Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

インテルとナポリがマンノーネの獲得に興味?【アーセナル移籍ゴシップ】

■月曜日に行なわれたU−21プレミアリーグのレディング戦でサニャが実戦復帰を果たしました。 先発出場して61分に交代するまでプレーしています。 ウィルシャーも先発出場しており74分までプレーしています。 またフリムポンが先発フル出場を果たしており、順調な回復ぶりをアピールしています。 試合は2−0でアーセナルが勝利しています。 (ソース:Arsenal.com) ■ウェスト・ハム戦でプレミアリーグ初ゴールを決めたジルーは、これからが冒険の始まりだと語っています... ジルー 「ゴールを決めれたし試合にも勝てて大満足だよ。 ホームで素晴らしい試合をするとても優れたチーム相手の難しいだった。 後半は(前半より?)良くなっていたし、ラインの裏を取るプレーもできた。 僕らは良い形で試合を終えることができたと思うよ。」 「(ゴールを決められて)今はホッとしてる。 アーセナルでの冒険をスタートさせるためにも、プレミアリーグでゴールを決めることがとても重要だったからね。」 「先週のチェルシー戦は良くなかった。 だから、前に進むためにもウェスト・ハム戦での勝利が必要だったんだ。 僕たちは自信を持って前進し続けるし、プレミアリーグの中で面白い存在になれると思ってる。」 (ソース:Arsenal.com) ■チェルシー戦での敗北から立ち直るためにもウェスト・ハム戦での勝利が必要だったとベンゲルは語ります... ベンゲル監督 「先週の土曜日の試合で負けていたので我々には勝利が必要不可欠だった。 我々はとても素晴らしいレスポンスを示したと思う。 良い試合だったと思う。」 「相手に先制されて1−0となったけれど、我々はメンタル的にも強かったと思う。 その後同点に追いつき、納得のプレーで勝利を収めることができた。 私はチームのことを誇りに思っている。 今後のためにも勝利できて良かったよ。」 「チームは成熟しているしメンタルも強く集中できている。 ホームでのウェスト・ハム戦はなかなかチャンスがないんだ。 彼らは空中戦に強いしエリア内で無類の強さを誇っているからね。」 「逆転で3P獲得できたとことにとても満足している。 1Pだけでは不十分だったからね。 我々には勝利が必要だったんだ。 我々は納得のいくプレーができたと思っている。」 (ソース:Arsenal.com) ■ウェスト・ハムとのロンドンダービーを楽しむことができたとポドルスキーは語ります... ポドルスキー 「最高の雰囲気だったよ。 ファンも熱狂的だしね。 ここ(ロンドン)にはたくさんのダービーがあるよね。ドイツには1つか2つしかダービーがないのに、ここには5つもあるんだ!笑 僕はダービーが好きだけど、ホームでチェルシーに負けたのはいただけなかったね。」 「でも、ウェスト・ハムに勝ったことで首位の近くまで順位を上げることができた。 そのことが何よりも重要な結果だと思う。 マン・Cやチェルシーといった上位のチームが勝っていたから、代表戦ブレイク前に3P獲得することが必要不可欠だったんだ。」 ジルーのゴールについて... 「みんながストライカーのゴールを望んでいるし、彼にとっても難しいことだったと思う。 チャンスを待って戦い続ければ、ゴールは自ずと生まれるんだ。」 (ソース:Arsenal.com) ■シュチェスニーの穴を見事に埋める活躍で評価が急上昇しているマンノーネですが、現在の契約は今シーズン末で切れることになっています。 しかし、マンノーネは契約の更新を希望していないと噂されています。 この状況にインテルナポリが来夏の獲得を検討し始めており、マンノーネの動向に注目しているとのこと。 (ソース:Daily Mail) ■アーセナルクリスタル・パレスに所属するU−21イングランド代表MFウィルフレッド・ザハ(21)の獲得に強い関心を持っていると噂されています。 アーセナルウォルコットとの契約延長交渉に失敗した場合に備えザハのスカウティングを行なっており、クリスタル・パレスの試合にスカウトを派遣し続けているそうです。 先日の土曜日の試合には昨シーズン限りで勇退したパット・ライス氏も視察に訪れていたとか。 ザハの移籍金は1,200万ポンド(約15億円)。 (ソース:Arsenal.comにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ
皆藤愛子 2013カレンダー
-
トライエックス(株式会社トライエックス)
icon icon