Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

ベンゲル:シャマフとギブスは代表戦明けに復帰するだろう

WBA戦へ向けてのチームニュースです…
マイクベンゲル監督
「新たな怪我人は基本的に居ない。 火曜日の試合以降、怪我人は誰も居ないしとてもポジティブな状態だ。 長期離脱している選手を除けばシャマフとギブスを欠いているだけだ。 良い感じで11月を迎えられたよ。 ただ、良い感じで11月のスタートを切れたこともしばしばあったが、少し調子を落とすこともある。 今シーズンは開幕でつまづいただけに、うまく行けばどんどん力を増していけるだろう。」

シャマフは膝が少し炎症を起こしている。 水も少し溜まっているので土曜日の試合は出場できない。 おそらく代表選も欠場することになるだろう。 うまく行けば代表選ウィーク明けに復帰出来ると思う。」

「ギブスも土曜日は欠場する。 予想していたより遅れているものの、問題なく回復はしている。 彼も代表選ウィーク明けに復帰できるだろう。」

フェルマーレンは少し張りが残っているが、悪いリアクションは特にない。」
(ソース:Arsenal.com

■A・サントスはイングランドフットボールに慣れているところだと語ります・・・
マイクA・サントス
イングランドフットボールは他と全然違うよ。 でも、上手いこと慣れてきてて、守備でのプレーも良くなっているし試合を読むのも上手くなってきてるんだ。 それにチャンスがあればどんどん前に出て行けてるしね。 新加入の選手たちはみんな本当に良い感じでチームに溶け込めたよ。 チームには高いクォリティがあるし、僕もアーセナルに貢献したいと思ってる。」
「トップ4こそアーセナルに相応しい場所だと思う。 素晴らしいクラブに優秀な選手たちがたくさん居て、極めて有能な監督の下に最高のスカッドがあるんだからね。 全ての大会で上位に進出できると思ってる。」
(ソース:Arsenal.com

アーセナルに居るCBはベンゲルが誰を選んだとしても上手く融合して、良いプレーができるとフェルマーレンは語ります・・・
マイクフェルマーレン
「誰とでもペアになれるよ。 誰と一緒にプレーするかは問題じゃないんだ。 僕らは毎日一緒にトレーニングをしていて、お互いのクォリティについて熟知しているからね。 誰をプレーさせるかは監督の責任だよ。」

「それ(メルテザッカーと組むのは?)も初めてのことだったし、彼と一緒にたくさんトレーニングしたこともないんだ。 たぶん数分だけだと思う。 でも僕にとってそんなことは問題じゃないんだ。 彼がコシエルニーと組んでプレーしているところを見て、彼は素晴らしいアイディアとクォリティを持っていて似ているなと思った。 プロであればこういう事態にも上手く対処しないといけない。」

「(マルセイユ戦では)残念ながらゴールを奪うことが出来なかった。 僕らにもグループ突破を決めたいって気持ちはあったけど、それでも(負けた訳じゃなく)引き分けだからね。 でもマルセイユは良いチームだと思う。 いろいろ苦しめられたけど、特に立ち上がりは本当に厳しかったよ。」

「その後は試合をコントロールできるようになって、チャンスも少しずつ作れていったけどゴールを奪うことは出来なかった。 クリーンシートを維持できたことは重要だけど、ゴールを奪えなかったのは残念だね。」

フットボールにはプレッシャーが付き物なんだ。 僕たち全員がグループ突破を決めたかった。 その方がずっと楽になるからね。 でもポイントを得ることはできた。 僕たちは前に進んで試合に勝たないといけないんだ。」

「試合では常に勝ちに行ってる。 特にホームではね。 だから、ドルトムント戦で良い結果を得られれば僕らにとっても最高だよ。」(ソース:Arsenal.com

■CBの組み合わせはバランスが大事だとベンゲルは語ります・・・
マイクベンゲル監督
「バランスはとても大事だ。 ただフェアに見ても、3人全員がそれぞれの選手とプレーできるがね。 コシエルニーとフェルマーレンは一緒にプレーできるし、メルテザッカーフェルマーレンやコシエルニーとプレーできる。 必要なときにローテの機会を与えないといけない。 みんな疲れているからね。」

フェルマーレンは左CBでプレーするのが理想だ。 しかし、コシエルニーも左CBで良いプレーをするので、ポテンシャルとバランスを考えなければならない。 3人は今すぐにでもプレーできると思っている。 そのうえ、我々にはジュルーやスキラッチも居るのだ。」
「人々は私にCBをもっと獲得して欲しいようだが、あるとき突然、我々にはCBが十分揃っていることに気がつくだろう。」
(ソース:Arsenal.com

カーリング・カップのボルトン戦でアーセナル初ゴールを決めたものの、CLデビュー戦となったマルセイユ戦では精彩を欠いていたパク・チュヨンについて、ベンゲルはすぐに真の実力を発揮するはずだと語ります…
マイクベンゲル監督
「火曜日の試合では少々精彩を欠いていたね。 ボルトン戦で見せたのが彼の本当のプレーだ。 マルセイユ戦はプレッシャーを感じていたのだろう。 本当のパクのプレーはすぐに見れるようになるはずだ。 1月は彼に頼ることになるが我々は彼のことを信頼している。 どれだけ優れた選手かを彼自身が証明してくれるだろう。」

「彼にはスピードがあってインテリジェントだし、動きも良くてフィニッシュも素晴らしい。 ただ、マルセイユ戦ではこれらの良い面があまり見られなかったね。 彼はアーセナルにとって素晴らしい選手となるはずだ。」
(ソース:Arsenal.com

■サン紙によると、アーセナルは2週間以内にウォルコットと契約延長に関する話し合いをスタートさせるようです。 アーセナルは週給6万ポンド(約750万円)を提示するとみられています。 ウォルコットの他にもファン・ペルシ、ジュルー、アルシャビンとの契約が2013年で切れます。
(ソース:The Sun

シャマフは欠場か〜。 パクが実力を発揮してくれないとロビンへの負担が増えるばかり…

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 人気ブログランキングへ
ブログ村 アーセナル 人気ブログランキング

↑↑クリックお願いしますm(__)m↑↑