Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

プレミア:カーディフ vs アーセナル戦の結果と試合後のインタビュー

プレミアリーグカーディフ・シティ 0−3 アーセナル 《得点》 カーディフアーセナル:29’&90’ラムジー、86’フラミニ 【出場メンバー】 シュチェスニー サニャ メルテザッカー コシエルニー ギブス アルテタ ウィルシャー → 81’モンレアル ラムジー エジル → 90’ウォルコット カソルラ → 77’フラミニ ジルー =ベンチ= ファビアンスキー フェルマーレン ロシツキー グナブリー ベンゲル監督、試合後のインタビュー ※一部を抜粋 満足のいく結果だったと思うが… 「素晴らしいパフォーマンスを発揮できたのでとても満足している。 もちろん3ゴールを奪えたこともあるけれど、攻撃面だけでなく守備面も素晴らしかったと思う。 ディフェンス陣は最高のプレーをしていた。 チーム全体として集中力のレベルがとても高かったと思う。 我々はカーディフがセットプレーで強さを発揮することを知っていたし、観客の大声援を受けていたからね。 高い集中力が求められた。 我々は素晴らしい集中力と成熟したパフォーマンスを発揮することができたと思う。」 タイトル争いについて… 「あと2〜3試合必要だ。 私としては、その話しをするのはまだ少し早いと思っている。 ただ、我々にとって嬉しいのは一貫性を発揮できていることだ。 これはチームにとって常に良い兆候で、試合に勝利するたびに少しずつ増していく。 仮に我々が高い集中力を維持することができて、尚且つ成長したいという欲求を持ち続けられれば、そのチャンスがあると思っている。」 ラムジーには驚かされ続けていると思うが… 「そうだな、彼が選手としてだけでなく人間としても成長している。 数年前にカップ戦でここへやって来たときは、彼は極めて厳しいプレーをしていたからね。 今回は人として成長した姿を見ることができたと思う。」 ラムジーのゴールに対するカーディフ・ファンの反応について… 「まさにファンタスティックだった。 ずっと見ていたいような素晴らしい光景だったし、彼らには最大級の敬意を表する。 彼らはウェールズのことを誇りに思っている。」 ラムジーはベイルに匹敵する選手といえるか… 「私もMFだったが彼のような才能が欲しかったよ。 彼は守備もできるし攻撃参加もできる。 そしてゴールも決められるのだ。 これ以上望むものがあるかい? そして彼はまだ若い。 これは私が失ったクォリティの一つだね。 ここ2年間の彼の成長を見ても、大きく成長してきたことを示している。 それが急に止まったりするだろうか? 私はさらに成長を続けると思うし彼が今のようなプレーを継続できたら、ウェールズの未来は明るいと思うよ。」 ラムジーを格安で手に入れられたと思うか… 「あの時点での適切な価格だったと思う。 ここ2〜3年で再び移籍金が上昇しているので、そのことも少し視野に入れなければならない。 ただ、それを考えても彼の獲得価格はグッド・プライスだったと思っている。」 ラムジーに5,000万ポンド(約83.8億円)のオファーが届いたら売却に踏み切るか… 「No、我々は誰も手放すつもりはない。 今のチームを維持することしか考えていないよ。 私はここ何年も選手の売却に悩まされ続けた。 今は財政的にも最高の選手を売却する必要のない力強さを持っている。」 ハル戦について… 「今はチーム間の差が殆どなくなってきている。 気を抜いたら100%の確率でポイントを落とす。 だから我々は毎試合100%の集中力で挑むことを目標の一つにしているのだ。」 (ソース:Arsenal.comにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ  村上友梨 ゆりっぷる [Blu-ray]