Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

プレミア:アーセナル vs サウサンプトン戦の結果と試合後のインタビュー

- プレミアリーグ - アーセナル 6−1 サウサンプトン 《得点》 アーセナル:11’ホーイフェルト(OG)、31’ポドルスキー、35’&71’ジェルビーニョ、37’クライン(OG)、89’ウォルコット サウサンプトン:45’フォックス 【出場メンバー】 シュチェスニー ジェンキンソン フェルマーレン メルテザッカー ギブス コクラン → 67’ラムジー アルテタ カソルラ オックスレイド=チェンバレン ポドルスキー → 75’ジルー ジェルビーニョ → 76’ウォルコット =ベンチ= マンノーネ コシエルニー A・サントス アルシャビン ベンゲル監督、試合後のインタビュー ※一部を抜粋 パフォーマンスについて… 「前半の45分間は特にハイ・レベルなプレーができていたね。 コンビネーションが素晴らしかった。 スピードのあるパスに素早いコンビネーションがあって最高の動きを見せていたと思う。 相手が2度のオウンゴールをしたのは少々ラッキーだったが、リバプール戦でのパフォーマンスを今日の試合でも継続して発揮できたと思っている。今日の試合は興味深かったよ。 我々も人間なので、後半に入ると切迫さが無くなった。 しかし、我々は試合をコントロールし続け、」 重要な月について… 「火曜日はモンペリエ遠征もあるし、我々にとっては重要な週になる。 日曜日にはシティ戦があり、その後にはチェルシー戦が控えている。 この2週間はとても興味深い週になると思う。 そのときは我々も自分たちのチームについてより深く理解することになるだろう。 だが、このチームにはポジティブなエネルギーがある。 (チームメイトと)一緒に良いプレーをしたいという欲求があるし、真のチームプレーができる。」 ジェルビーニョについて… 「ご承知のように、我々は全てのウィングがCFへ入り、ストライカーがウィングへ動くのだ! アジアツアーのシティ戦で、ジェルビーニョをこのポジションで起用しようと決めたんだ。 彼は偉大な動き手なだけに興味深いよ。 彼はとても足が速い。 そのため、中央に入ってしまえばCBが彼に追いつくのは難しいんだ。」 カソルラについて… カソルラのプレーは見ているだけで楽しい。 彼にボールを持って欲しいと思うはずだ。 彼はスペイン人MFの代表例みたいなものだ。 完璧なテクニックと素晴らしいビジョンを持ち、チームプレーも素晴らしい。 昨夏も我々はマラガと彼を巡って争奪戦をやっていたんだ。 彼らはスペインのチームということもあって、契約を素早くまとめてしまったがね。 ただ、我々も良いところまで行っていたんだよ。」 コクランについて… 「コクランやフリムポンが居るし、そしてウィルシャーも復帰してくる。 だから我々は(守備的MFを獲得するため)マーケットで動かなかったんだ。 フリムポンは月曜日からフル・トレーニングに復帰している。 さらにはディアビもこのポジションでプレーできる。 我々のところには本当の意味での守備的MFは居ないんだ。 ボールを持ったら全員で前へ出るのだからね。」 ジルーがベンチスタートとなったが… 「彼はかなりのプレッシャーがかかっているし、たまには小休止させるのも良いかなと思ったんだ。 火曜日(古巣のモンペリエ戦)にどうするかは分からない。 多くのプレッシャーから解放される時間が迫っていると私は感じている。」 ディアビの状態について… モンペリエ戦までにはフィットしているだろう。 トレーニング・セッションで素晴らしい動きをしていたので、今日の試合でプレーする可能性すらあった。 だが、私はリスクを冒したくなかったんだ。」 サウサンプトンのゴールに繋がったシュチェスニーのミスについて… 「彼もがっかりしていると思う。 失点したのは今日のネガティブな部分だ。 しかし、我々はそれを乗り越えられる。 いつかは失点する日がくる訳で、それが今日だったということだ。」 (ソース:Arsenal.com) OGが2つ絡んだとはいえ快勝ですね!! ポドルスキーも2試合連続のゴールを決めて調子を上げてますし、あとはジルーが目を覚ませば… にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ
堀北真希 2013カレンダー
-
トライエックス(株式会社トライエックス)