Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

プレミア:サンダーランド vs アーセナル戦の結果と試合後のインタビュー

プレミアリーグサンダーランド 1−3 アーセナル 《得点》 サンダーランド:48’ガードナー(PK) アーセナル:11’ジルー、67’&76’ラムジー 【出場メンバー】 シュチェスニー ジェンキンソン コシエルニー ギブス サニャ ラムジー ウィルシャー フラミニ エジル → 80’フェルマーレン ウォルコット → 88’モンレアル ジルー → 90’アクポム =ベンチ= ファビアンスキー 宮市 フリムポン グナブリー ベンゲル監督、試合後のインタビュー ※一部を抜粋 試合について… 「前半はたくさんのチャンスを作ることが出来たがハーフタイムまで1−0だったし、サンダーランドが追いついたタイミングもよかった。 後半の彼らは前半とは違った目的意識を持っていたと思う。 力強くなって戻ってきていたからね。 我々はフィジカルが落ちてきたし同点に追いつかれもしたが、そこから再び2点を奪って突き放せるだけの精神的なリソースを持っていた。 とても充実した内容の面白い試合だったと思うし、サンダーランドは強かった。」 PKについて… 「ピッチの外から見ている分にはPKに見えたが、もう一度確認してみないと分からない。 私はベンチから見ていたのだからね。」 デビューを飾ったエジルについて… 「以前からチームに居たような感じだった。 前半の彼は非常に素晴らしかったけれど後半はフィジカルが落ちていたね。 彼は木曜の夜に体調を崩していたのだ。 彼の起用を決めたのも今日になってからだ。 お腹の調子が良くないようで良い状態ではなかった。 その影響もあって後半はフィジカルが落ちていたけれど、前半は抜群のプレーを見せていたと思う。」 カソルラがフィットしていたらエジルはベンチだったのか… 「彼は体調を崩していた訳だしそうなっていただろう。 ギャンブルに出ていたとは思わないが、我々の選択肢はあまり多くなかった。」 アルティードルのゴールが取り消されたことについて… 「レフェリーはファールの前に笛を吹いていたので今後議論を呼びそうではある。 ゴールがなかったらファールも取らなかったと思うので人々も不満を口にしていたのだ。 ただ、彼は同時にサニャに対してファールを犯していた可能性がある。 互いにファールを犯していたかもしれないのだ。 そういう意味で我々は少しラッキーだったね。」 サニャが退場にならなかったのはラッキーだったということか… 「そうだ。 だが彼が最後の1人だったと言えるだろうか? 答えはNOだ。 それを判断することは難しい。 コシエルニーがカバーに入っていたので、私としては彼が最後だったとは思えない。 少しラッキーだったというのは、このような状況が我々に有利に働くか、サンダーランドに有利に働くかで戦局が変わってくるからだ。」 ジルーのパフォーマンスについて… 「今日のジルーは最高だったと思う。 今日の試合でもゴールを決めたがそれだけではないのだ。 彼のリンクプレーは試合を重ねるたびに良くなっている。 彼は我々にとって極めて重要な選手になり始めている。」 ラムジーの成長について… 「1年前に比べると格段によくなっている。 彼が成し遂げたものは素晴らしいよ。」 ジルーは負傷しているのか… 「今日の懸案事項はそれだ。 現時点ではその可能性は薄いと我々は考えている。 問題の場所は膝だ。 今の彼は我々にとって変えの効かない選手なんだ。」 カソルラについて… カソルラは足首に問題を抱えている。 数週間は離脱することになるだろう。 次の代表戦ウィーク前に復帰するとは思えない。」 (ソース:Arsenal.com) ジルーのゴールに繋がったエジルファーストタッチは、ベルカンプを彷彿とさせましたね〜。 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ 伊藤えみ/彼女の秘密 [DVD]