Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

サニャがランニングを再開&宮市も復帰

アストン・ヴィラ戦へ向けてのチーム・ニュースです・・・ マイクベンゲル監督 「ジュルーは明日の試合を欠場する。 鼠蹊部にゆるい張りがあるのだ。 我々としては彼が3週間の離脱となることを恐れている。」 「ギブスは残念なことに状態が悪くなったのでまだ復帰していない。 我々としても明日の試合で復帰できるという希望を持っていただけに残念だ。 彼はプレーできない。」 「宮市は金曜日に通常のトレーニングに復帰する。 彼の怪我は完全に回復した。」 「ファビアンスキーはすでにトレーニングに復帰している。 来週にはプレー可能な状態になるだろう。」 「サニャに関してはグッド・ニュースがある。 彼は昨日からランニングを再開した。」 「累積による出場停止でソングを欠き、負傷でジュルーを欠いたがその他の選手は全員プレー可能だ。」 (ソース:Arsenal.com

■チーム事情からSBとしてプレーすることもあるコシエルニーですが、若手時代にはSBでプレーしていました。 友人たちからはホワイト・カフーと言われていたそうです・・・ マイクコシエルニー 「友人たちは僕をホワイト・カフーと言ってからかうんだ! 僕は左SBとしてフランスでプロ生活をスタートさせたからね。 当時は2部のギャンガンでプレーしていたけど、すごく若い頃の話しだよ。 (左SBは)僕の得意なポジションじゃないけど、チームを助けるためにベストを尽くせるのは嬉しいことだよ。」 (ソース:Arsenal.com

■プレミアではクリスマスシーズン恒例の過密日程で試合が行われており、選手への負担も大きくなっています。 オックスレイド=チェンバレンはトップ・チームでプレーする準備はできていると語ります・・・ マイクオックスレイド=チェンバレン 「自分がいつプレーするのかは分からない。 それは監督が言うことだよ。 でも、必要とされればプレーできる。」 「試合がたくさんあるし、たぶん選手たちにも休養の時間が必要になってくる。 もし自分が必要とされるなら、プレーする準備はできてる。 チャンスが与えられるのを楽しみにしてるし、そのチャンスを掴みたい。」 (ソース:Arsenal.com

■4名のSB全員が負傷離脱し、さらに代わりを務めていたジュルーまでも負傷離脱するという非常事態にみまわれているアーセナル。 もしギブスの復帰が遅れるようであれば、ローンでの補強を行うことになるだろうとベンゲルは語ります・・・ マイクベンゲル監督 「それ(補強)はギブスの状況次第だ。 今日(火曜日)再び専門医の診察を受けるが、もしそこで回復具合に後退がみられるようなら、そうなるだろう。」 「(移籍市場は)お店と違う。 マーケットで良いチャンスを掴む必要がある。 我々も現在、それをしているところだ。 もしギブスが復帰できないようなら選手を探しはじめることになる。」 「その一方で、サニャに関してのグッド・ニュースがある。 彼は昨日、今日とランニングを再開しているからね。」 (ソース:Arsenal.com

シュチェスニーは世界屈指のGKになれるとベンゲルは語ります・・・ マイクベンゲル監督 ※訳が微妙です 「スタメンで迎える最初のシーズンとしては最高だろう。 彼にはチームと同様に明るい未来が待っていると言える。 彼のプレーに対する姿勢と優れた判断力があれば、最高のGKの一人になれると確信している。 ただ、私としては彼に過度のプレッシャーを与えたくない。 私の内に秘めた信念は、彼の成長に限界を設定してはいけないということだ。 彼は人々に自分がどれだけ優れているかを納得させられると個人的には考えている。」 「私がヴォイチェフの信奉者であることを、これまでの私自身の決断によって示してきた。 彼がどこまで成長するのか予想するようなことはしたくない。 キャリアを見れば分かることだ。 彼は勇敢であり重要なクォリティを持っている。 自身を大きく見せ、ゴールが小さいと思わせられるのだ。 この能力はGKにとってとても重要なクォリティだ。 彼はまだキャリアをスタートさせたばかりだし、今の彼が完成形だなどとは言いたくない。」 「成長して行くうえで、シャープさを失うとトラブルに遭うと私は信じている。 若さは関係ない。 私が " (正しい)姿勢をキープし続けろ。 そうすれば明るい未来が待っている。 " と言い続けるのはそのためだ。」 (ソース:Arsenal.com

アーセナルがマン・CのU-21スウェーデン代表FWジョン・ギデッティ(19)に興味を示していると噂されています。 ギデッティは3年前にマン・Cへ加入しましたが、これまでトップ・チームでの出場はカーリング・カップの1試合に止まっています。 現在はフェイエノールトにローン移籍中ですが、そこで12試合11得点と大活躍しています。 ただ、マン・Cにはアグエロ、ジェコ、バロテッリとワールドクラスのFWが居るので、仮にマン・Cへ復帰しても出場機会は限れるのは必至です。 そのため、ギデッティも移籍を考えているだろうとのこと。 (ソース:caughtoffside.com

ギブスの復帰が長引かなくても、現状ではSBのローンは必要じゃないかなぁ にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 アーセナル  人気ブログランキングへ