Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

ベンゲル:ディアビの起用はギャンブルだった

チェルシー戦後のアルテタのコメントです… アルテタ 「なかなか受け入れられないよ。 僕たちはここ2試合で3つのセット・プレーから失点してるからね。 それでポイントを落としてしまっている。 これじゃ不十分だよ。」 「守備陣だけの問題じゃない。 FKやCkなどセット・プレーにおける個々の守備の問題だんだ。 今日の試合は守備が不十分な出来だったと思う。 その代償として2失点してしまったんだ。 これは全員の責任であって1人のせいじゃない。 僕たちは直ぐにラインを整えなきゃいけないと思うし、エリア内への侵入を許しちゃダメなんだ。」 「僕たちはこれまで(プレミア)リーグのベスト・チームとの対戦をいくつかこなしてるけど、完膚なきまでに打ち負かされた訳でもなければ、過大評価されるような試合をした訳でもない。 90分に渡ってチェルシーを圧倒できたのは凄くポジティブなことだと思うけど、ホームで負けてしまったのは痛すぎるね。」 「今はCLで3P獲得することが何よりも重要なんだ。 僕らは立ち直るよ。」 (ソース:Arsenal.com) ■ベンゲルチェルシー戦の敗戦から立ち直れると語っています… ベンゲル監督 「選手達もすごくフラストレーションを感じている。 素晴らしい姿勢で試合に挑んでいただけに、とても落胆しているよ。 私も彼らの気持ちは理解できる。 ただ、我々はそこから立ち直れると思っている。 長いシーズンの中では起こりえることだけれど、負けてはいけない試合に負けてしまっただけに彼らの落胆も大きいんだ。」 「2失点とも我々は受け身になってしまっていたと思う。 アクティブになる必要がある。 アウェーで何度もこういう場面がある訳じゃない。 今日のチェルシーが狙い通りのセット・プレーから2ゴールを挙げたことは間違いないよ。」 「我々は優れた相手と対戦した。 しかし、彼らは3本の枠内シュートで2ゴールを挙げたが、いずれも素晴らしいゴールとは言えない。 彼らが挙げた2ゴールは阻止すべきシュートだった。」 (ソース:Arsenal.com) ■試合序盤で負傷交代したディアビは太ももの筋肉を痛めており、復帰まで3週間はかかるとみられています。 ベンゲルディアビを起用するという賭けに出るべきではなかったと悔やんでいます… ベンゲル監督 「ディアビの怪我は残念だよ。 懸念はあったんだ。 起用はギャンブルだった。 だが、ウィルシャーは復帰してきたし体調を崩してはいるもののコクランもいて、そしてフリムポンも復帰してくるという計算があった。」 「ロシツキーも戻ってくるし中盤の層は厚くなるだろう。 我々にはフィジカルに長けた選手というのが少ないが、アルテタのプレーは彼が偉大な守備的MFになれることを示している。 チェルシー戦での彼は中盤の底で輝いていたからね。 この判断が正しかったかどうかはシーズン終盤で明らかになると思う。」 (ソース:Daily Mailにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ
相武紗季 2013カレンダー
-
トライエックス(株式会社トライエックス)
FIFA SOCCER 13 by EA SPORTS - Electronic Arts FIFA SOCCER 13 by EA SPORTS - Electronic Arts