Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

ベンゲル:ウォルコットの手術は成功した

■土曜日のスウォンジー戦へ向けてのチームニュースです… ベンゲル監督 「昨日のウェスト・ブロム戦では多くの選手を休ませたし、アルテタのように復帰してきた選手たちもいる。 彼は復帰後最初の試合で90分間プレーした。 ベントナーもだ。 金曜に全員の状態をチェックする必要があるけれど、みんな問題ないだろう。」 「ロシツキーは月曜日にトレーニングへ復帰しているし、火曜日にはスカッド入りするチャンスがあるはずだ。 土曜日の試合での復帰は早すぎると思う。 だが、みんなロシツキーの復帰を待ちわびていたので彼の復帰は素晴らしいことだよ。」 (ソース:Arsenal.com) ■ドイツで腹部の手術を受けたウォルコットですが、ベンゲルによると手術は大成功だったようです… ベンゲル監督 「ウォルコットの手術はとてもうまく行った。 彼は木曜日にドイツから戻ってくる。 合併症もないし我々が期待していた通りの結果だ。」 (ソース:Sky Sports) ■チェルシーのスペイン代表MFマタに対して、アーセナルやトテナム、マン・U、レアル・マドリーなどが獲得に動いていると噂されていますが、ここに来て前所属先のバレンシアが熱心な獲得活動を行っているらしいです。 マタはモウリーニョ監督になってから出場機会が減っており、今後の身の振り方を検討しているといわれています。 1月の移籍市場で獲得に動く可能性があるとか。 (ソース:Metro) ■移籍市場最終日にエジルを獲得したアーセナルですが、チェルシーも土壇場で獲得に動いていたらしいです。 しかし、アーセナルよりオファーが遅れたため失敗に終わったのだとか。 その後ケディラやコエントランの獲得にも動いたもののいずれも失敗に終わっています。 (ソース:Mirror) ■エジルの父親で代理人を務めているムスタファ氏によると、何者かがムスタファ氏になりすまして偽の文書を作成し、マン・Uに接触しようとしていたことを明らかにしました。 ムスタファ氏のサインが偽造された8月7日付けの文書を公表すると共に怒りを顕にしています… ムスタファ氏 「何者かが私の名前を語り、サインまで(偽造)してマン・U側と接触したがっていたようだ。 これは些細な犯罪ではない。 我々は真相の究明を行う。 一部の物騒な人々がここまでの危険を犯すとは思っていなかった。」 (ソース:Mirrorにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ 尻無浜冴美 DVD『サエミちゃん』