Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

ロシツキーの代理人:2月15日に最終的な結論を出す

こちらでアンリのポスター画像を無料でダウンロードできます。 他にもロビン、ウィルシャー、アルテタ、チェンバレンなどのポスター画像もあります。 アーセナルはサンチェス・ワットがリーグ2のクローリー・タウンへローン移籍したと発表しました。 期間はシーズン終了までです。 ワットはこれまでサウサンプトン、リーズへのローン経験があり、つい最近もシェフィールド・ウェンズデーへローンに出ていました。 (ソース:Arsenal.com ■ワットはシェフィールド・ウェンズーへの2ヶ月の短期ローン期間中、4試合に出場しました。 ウェンズデーで多くのことを学べたようです・・・ ワット 「ローンに出て良かったと思ってる。 3Pを獲得したり、年上の選手と一緒にプレーする経験ができた。 勝者のメンタリティも身に付いたよ。 全ての試合で勝利が義務づけられていたからね。 行って良かった。」 シェフィールド・ウェンズデーのプレースタイルはアーセナルと少し違った。 全く異なることを学べて良かったと思ってる。 ハードワークが必要だし、ノンストップで動き続けなきゃいけないんだ。」 「昨シーズンにローンへ出たリーズとは状況がが少し違うけど、僕は同じに感じた。 リーグ2位で大きな目標があったからね。 誰だって試合に出たい。 僕が(ローンで)入った先は負けてるチームじゃなくて、既に勝てるチームだった。 だから、トップの位置を維持し続けるためにも勝つ必要があったんだ。」 「イェナリスやミゲルがトップチームでチャンスを得て活躍してるのを見るのは大きな励みになるよ。 今は怪我人がたくさん出てるけど、彼らにとって良いチャンスだったね。 選手が怪我で離脱してチャンスがまわって来たら、それを確実に掴まないとね。 そういうことを考えないのはフットボール選手じゃない。」 (ソース:Arsenal.com FAカップのリーズ戦で右SBとして途中出場しデビューを飾ったイェナリスですが、もともとはFWの選手でした。 ですが今となっては何の問題もないと語ります・・・ イェナリス 「アーセナルに入った時はFWだったんだけど、そのあと右SBに変わったんだ。 CBやCMFとしてプレーしてたんだけど、CBとしてプレーするには背が低いんだ。 中盤や右SBでプレーでするようになって、今では試合にもすっかり慣れたよ。 このポジションで数年プレーしているからね。」 「背は高くないけど足は速いから、そこでのプレーの方が適してると思う。 ラインの上げ下げも全く問題ないし、こっちの方が合ってるんじゃないかなと思ってる。」 「マン・U戦はナニを抑えてライン下げさせ、ゴールから遠ざけることだけに集中してた。 うまくやれてたと思う。 彼はもの凄くトリッキーなんだ。 ボールを奪えると思って行っても交わされる。 こういうタイプの選手には我慢強く対応しなきゃいけない。 そして、タイトに行って交わされないことと、ダイブされないことの2つを考えなきゃいけない。」 「現状にはとても満足してるよ。 プレミアリーグ・デビューができたし、カーリング・カップとFAカップでもプレーできるんだからね。 不満はないよ。」 (ソース:Arsenal.com ロシツキーの代理人とベンゲルロシツキーの今後について話し合った結果、1月の放出はないということが確認されたようです・・・ パスカ代理人 「ベンゲル監督とのディスカッションは常に有意義なものだった。 我々の考えとアーセナルの考えを説明した。 我々はいくつかの情報を交換し合い、2月15日に最終的な結論を出すことで合意した。 あらゆる可能性がある。 もちろん私はトマシュと話し合っているし彼の意向も知っているが、次の話し合いまで手の内を見せることはしない。」 「彼の将来についてあれこれ憶測したくはないが、アーセナル側はトマシュが残り続けることに関心があるようだった。 だが、物事が進展する2月の中旬まで成り行きを見守る必要があるだろう。」 (ソース:Sky Sports にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  FC2 Blog Ranking プレミアリーグ 人気ブログランキングへ