Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

フェルマーレンが手術?!2ヶ月の離脱か?

■ミラー紙によると、左足アキレス腱の怪我を再発させたと言われているフェルマーレンが、昨日ストックホルムで手術を受けたそうです。 これにより復帰まで2ヶ月掛かるだろうと報じられています。 ウディネーゼ戦で怪我を再発させていたとのこと。 ベンゲルフェルマーレンを左SBで起用することも考えていたようですが、そのフェルマーレンが怪我を再発させたことでアンドレ・サントスを急遽補強したらしいです。 (ソース:Mirror

アーセナルウディネーゼとのCLプレーオフ1stレグにおいて、ベンゲルUEFAが課した1試合のベンチ入り禁止処分に従わなかったとして、さらに2試合のベンチ入り禁止処分を科された件について異議申し立てを行っていましたが、UEFA規律委員会はアーセナルの訴えを却下しました。 これによりベンゲルはグループ・リーグのドルトムント戦(13日)とオリンピアコス戦(28日)でベンチ入り禁止となります。 また、アーセナルに対しても1万ユーロ(約108万円)の罰金が課されました。 (ソース:Arsenal.com

アーセナルではこれまでオーフェルマルスベルカンプ、そして最近ではファン・ペルシとオランダ人選手が主力として活躍しています。 U-17オランダ代表としてもプレーしているMFカイル・エベシリオは、彼らのようにトップ・チームでプレーしたいと語ります・・・ マイクエベシリオ 「僕の第一目標はリザーブで全試合先発出場して、クリスマスまでに5ゴールを決めることなんだ。 そしてトップ・チームに昇格して、カーリング・カップでデビューしたい。 2月に最初のプロ契約を結んだけど、このことは僕にとって凄く大事な出来事だったよ。 監督からは、君がやるべきことは一生懸命トレーニングに励むことだって言われた。」 昨夏にアーセナルへ加入したエベシリオ。 加入当初は同じオランダ人のオジャクプに色々と助けられたようです・・・ 「前はオッジャ(オジャクプ)の家から5マイルしか離れてない所に住んでたから、トレーニングの時はよくしてもらったよ。 こっちへ来てから最初の2ヶ月間は英語が話せなかったから、コーチが何を言ってるのか彼が訳してくれたんだ。」 「今はソングのプレーを参考にしている。 ソングのプレースタイルが好きなんだ。 彼はパワーがあって力強い。 強いMFだし、とてもスマートでテクニックもある。 彼のことは尊敬しているよ。 たまにフットボールについて話しを聞くことがあるけど落ち着くよ。 彼もここへ来た時は若かったからね。」 (ソース:Arsenal.com

■新加入の選手達によってチームは変わるとアフォベは語ります・・・ マイクアフォベ 「監督は多くの人たちが予想していたより良い補強をしたと思う。 監督が経験豊富な選手を何人か獲得したのは良いことだね。 彼らがどういうプレーをするかは知ってるし、素晴らしいプレーをすることも分かってる。 僕も5年間、アルテタとベナユンを見てきたけど、彼らの実力はプレミアで証明されているからね。 イングランドのクラブから獲得できたのは大きいよ。 彼らは上手く馴染もうとしているよ。」 「9歳くらいの時からオックスレイド=チェンバレンとは対戦しているから、彼のことは知っているよ。 だから直ぐに良い友人になれた。 ジェンキンソンとも何度か対戦したことがある。 亮はよく馴染んでるよ。 彼らはみんな優れた若手だ。 彼らがクラブのためにベストを尽くして、将来のアーセナルの戦力になると確信してる。」 ジェルビーニョとは何度か話したけど、彼はいつも僕にアドバイスをくれるんだ。 特にドイツに居たときは、エリア内とその周りで僕に何が出来るかを話してくれた。 彼はとてもナイスガイだし、とてもよく馴染んでるよ。」 スウォンジー戦はホームのファンの前で(今シーズン)初勝利を挙げられると良いなと思う。 アーセナルのファンは素晴らしいよ。 オールド・トラットフォードでもサポートしてくれたし、僕たちが良い攻撃を出来ていないときでさえ後押ししてくれるんだ。」 (ソース:Arsenal.com

ブレーメンのアロフスGMは、メルテザッカーの飛躍のために移籍を認めたと語ります・・・ マイクアロフスGM メルテザッカーは常にブレーメンを愛していると言っていた。 私は彼のことを信じるよ。 彼は正直な男だからね。 ただ、すぐにでもアーセナルへ移籍したいとも言っていた。 これがアーセナルと交渉を始めた理由だ。 オファーはあるだろうなと予想してたので、驚きはしなかった。 我々は火曜日にアーセナルと合意に達した。 交渉は非常に迅速だった。 我々もこの取引を喜んでいる。」 メルテザッカーは上手くフィットすると思うし、プレミアリーグで成功すると思っている。 彼は飛躍するよ。 彼は試合に必要な標準的な要素を取り入れていく。 インテリジェントな選手だし、できるはずだ。」 (ソース:Sky Sports

■来年のロンドン五輪にイギリス代表として参加する案がありますが、ラムジーは可能であれば参加したいと語っています… マイクラムジー 「もしその機会が与えられるのであれば受けたいと思う。 ベイルも同じ考えだと聞いている。 僕に出来ることは状況を見守ることだけさ。」 (ソース:Sky Sports

ウィルシャーの怪我は代表チームに責任があるという批判をカペッロは一蹴します… マイクカペッロ監督 「彼を選出した時点ではフィットしていた。 試合中に怪我をしてしまうことは起こりえることだし、普通のことだ。 肩や膝、頭などを怪我する。 タックルを受ければ怪我が起こりえる。 そして彼の身にそれが起こったのだ。 試合が始まった時点で彼に問題はなかった。 もしフィットしていなかったらプレーしていなかったはずだ。」 「私はドクターと話しをした。 彼が2年前に同じ怪我をしていることも知っている。 スイス代表との試合で彼にアクシデントが起きたのは事実だ。 彼はそのあと休暇へ行った。 何が起きたかを話すのは私の仕事ではないが、アーセナルと代表にとって極めて重要な選手であるだけに、彼の早期復帰を願っている。」 (ソース:Sky Sports

フェルマーレンまで…orz

早いとこどうなってるのか公式発表して!

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑クリックお願いしますm(__)m↑↑