アダムス:ルーニーの獲得はリスクを伴う【アーセナル移籍ゴシップ】

スポンサーリンク

アーセナルと個人合意に達したと報じられているイグアインですが、父親のホルヘ氏によると、まだユベントスへ移籍する可能性も残されているそうです…
ホルヘ氏
「まだ何もサインはしていないが、クラブ間で話し合いが行われているのは間違いない。」

「クラブ間で合意に達しない限り、我々はいかなる個人契約も結ばない。 アーセナルが強力なオファーを出しているのは把握しているが、ユベントスも同じくらい良いオファーを出している。」
(ソース:Sky Sports

アーセナルリバプールなどが獲得に動いていると噂されているスウォンジーウェールズ代表DFウィリアムズについて、スウォンジージェンキンス会長はどこからもオファーは届いていないと語ったそうです…
ジェンキンス会長
「アシュリー・ウィリアムズについて色々と噂されているようだが、正直なところ、彼に関してはどこからも連絡が来ていない。 プレスがアッシュについてあれこれストーリーを創り出しているだけだ。 私は何も聞いていない。」

(ソース:Daily Mail

アーセナルルーニー獲得にも動いていると噂されていますが、クラブのレジェンドであるトニー・アダムスは、ルーニー獲得は大きなリスクを伴うと警告しています…
アダムス
「はっきり言ってルーニーがロンドンで上手くやっていけるか分からないと思う。 大きなリスクを伴うというのが私の考えだ。」

「それは財政上の問題ではなく彼の気質やメンタルがネックになるだろう。 ロンドンは(他の都市とは?)別の生き物なんだ。 それに対処するに選手たちも異なるやり方をしなければならない。」

ルーニーは紛れもなくスーパープレーヤーだと思うし、アーセナルでプレーする彼の姿を見てみたいとも思う。 テクニック面では素晴らしい選手だけれど、ピッチ外での彼のメンタルやプロとのしての姿勢についてはよく分からない。」

「サー・ファーガソンは最後の数年間、見事にルーニーを扱っていたと思うし、ベンゲルも彼を上手く扱えると思うが確信は持てない。 だから私だったらルーニー資金を投入しないだろう。」
(ソース:talksport

アーセナルドルトムントが出してきたポドルスキーに対するオファーを拒否したらしいです。 ドルトムントのオファー額は、アーセナルがケルンに支払った1,100万ポンド(約16.6億円)より低い1,000万ポンド(約15億円)だったとか。
(ソース:The Sun

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ

佐々木心音写真集 連れていって

移籍情報
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)
タイトルとURLをコピーしました