Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

CL:アーセナルはミランと対戦

■CLノックアウト・ラウンドの組み合わせ抽選が行われ、アーセナルACミランと対戦することになりました。 1stレグ(アウェー)は来年の2月15日、2ndレグ(ホーム)は3月6日に行われます。
(ソース:Arsenal.com

■シティ戦へ向けてのチーム・ニュースです…
マイクベンゲル監督
ウィルシャーは木曜日にとても重要な検査を受けたが、極めて良い結果が得られた。 ジャックに関するニュースは非常にポジティブなものだよ。 ただし早期復帰はない。 ゆっくり復帰させるつもりだ。 ジャックの復帰はおそろらく2月半ばになるだろう。」
「ギブスの復帰は最大であと1週間といったところだ。 アストン・ヴィラ戦かウルブス戦で復帰できるかもしれない。 もちろん、彼の復帰を願っているよ。」

「ジェンキンソンの検査結果は良いものではなかった。 予想していたよりも復帰が遅れるだろう。 (復帰は)4週間後に別のスキャンを行うまで待たねばならない。 疲労骨折が彼のキャリアに悪影響を与えることはないが、予想していたより少し長引く。」

「(マン・C戦は)基本的に先週のエバートン戦と同じスカッドだ。 新たな怪我人は居ないが、復帰してくる選手もいない。」(ソース:Arsenal.com

■首位通過を決めた状態で挑んだオリンピアコス戦でベンゲルはA・サントスを起用し、その結果サントスは足首の靱帯を痛めて長期離脱してしまいました。 なぜサントスを起用したのか、ベンゲルはその理由を説明します…
マイクベンゲル監督
「(首位通過を決めて戦う)遠征試合で手を抜くのかと批判されたくなかったので、私はギャンブルに出た。 そのためには堅い守備が必要だったのだ。 私はフェアな戦いをしたかったのだよ。 彼はスカッドに加わったのが遅かったため、他の選手より試合数が少なかった。 このこともあって彼を出場させたのだ。 ただ、彼の起用を決めるまでとても躊躇した。」

「彼は前の試合の影響で少し疲れていて、試合終了までプレーするのは問題があると思ったからね。 ただ、彼の身に起こったことは誰にでも起こり得ることだ。 彼は他の選手と接触した訳ではなく一人でプレーしていた。 そして彼は靱帯を切ってしまった。 選手にとってもクラブにとっても悲しい出来事だし、とても残念だ。 我々はすでに多くの怪我人を抱えていたし、彼は試合を重ねるごとに良くなっていたからね。」

「3ヶ月の長期離脱となってしまって残念だ。 唯一のグッド・ニュースは手術がうまく行ったことだ。 回復が早まることだろう。」
(ソース:Arsenal.com

■15日までアーセナルの練習にアンリが参加していました。 来年1月にシャマフジェルビーニョネイションズ・カップ参加のためチームを離れることから、アンリをローンで獲得するのでは?との噂が出ていますが、ベンゲルはアンリの獲得を考えたことはないと語ります…
マイクベンゲル監督
「調査すらしていないよ。 彼や彼のクラブに対して何のアプローチもしていないのだからね。 私の思考も完ぺきではないので、ある段階で脳に思い浮かぶ必要があるが、このケースに関して具体的に思い浮かんだことはない。」
(ソース:Arsenal.com

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アーセナル  人気ブログランキングへ

川口春奈 [2012年 カレンダー]
トライエックス
トライエックス (株式会社 ハゴロモ)