスト10~15分ごろにチェルシーがカウンターに出てきた。 しかし、我々はあまりに多くのチャンスをふいにしてきた。 そしてゴール前では、オフェンス・ディフェンスの両方において冷静でなければならない。 我々には優れたチーム・パフォーマンスと多くエネルギーがあった。」

チェルシーは走り回らなければならなかったので、終了時には痙攣していた。 私は(それだけのことをやった)チームを賞賛したいと思う。 だが我々は、タイトルを獲得するためにもより冷静になる必要がある。 そうすれば、こういった試合を落とすことなど無いはずだ。」

マイク冷静さについて…

マイクチェルシーのストライカーたちは、我々よりずっと冷静だった。 そこが試合を決めたと思う。 なぜなら、それ以外きょうのチェルシーは苦しんでいたと思う。 窮地に立っている時間が長かったからね。」

マイク試合を支配していながら得点できなかったことについて…

マイク「チャンスはあった。 今日のように得点のチャンスがある時は、ゴールを奪わないといけない。」

マイクチームに対して怒りを感じたか…

マイク「No.彼は傑出した姿勢と活躍をしていただけに、チームにとっても残念だったと思う。 彼らの姿勢を称えることしか出来ない。 彼らの活躍が実らなかったことは残念だと思うけれど、我々は現実の世界に生きているのだ。 チャンスをものにして得点出来なければ、この手のビッグ・ゲームに勝つことは出来ない。」

マイクポジティブなことは…

マイク「私個人の意見としては、驚くほど試合を支配することが出来たので、ポジティブな面は多いと思っている。 我々は0Pでホームへ戻ることになるが、アウェーのサンダーランド戦で2P落とした時を見れば、今週は我々のクォリティに対して十分と言える結果ではない。」

マイク怪我人の影響について…

マイク「今日の我々は、試合に勝つための選手が揃っていた。 我々には今日の試合に勝つのに十分なクォリティを持っていた。」

マイクウィルシャーはビッグ・ゲーム・プレーヤーであることを証明したか…

マイク「Yes.彼は全力を出し切っていて、少し疲れていた。 だが彼は18歳だし、我々は今日の彼の活躍を見ている。 『お疲れ、ジャック』と声を掛けるだけさ。 このまま行けるよ。」

マイクディアビの怪我について…

マイク「足首の状態がよくない。 フランス代表戦にも影響が出るだろう。」

マイクチェルシーのスタイルについて…

マイクチェルシーのスタイルをジャッジするようなことはしたくない。 勝者は常に正しいのだ。」

マイクタイトル・レースについて…

マイクチェルシーは優勝候補の一角ではあるけれど、シーズンはまだまだ長い。 この試合は決定的なものではないのだよ。 彼らは優位な立場にあるけど、ポイントを落とすことだってあるのだ。」

マイクデジャヴか…

マイク「人々はそう言うけれど、そうは感じていない。 2チームの力の差は、本当に僅差だと思っている。 今日はチェルシーの前線を優位にしてしまった。 彼らは常に冷静だった。」

マイクドログバのゴールは必然だったのか…

マイク「文学としては良いかもしれないが、スポーツは違う。 スポーツに必然などない。 彼への祝福の言葉も、いつまでも続くとは限らないのだ。」

マイクコシエルニーのミスについて…

マイク「彼はコーナーへ向かってターンすることが多すぎると思う。 身体をターンさせてゴールの方を向くので、ボールに対して対応できないのだ。」

(ソース:Arsenal.com

勝負に勝って試合に負ける。 何度くり返していることか…

NEWS Twitterはじめました!http://twitter.com/Arsenal_watch NEWS

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑皆様の1クリックに支えられていますm(__)m↑↑