Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

ウォルコットが手術へ

ベンゲルによるとウォルコットは後腹壁を少し損傷しており、ちょっとした手術を受けることになるそうです… ベンゲル監督 「テオ(・ウォルコット)は数週間離脱することになる。 後腹壁を少し痛めてしまったのだ。 ヘルニアではないが構造的な部分に少し問題がある。」 「水曜日にドイツで簡単な手術を受けることになる。 そのあとで直ぐリハビリを開始する。 素早く対処できることに我々も満足している。 アーセナルの試合をたくさん欠場させる訳にはいかないからね。 ただ、次のイングランド代表の試合は欠場することになる。」 (ソース:Arsenal.com) ■キャピタル・ワン・カップのW.B.A.戦へ向けてのチームニュースです… ベンゲル監督 「離脱者のなかで最初に復帰するのはロシツキーだが、それは今週の話ではない。 来週から復帰についての話しができるようになると思う。 日曜日か月曜日の試合から復帰できるかもしれない。」 「彼ら(長期離脱しているポドルスキーオックスレイド=チェンバレンディアビ)の状態は良い、よく頑張っているよ。 ただ、復帰の準備が整うのはまだまだ先だ。 この中で次に復帰するのはルーカス(・ポドルスキー)かもしれない。 アレックス(・オックスレイド=チェンバレン)はまだ1ヶ月半以上は掛かる。」 「ファビアンスキーは水曜日の試合でプレーできる。 彼は鼻を痛めていたが大丈夫だろう。 ファビアンスキーとヴィヴィアーノがスカッド入りする。」 (ソース:Arsenal.com) ■ベントナーは正しい姿勢を示しており、止められないストライカーになることができるだろうとベンゲルは語っています… ベンゲル監督 「8月はいろいろ飛び回っていたが、最終的には残留することになった。 (移籍は?)上手く行かなかったが、我々は彼を必要としているのだ。」 「今の彼はみんなを納得させることができる。 我々はオープン・マインドだし彼のクォリティを信頼している。 もちろん、私個人としても彼のクォリティを信じている。 正しい姿勢とファイティング・スピリットがあるからね。 それを手にしたニクラウス(・ベントナー)を止めることは出来ないだろう。 (キャピタル・ワン・カップで?)彼はチャンスを手にする。 我々の仕事はチャンスを与えることだ。」 「ピッチでパフォーマンスを発揮している限り、ファンは全てのことを許してくれる。 人々をそれを望んでいる。 ファンもベントナーに対してポジティブな姿勢を持ち、彼をサポートするようになると私は思っている。 それを実現させるためにはパフォーマンスを発揮することだよ。」 「私は彼をCFだと思っている。 ゴールを背負った状態で体を使えるからね。 彼はインテリジェントな選手だ。 インテリジェントなパスを出したりキープできたりする。 ジルーみたいなタイプだね。 CFとしての役割が最適だ。」 (ソース:Arsenal.com) ■フラミニは以前アーセナルに在籍していた頃よりもレベルアップしているとベンゲルは語ります… ベンゲル監督 「Yes、戦術面で成長したと思う。 イタリアのそれはより緻密だが、イングランドの場合は勢いと熱意が求められる。 彼いはその2つが上手く混ざり合っているのだ。」 「彼は我々のプレーが恋しくなって戻ってきた。 ただ彼が復帰するとき大見出しにはならなかった。 しかし、私はヘッドラインを生み出す最善の方法はパフォーマンスを発揮することだと思っている。 そうすれば人々も自ずと気づくからね。」 「彼はチームにとても上手く融合している。 それに彼は真のチームの姿勢を受け入れている。 これはとても大事なことだ。」 (ソース:Arsenal.comにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ
サッカー欧州CL新戦術 2014 (SEIBIDO MOOK)

成美堂出版 (2013-09-17)
売り上げランキング: 950
堀北真希写真集 Dramatic

マガジンハウス
売り上げランキング: 8