Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

セスク:アーセナルで成功を手にしたい

ベンゲルは中盤の人員が不足しているならピレスと再契約するけれど、今のところは誰も必要ではないと語ります…

アーセナル ウォッチ-ボスとピレス






マイクベンゲル監督

「もし中盤が不足していたならピレスと契約しただろう。 だがオフェンシブの人員が不足している訳ではないので、攻撃的な選手の獲得を必要としていない。 彼と私の間でそのことは明確にしてある。 我々はアーセナルのためにプレーしてくれた選手達の手助けはするけれど、攻撃面でクリエイティブな選手を多く抱えている。 我々がキャンベルと契約したのは、ディフェンスの人員が不足していたからだ。」

ピレスがクローリー・タウンと契約するのでは?という噂について…

「そうなったらとても驚く。 マン・Uと契約延長したルーニー以上のビッグ・サプライズだ。 ピレスはプレミア・リーグでプレーできる選手だからね。 彼が下部リーグへ行きたいなら、それは彼の判断だ。 個人的に彼へアドバイスすることも無いだろう。 彼が自分で決めることだ。」

「今でもロベールは非常に素晴らしい選手であるし、プレーするのが大好きなんだ。 だから、どのクラブが彼と契約しても、素晴らしい補強になるだろう。」

(ソース:Arsenal.com

ルーニー騒動について語るベンゲル・・・

マイクベンゲル監督

「その見出しを見て、そのままページをめくった。 ここまで大騒ぎするほどのことでは無かったと思う。 そのことに関して、多くを話すような状況ではなかったのだ。 彼の契約が満了するまで18ヶ月残っているからね。 私が唯一驚いたのは、マン・Uが動いたことだ。 彼らが出てきて合意に至らなかったと言い、売りたいというメッセージを発した。」

「間違いなく今のルーニーは、彼が望んでいた(将来の)保障を手にしている。 (このことについて?)読み手の思い通りに解釈が出来てしまう。 だからこそ、私はこの話題に全く興味がなかったのだ。 ルーニーに起こったことは、毎年あらゆるクラブで何度も起きることだからね。 これは毎週すべてのクラブに起こりうる超伝説的な物語だ。 だからこそ、私はこの話題が本当に特別なものだとは思えなかった。」

(ソース:Arsenal.com

■昨年、ファン・ペルシの顔面を踏みつけたりゴール後にアーセナル・ファンを挑発したりと、いまや因縁の相手になっているアデバヨルに関して、もう忘れたとベンゲルは語ります…

マイクベンゲル監督 ※訳が微妙です

「率直に言って、我々はその件に関して一切話さない。 あのことはもう忘れた。 日曜日の試合で素晴らしいパフォーマンスを発揮することに集中する。 あれ以降、我々はたくさんの試合をこなしており、今となっては気にもしていない。」

アデバヨルは(クラブへの)忠誠を示していた。 だから、選手の放出を受け入れるとき、忠誠心が足りなかったからだと批判することは出来ない。 監督はクラブでの生活に影響を及ぼそうとするけれど、同じくらい選手の人生にも影響を及ぼす。 選手のキャリアが上手く行くように手助けしたり、幸せな人生が送れるように、と言うことおを考えながら仕事をしていく。」

(ソース:Arsenal.com

■セスクがアーセナルのためにプレーすると改めて語っています…

マイクセスク

バルセロナに対しては大きな感情を持っているし、常に僕の頭の中にある。 出来るだけ毎週末バルセロナの試合を観るようにしてる。 だけど僕はプロだ。 アーセナルのことが最優先だよ。 夏に起きたことで、クラブの僕に対する評価や友達との関係が壊れたりしなかった。 今でもチームメイトには多くの友達が居るし、彼らは僕の本心を知ってる。」

「ウェンブリーのような素晴らしいスタジアムで、2006年のCL決勝を再現したら壮観だろうね。 もちろん、そこでバルサを打ち負かすんだ。」

「今でもアーセナルのためにベストを尽くすよ。 アーセナルは僕の人生において特別な部分だし、ここで成功を手にしたいと思う。 僕はいつだってアーセナルに感謝してるんだ。」

(ソース:Sporting Life

ボスとピレスのツーショットを見たら、再契約したのかと思ってしまいそうなくらい和んでますね(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ
プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑クリックお願いしますm(__)m↑↑


Official Arsenal FC 2011 Diary 2011

Danilo Promotions Limited
売り上げランキング: 6392