Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

アーセナルの2013年アジア・ツアーが決定

アーセナルは2013年もアジアツアーを行なうと発表しました。 また、30年ぶりにインドネシアジャカルタで試合を行なうことも合わせて発表され、イギリスを公式訪問中のユドノ大統領と会見し、アーセナルのユニフォームをプレゼントしました…
カジディスCEO
アーセナルの誰もが再びアジアを訪れることに興奮している。 インドネシアへの遠征は30年ぶりとなる。」

インドネシアでもアーセナルは素晴らしいサポートを受けられると思っている。 全員が(インドネシアの)熱狂的なファンに会えるのを楽しみにしているし、インドネシアの豊かな歴史遺産や文化について学ぶのを楽しみにしている。」
(ソース:Arsenal.com

■週末のマン・U戦に向けてのチームニュースです...
ベンゲル監督
ジェルビーニョは復帰まで3週間かかると我々は考えている。」

「復帰してくる選手はいない。 シュチェスニーとギブスも居ないし、もちろんディアビも欠場する。 基本的には先週のスカッドと変わらない。 火曜日の試合以降、新たな怪我人も出ていない。」
(ソース:Arsenal.com

■ジルーはレディング戦に大逆転勝利を収めたことで自信を持ってマン・U戦に挑めるが、レディング戦の教訓を生かすことも必要だと語っています...
ジルー
「マン・U戦前の試合に勝つことができて良かったよ。 自信にもなるしね。 ただ、僕らにも問題があったことを忘れちゃダメだ。 同点に追いつくことができたけど、次の試合で同じことを繰り返しちゃいけないからね。 4−0から同点に追いつくのは難しいことだから、全ての試合でスタートからしっかり集中する必要があるよ。」

「僕は試合を重ねるごとに状態を上げようとしてるんだ。 状態は良いよ。 自分のクォリティを信じてるし、アーセナルで成功できると思ってる。」

「オールド・トラットフォードでの試合は難しいものだけど、僕たちは自分たちのクォリティに自信を持ってる。」
(ソース:Arsenal.com

■昨シーズン、アウェーのマン・U戦で8−2と大敗しているアーセナルですが、過去にこだわるようなことはしないとベンゲルは語っています...
ベンゲル監督
「マン・U戦もアウェーでのリバプール戦やストーク戦、マン・C戦と同じ今シーズンの一部だ。 もしこの試合で良いプレーができればマン・Uに近づくことができる。 我々は主だったビッグ・チームすべてとアウェーで対戦することになる。 だからこの試合はとても重要だ。」

「もちろん、8−2での大敗という結果が感情に影響を与えることはあると思う。 ただ、そのような結果がフットボールに大きな影響を与えるとは思わない。」

「圧倒的な大差で負けるというのは特殊な状況なんだ。 あの日の結果は特殊なものだったと思ってる。 感情的には大きな意味があると思うけれど、フットボール的にはそこまで大きな意味はない。 今となっては遠い昔のことだよ。」
(ソース:Arsenal.com

ファン・ペルシが移籍してから初めての対戦となりますが、アーセナル・ファンには温かい対応を期待するとベンゲルは語ります...
ベンゲル監督
「彼が(アーセナル・ファンから)どういうセレプションを受けるか私にも分からないけれど、温かい対応であることを望んでいる。 彼は8年間に渡り我々のためにプレーし、素晴らしい活躍をしてくれたのだからね。」

「彼のことを尊重して欲しい。 我々は差別に反対する運動を行なったが、それはまだ先週の話しだ。 今週だってそうしなければいけないだろう? ファンの反応は私にも分からないが、彼が歓迎されることを望むよ。」

「土曜日の試合はファン・ペルシとの対戦ではない。 我々も彼のことは考えていない。 我々にとって重要なのは試合終了時の結果であり、自分たちのパフォーマンスのことだけだ。 彼についてあれこれ話し合ったりもしていない。」

「選手たちにポジティブな影響を与えていくことが私の仕事の一つだ。 それがうまく行ったときは常に満足できるよ。 皆さんも日常生活で出会う人達にポジティブな影響を与えることを試みて欲しい。 私が(ファン・ペルシなどに?)与えてきた影響はそれほど悪い物じゃなかったと思ってるよ。」

ファン・ペルシが抜けたことで我々にどれくらいの影響があったかを言うのは難しい。 今はここに居る選手たちと良いプレーをすることに集中しているからね。 彼の不在を嘆いたところで我々が良いプレーをする助けにはならない。」

「彼の活躍には驚いてないよ。 マン・Uには周りに優秀な選手たちがたくさん居るし、エリア付近でのロビン(・ファン・ペルシ)はとてもインテリジェントだからね。 彼は動きも素晴らしいし驚くべきテクニックを持っている。 (活躍は)まったく驚かないね。」

「攻撃的な選手の多くは彼のインテリジェントな動きを活用するし、もちろん彼も彼らを活用する。 とても効率的なストライカーなんだよ。」
(ソース:Arsenal.com

■サン紙によると、アーセナルクロアチアリーグのNKアドリアティック・スプリトに所属するU−17クロアチア代表MFAnte Roguljic(16)の獲得に動いており、移籍金として150万ポンド(約1.9億円)を支払う準備を整えているそうです。
(ソース:The Sun


今年もアジアツアーが行われるみたいですね!
日本でもやって欲しいですがJリーグと日程合わないでしょうね…


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ


icon
icon