Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

ベンゲル:必要に応じて補強を行う

■来月にはアフリカ・ネイションズ・カップ出場のためジェルビーニョシャマフなどが離脱します。 ベンゲルは必要があれば補強を行うし、そのための資金もあると語ります・・・
マイクベンゲル監督
「我々はアフリカ・ネイションズ・カップによってジェルビーニョシャマフといった選手を欠くことになる。 ストライカーに怪我人が出ないことを祈るばかりだよ。 だが、チャンスが出てくれば獲得に動くだろう。」

「現在の状況は少々特殊だと言える。 経済的環境が全体的に変化して人々はとても苦しんでいる。 クラブの財政はさらに苦しく、ずっと困難な状態だ。」

「おそらく我々の財政状況は(他クラブよりも)良い状態と言えるので、いくつか(獲得の)チャンスが出てくるだろう。」
(ソース:Arsenal.com

■1996年にアーセナルの監督に就任したベンゲルは、まず食事のメニューを変えることからはじめました。 ベンゲルの手法は当時のイングランドでは一般的でなくまさに革新的な手法でしたが、自分のアイディアは野心を持ったアスリートなら当然のことだと語ります・・・
マイクベンゲル監督 ※訳が結構微妙です
「私は週末にトレーニングをして試合を壊すのはバカげたことだといつも思っていた。 キチンと食事をせず、よく眠らず、準備もできていないからね。 選手時代の私も同じことをやらされていたがね。 選手が毎日トレーニングすることや、スターになりたいという選手がパフォーマンスに悪影響を与えるものを食べているのが理解できなかった。」

「他のスポーツでは(食事の管理などが)すでに行われていた。 準備にはトレーニングという目に見える部分もあるが、トレーニング以外で選手たちが行う目に見えない部分とがある。 それらが合わさってスーパー・アスリートを形成するのだ。」

「私がこの仕事に就いてからずいぶんと時間が経っている。 5〜10年後に今の選手たちに会ったら、彼らのほとんどは ” 自分はもっと上手くできたはずです ” と言うだろうね。」(ソース:Arsenal.com

シャマフの代理人は1月に移籍することはないと語っています…
マイクシャマフの代理人
「短期的な目標としてはネイションズ・カップだが、シーズン終了までアーセナルでプレーする。 その後で重要な選択をすることになるが、彼はフランスへ戻ることは考えていない。」(ソース:Sky Sports

アーセナルが興味を示しているアンデルレヒトのMFビリアの代理人は、冬の移籍市場でセリエかプレミアへ移籍するかもしれないと語ったそうです…
マイクビリアの代理人
フィオレンティーナが視察のためにベルギーを訪れたことは知っているし、アンデルレヒトと1月に彼を獲得できないか話し合ったことも知っている。 ミランも興味を持っているか? Yes、以前は興味を示していたが特に進展はなかった。」

フィオレンティーナの関心は本物だが、アーセナルも彼のことをかなり気に入っている。 彼はイタリアでのプレーを常に夢見ていたし、彼はイタリアのパスポートも持っている。 イタリアへ行く可能性が高そうだ。 ただ、アーセナルの動向に注意することも大事だ。」
(ソース:Sky Sports

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アーセナル  人気ブログランキングへ

有村架純 [2012年 カレンダー]
.
トライエックス (株式会社 ハゴロモ)