Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

FCポルトのエースストライカーに興味あり?【アーセナル移籍ゴシップ】

フラミニはクリスマス期間中の過密日程をどう乗り切るかが、タイトル争いで重要になってくると語っています… フラミニ 「12月と1月の過密日程が、プレミアリーグではすごく重要な意味を持っていることは誰もが理解してる。 もちろん、集中力を維持してこの過密日程を良い形で乗り切ることが重要になってくる。」 「クリスマス翌日のボクシングデーにプレーするってことが凄く重要なんだ。 この日に試合をするのが伝統になっているからね。 僕も家族がイングランドに来てるし、一緒の時間を過ごそうと思ってるところだよ。」 「ウィンターブレイクがあれば、メンタル的にもフィジカル的にも選手にとってプラスになると思う。 でもイングランドでは伝統的に試合が行われてきたし問題も起きてないんだ。 伝統は尊重しなければならない。 ボクシングデーに試合を行うことはイングランド・リーグの美しさの一部なんだよ。」 (ソース:Arsenal.com) ■アーセナルチェルシーFCポルトのコロンビア代表FWジャクソン・マルティネス(27)獲得に興味を示しているそうです。 マルティネスは2012年にポルトへ加入したばかりですが、ここまで44試合38ゴールと大爆発しています。今シーズンも14試合12ゴールとゴールを量産中です。 本人も1月の移籍市場でビッグ・クラブへ移籍したいとコメントしているらしいです… マルティネス 「どこでプレーしたいか? チェルシーアーセナルでプレーするのが子供の頃からの夢だった。 リーガ、プレミアリーグブンデスリーガが世界最高のリーグだし、最近も成長著しいと思ってる。 でも、個人的にはセリエAも大好きなんだ。 イタリアには友達もたくさん居るしね。」 「オレのバイアウトは3,400万ポンド(約58億円)と高額だ。 オレの価値はこの1年で爆上がりしてる。 ここまでうまく行くとは思ってなかった。」 マルティネスの契約は2016年6月まで残っています。 (ソース:Sky Sports) ■アーセナルやトテナムへの移籍が噂されているレアル・マドリーのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアですが、移籍の噂を否定しレアルに満足しているとコメントしたようです… ディ・マリア 「1億ユーロ(約142.9億円)プレーヤーがやって来たのは分かってるし、彼は試合に出ている。」 「僕から移籍を申し出たことはないよ。 僕はレアル・マドリーのことしか考えてないんだ。 ジャーナリストたちは僕がトテナムや他のクラブへ行くことばかり考えているみたいだけどね。 まぁ話の出処は分かってるよ。」 「レアル・マドリーに満足してるんだ。 僕から(契約の?)更新を求めたことはないよ。 試合に出てない選手がそんなこと言えるはずないじゃない。」 (ソース:Metro) ■アーセナルが1月の移籍市場でニューカッスルのフランス代表MFヨアン・キャバイェ(27)に対して、移籍金2,200万ポンド(約37.6億円)のオファーを出すらしいと報じられています。 アーセナルは夏の移籍市場でもキャバイエ獲得に動いていましたが、その時は失敗に終わっています。 その後シーズンがはじまるとキャバイエは大活躍し、評価額もうなぎ登りになっています。 (ソース:Daily Mail) 年末年始は不定期更新になると思います。ご了承くださいませ。 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ
オシムの言葉 増補改訂版 (文春文庫)
木村 元彦
文藝春秋
売り上げランキング: 112,662
階戸瑠李 DVD『しなやかに…』