Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

親善試合:アーセナル vs マン・C戦の結果と試合後のインタビュー

■CLプレーオフの組み合わせ抽選会が行われ、我らがアーセナルフェネルバフチェと対戦することに決まりました。 1stレグは21日にアウェーで、2ndレグは27日にホームでそれぞれ行われます。 (ソース:Arsenal.com) ■アーセナルはミゲルがチャンピオンシップのレスター・シティへローン移籍すると発表しました。 期間はシーズン末までです。 (ソース:Arsenal.com) ー 親善試合 in フィンランドアーセナル 3−1 マンチェスター・シティ 《得点》 アーセナル:9’ウォルコット、59’ラムジー、62’ジルー マン・C:79’ネグレド 【出場メンバー】 シュチェスニー → 46’OUT サニャ → 73’OUT メルテザッカー コシエルニー ギブス アルテタ → 67’OUT ウィルシャー → 46’OUT ラムジー → 88’OUT オックスレイド=チェンバレン → 73’OUT ウォルコット ポドルスキー → 46’OUT =ベンチ= ファビアンスキー → 46’IN ジェンキンソン → 73’IN ペレス → 67’IN ハイデン → 88’IN ゼラレム → 73’IN カソルラ → 46’IN ジルー → 46’IN ベンゲル監督、試合後のインタビュー ※一部を抜粋 勝利について… 「両チームが全力でぶつかり合う素晴らしい試合だったと思う。 我々は戦術的な統制がとれていたね。 いくつかの点で修正の余地はあるが試合の大部分に満足している。 戦術面や姿勢など全体的にポジティブだった。 我々はチャンスを作ってゴールを奪うことができたし、常に高い集中力を保ち続けていた。 素晴らしいよ。」 自信がついたか… 「それは間違いない。 常に自信と緊張感のレベルのバランスが取れていなければならないが、このチームには素晴らしい姿勢があるので実現できると思っている。 代表招集で離脱する選手たちも居て木曜日にならないと戻ってこない。 したがって、木曜から土曜までの短期間で開幕戦に備えなくてはならない。 我々はビッグ・ゲームを控えている。 ホームでのアストン・ヴィラとの開幕戦もそうだが、そのあとにはCLプレーオフも控えている。 選手が(怪我などで)欠けないことが重要なのだ。」 ウィルシャーについて… 「一歩ずつ着実に調子を上げさせたいという考えから、試合前に45分間だけの出場に止めることを決めた。 それに、水曜日にはイングランド代表としてスコットランド戦に出るからね。 今日の試合と同様にとてもコミットな試合になるだろう。」 ストライカーに満足しているか… 「重要なのはスカッドの強さだと思っている。 今日の試合はあくまでも1試合だ。 シーズンを通して55試合を戦い抜こうと思ったら少しスカッドの層が薄いと感じている。」 プレ・シーズンを振り返って… 「私は楽観主義なんだよ。 だからこの仕事ができるんだ。 私としては良い感じで(プレ・)シーズンを終えられたと思っている。 (昨シーズン終盤の?)10試合を8勝2分で終えた訳だが、そのときのスカッドをそのまま維持できたのはここ数年ではじめてのことだ。 レギュラーの選手を1人も失わなかったのは、新シーズンへ向けて非常にポジティブなことだよ。」 (ソース:Arsenal.comブンデスが一足先に開幕しましたね。 プレミアも開幕まであと少しですが、昨年の流れを良い感じでキープできているのではないでしょうか。 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ 佐々木希写真集「ささきき」