Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

ヴェラ:アーセナルへは戻りたくない

■今シーズンすでに10アシストを記録しているウォルコットは、もっとゴールを決めたいとしながらも、アシストでチームに貢献できているのは嬉しいと語ります・・・
ウォルコット
「僕のウィングとしての主な仕事の一つがアシストだ。 ブラックバーン戦でのアシストはタップイン(※軽くタッチ)すればゴールできる感じにできた。 僕はロビンが楽にプレー出来るようにしたいんだ。」

「ドレッシング・ルームにはワールドクラスの選手がたくさん居て、そのうえ多くのチャンスを掴んだのにボルトン戦は0−0で引き分けてしまった。 がっかりだよ。 今シーズンのなかでフラストレーションが溜まったことの一つだね。 このフラストレーションがブラックバーン戦では良い方向に作用したと思う。」

「監督は常に批判に晒されてるけど、彼が批判を全て受け止めてくれている訳だから、僕ら選手たちは尊敬しなきゃいけない。 僕たちは良いパフォーマンスを発揮しなくてはいけないんだけど、十分に発揮できていないときもあると思う。」
(ソース:Arsenal.com

■近年、ウォルコットオックスレイド=チェンバレン、トテナムのベイルなど優秀な若手を多数排出しているサウサンプトン・アカデミーですが、ウォルコットサウサンプトンに感謝すると共にその素晴らしさを語っています・・・
ウォルコット
「みなんがチームに留まっていた場合のことを想像して欲しい。 素晴らしいよ。 彼らが正しいことを行っている証拠だよ。 サウサンプトンは素晴らしいファミリー・クラブなんだ。 僕の他にもスォンジーのネイサン・ダイヤーやノリッジのアンドリュー・サーマンがサウサンプトンで素晴らしいスタートを切っている。(有能な若手が?)どんどんリストに追加されるのを見るのは良いことだよ。」

オックスレイド=チェンバレンはすごくダイレクトな選手だし、あらゆるアーセナル・ファンに好かれるタイプの選手だと思う。 若いけどとても自信を持っている。 日々のトレーニングで学んでいるし試合にも出てる。 そこがすごく大事なことなんだ。 プレーしていくことでポジションを確保していくと思う。」

「僕らは互いに良いプレーができていたし、うまく行けばそれを続けていけると思ってる。 代表で一緒にプレーできるかは分からないけどね。 今の代表チームには多くの選手が居るんだ。 僕やアレックス以外にもスチュワート・ダウニングアシュリー・ヤングが居る。 誰だって(代表から)外れたくはないよ。 カペッロ監督は多くのオプションを抱えているから、良い意味で頭を抱えているんじゃないかな。」
(ソース:Arsenal.com

レアル・ソシエダへローン移籍中のヴェラがアーセナルへは戻りたくないと語っているそうです…
ヴェラ
アーセナルへは戻りたくない。 代理人にもソシエダに残れるよう、アーセナルと交渉するように頼んだ。」

ソシエダも来期は買取オプション付きでのローンを望んでいるらしいです
(ソース:Mirror

■EURO2012終了後にフランス代表のブラン監督が退任すると言われていますが、その後任としてベンゲルの名前があがっています。 96年〜99年までアーセナルでプレーし現在リヨンの監督を務めているレミ・ガルデが、ベンゲルは代表監督に適任だと語っています・・・
ガルデ監督
「新しい代表監督にベンゲル? 彼は適任だと思うよ。 ヨーロッパや世界ののフットボールを熟知しているし、フランス人選手についても詳しいからね。 ブランが退任した場合、ベンゲルを後任するのは興味深いオプションだと思う。 彼はフットボール界のビッグ・ネームだしね。」

(ソース:Sky Sports

アーセナルチェルシーイングランド代表FWスタリッジ(22)に興味を示しているそうです。 スタリッジは右ウィングとして起用されることに不満を持っており、そこをアーセナルが狙っているとか。 スタリッジの契約は残り2年半となっていてチェルシーは契約延長をしたがっていますが、起用法に不満のあるスタリッジ側が渋っているらしいです。
(ソース:Daily Mail

ロビンが居る限りヴェラの出場機会は殆どなさそうだし、出場機会を求めて移籍したいと思うのも無理はないかな…

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 
FC2 Blog Ranking プレミアリーグ 人気ブログランキングへ