Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

ファーガソン:ファン・ペルシ獲得のオファーを出した【アーセナル遺跡ゴシップ】

ポドルスキーアーセナルでのトレーニングについて語っています...
ポドルスキー
「トレーニングをはじめて2週間になるけど、EUROやW杯終了後にクラブへ戻るのは楽なことじゃないんだ。 (ベストの状態にするには)まだ数週間は必要かな。 そうすれば真のポドルスキーを皆さんにお見せできるよ。」

「これまではすごく順調だよ。 ここは素晴らしいコーチ陣を擁するビッグ・クラブだし、僕もアーセナルの一員であることに誇りを持ってる。 サンダーランドとのシーズン開幕戦が楽しみだよ。」

また、古巣ケルンとの対戦についても心境を語っています...
「帰ってきた感じだよ。 ここは僕のホームタウンだからね。 ケルンとの試合を楽しみにしてる。 アーセナルの選手として最初に戦う相手がケルンだなんて本当に幸せだよ。 ケルン戦でゴールを決められれば良いなと思ってる。 簡単なことではないけどね。 試合に勝ってサンダーランド戦に弾みをつけたい。」

「僕は10歳のときにケルンでキャリアをスタートさせて、その後17〜18歳のときトップ・チームに入った。 ケルンでは最高の時間を過ごせたと思ってる。 素晴らしいファンに素晴らしいスタジアム、ほんと最高のクラブだよ。」

「ケルンは現在2部に居る。 厳しい時期だと思うけど、彼らの1部復帰を願って止まない。」
(ソース:Arsenal.com

メルテザッカーポドルスキー、ジルー、カソルラの3人を補強するなど、新シーズンへ向けたアーセナルの準備は完璧だと語っています...
メルテザッカー
「僕らの状況は昨年より良くなっていると思う。 チームは才能を持った選手で溢れているし、全てのポジションで優秀な選手達による競争が起こってるからね。 昨年より高いポテンシャルを示せると思う。 新シーズンが楽しみだよ。」

「僕たちには良い補強が必要だったし、新加入の選手たちがチームを助けてくれると思う。 ジルーは優れたストライカーだ。 アジア遠征には帯同してなかったけど、トレーニングで彼の動きを見たよ。 一緒にたくさくトレーニングをしている。 彼はとても努力しているし、試合でも活躍できると思う。 カソルラは加入したばかりだから、短期間しか一緒にトレーニングやゲームをしていない。」

ポドルスキーがチームに慣れるのを全力でサポートしたいと思ってる。 僕も昨年、同じ経験をしたからね。 新たな街にやって来て、はじめから同じ言葉を話す人に手助けして貰えるのは本当に助かる。 周りにドイツ人の友人が居るのも良いことだしね。」

「ただ、クラブも本当によくしてくれているよ。 最初からたくさんの人達が色々と手助けしてくれている。 すべては彼が素晴らしい攻撃でアーセナルのためにベストを尽くせるようにするためだ。 彼がアーセナルに居ることに僕もすごく満足してる。」

「彼は最初から英語に自信があるようだった。 彼はドイツ代表で100CAP以上を持つ自信溢れる男だし、それに経験も非常に豊富だ。 彼がここに居るということは大きなインパクトがあるよ。」
(ソース:Arsenal.com

■マン・Uのファーガソン監督はファン・ペルシ獲得のオファーを出したと認めた上で、交渉にこれと言った進展はないと語ったそうです...
ファーガソン監督
「詳しい話しはできないがオファーは出したよ。 ただ、アーセナルは他のクラブと交渉しようとしている。 我々は最後までやり通さなければならないだろう。 うまく行けば彼は我々のところへ来ると思う。 我々も獲得へ向けてベストを尽くしているが、話し合いは進んでいない。 」

「現時点では何とも言えんよ。 アーセナルとの交渉に突破口は見えない。 彼らがなぜそういう方針を取っているのか私には分からん。 (話し合いを避けたところで?)彼らには何も得る物がない。 私には彼らの考えが分からない。」

マン・Uはサンパウロのルーカス獲得に失敗したので、その分の資金ファン・ペルシ獲得に投入するようです。
(ソース:Sky Sports

■上のニュースのようにファーガソンファン・ペルシへのオファーを認めた訳ですが、ミラー紙によるとアーセナルは2,000万ポンド(約24.6億円)以下の移籍金で売却するつもりはないようです。 さらに同じプレミアリーグのクラブに対しては500万ポンド上乗せした2,500万ポンド(約30.7億円)を要求しているそうです。
(ソース:Mirror

■またテレグラフ紙によると、マン・Uはファン・ペルシに対してルーニーの給与と同額の週給22万ポンド(約2,705万円)をオファーしているそうです。
(ソース:Telegraph


ロビン騒動もいよいよ大詰めを迎えましたね


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 
FC2 Blog Ranking プレミアリーグ 人気ブログランキングへ