フェライニの獲得を躊躇している?【アーセナル移籍ゴシップ】

スポンサーリンク

■先日、サウサンプトン時代から交際しているお笹馴染みで恋人のメラニー・スレイドさんとイタリアの古城で挙式したウォルコットが雑誌HELLO!のインタビューに応じ、喜びのコメントをしています…
ウォルコット
「メラニーをワイフと呼べるなんて最高さ。 僕らの将来について考えるだけで興奮しちゃうよ。」

「結婚したからと言って僕達の関係が変わるとは思わないね。 結婚することだけが望みだった訳じゃないし、僕が望んでいたものはもともと手に入っていたからね。」

テオ結婚

(ソース:Daily Mail

■今月末での退団が発表されているアルシャビンの古巣ゼニト・サンクトペテルブルクへの復帰が濃厚になっているようです。 ゼニトの親会社で大手ガス会社ガスプロムのミラーCEOも、アルシャビンとの契約に前向きなコメントをしています…
ミラーCEO
アルシャビンはゼニトが育て上げた選手だということを忘れてはならない。 そして、ゼニトが育てた選手たちは母国のクラブでキャリアを終えるべきだと考えている。 アルシャビンはロシアの偉大なフットボール選手であり、ペテルブルグが生んだ最高のスポーツマンだ。」

(ソース:Sky Sports

■今シーズン末からハノーファーへローン移籍していたジュルーに対して、ハンブルガーSVのクラウザーSDが獲得に興味を持っていると明かしたそうです…
クラウザーSD
「我々はローンで獲得したいが、アーセナルが望むのであれば完全移籍での獲得も可能だ。」

(ソース:Sky Sports

■デイリー・メール紙によると、アーセナルが獲得に動いていると噂されるエバートン所属のベルギー代表MFフェライニは、移籍の条件として週給の大幅なアップを希望しているそうです。 現在の週給は7.5万ポンド(約1,130万円)ですが、ウォルコットポドルスキーに匹敵する週給10万ポンド(約1,507万円)前後を望んでいるとか。 高額な給与に加えて2,200万ポンド(約33.2億円)という多額のバイアウトが設定されていることから、アーセナルは熱心にフェライニ獲得に動いているものの、高額な支払いに二の足を踏んでいるようです。
(ソース:Daily Mail

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ

後藤郁 ファースト写真集 『 SIXTEEN'S MAP 』

移籍情報
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

コメント

  1. 通りすがり より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お笹馴染みになってます(笑)
    更新頑張って下さい。毎日の楽しみです

タイトルとURLをコピーしました