Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

カーリング・カップ準々決勝:アーセナル vs マン・C戦の結果と試合後のインタビュー

- カーリング・カップ準々決勝 -
アーセナル 0−1 マンチェスター・シティ

《得点》
アーセナル
マン・C:83’アグエロ

【出場メンバー】
ファビアンスキー
ジュルー
コシエルニー
スキラッチ
ミゲル → 80’フェルマーレン
フリムポン
コクラン
ベナユン
オックスレイド=チェンバレン → 87’アルシャビン
シャマフ
パク・チュヨン → 67’ジェルビーニョ

=ベンチ=
マンノーネ
イェナリス
イーストモンド
オジャクプ

ベンゲル監督、試合後のインタビュー ※一部を抜粋
マイク決勝ゴールについて・・・
「アンフェアな結果となってしまったが、我々は少々ナイーブになっていたと思う。 我々のコーナーだったが、ゴールを決めたのは彼らだった。 トラブルだったと思うし、我々はコーナーの際に十分な時間をかけていなかったとも感じる。 なぜなら、ジュルーは前へ上がっていたが、コーナーの時はバックに留まっている必要があったからだ。 我々も彼が戻るまでの時間を稼げなかった。 そこをやられたのだ。」

「私は同じ様に、我々はコーナーをうまく利用できていないとも感じた。 だが、勝利が見えかけた試合に負ければフラストレーションも溜まる。 努力が報われなかったのだからね。 その一方で中盤の若手たちは本当に良く戦ったし、素晴らしいクォリティを示していたと思う。」

マイクオックスレイド=チェンバレンのパフォーマンスについて・・・
「我々はゴール前で少々経験を欠いていたものの、今夜のチェンバレンは特別な能力を発揮していた。 ここ2ヶ月の状況を見ても、彼が前進していることを示せたと思う。 彼はすでに大きく成長しているよ。」
「今夜の経験は辛抱強くあることが時にはポジティブに働くことを示したと思う。 私はこれまで彼に対して(起用するのを?)とても我慢してきた。 時には(積極的に起用するのではなく?)若手をトレーニンググラウンドに留めておくことも重要だと思う。 彼は自分が大きく成長していることを示したと思う。」

「彼の安定感に驚かされたよ。 2ヶ月前はプッシュされると簡単にボールを失っていたが、今夜の彼はチャレンジに対して抵抗しており、当たりに対する強さが増している。 これはトップ・レベルでやって行くうえで当然必要なことだ。」

マイク中盤の戦いについて・・・
「中盤ではフリムポンもコクランもよくやっていたと思うし、中盤の戦いは非常に激しかったと思う。 流動的で力強い戦いができており、とても良かったと言える。 ただ、我々はゴール前でのクリエティブさが時折欠けていた。 特にラスト20分は相手に大きな問題を突きつける余地があったものの、経験不足からラストボールでミスをしていた。 だがチームを非難することはできない。 彼らはハートとクォリティ、そして勝利への欲望を示していたからね。 選手たちの健闘が報われることなく一日が終わってしまったことにフラストレーションを感じる。」

マイクシティの勝利はラッキーだったのか・・・
「我々がそうさせてしまったと思う。 彼らには決定的なチャンスがあったし、ミスもしなかった。 シティはとても良いプレーをしていたが、我々も少しナイーブになり過ぎていたと思う。 序盤は彼らの動きを抑えていたのだからね。 全体的に我々はナイーブだったし、それを不運と呼ぶこともできるだろう。 だが、私は運というものを信じない。 我々はカウンターアタックを止めねばならなかったし、コーナーのときはそのことも頭にあるはずだ。 それがDFの仕事だよ。 カウンターは阻止しなければならない。」

マイクFAカップが最もタイトル獲得のチャンスがあると思うか・・・
「私はリーグ戦が最も重要だと考えている。 他のどんなことより、4位以内でシーズンを終えることが遥かに重要だ。」
(ソース:Arsenal.com

アーセナルニューカッスルモンペリエ所属のフランス人FWオリヴィエ・ジルー(25)を巡って争奪戦を繰り広げているそうです。 今シーズンのジルーは14試合11得点とリーグ・アンの得点ランキングで首位を走っています。 他にバレンシアシャルケも興味を示しているとのこと。
(ソース: Inside Futbol



にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アーセナル  人気ブログランキングへ