Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

プレミア:アーセナル vs サウサンプトン戦プレビュー

■週末のサウサンプトン戦に向けてのチームニュースです…
ベンゲル監督
「テオ(・ウォルコット)は土曜日にはスカッドに復帰するだろう。 彼はしっかりフィットしている。 彼はリザーブでのプレーを含め長期間試合に出ていないけれど、土曜日の試合で彼をスカッド入りさせるつもりだ。 もちろん起用に関しては慎重に行うがね。」

「トマシュ(・ロシツキー)は体調を崩していた。 1〜2日くらいはノーマル・トレーニングを行えた。 土曜日の試合でスカッド入りする可能性はある。 金曜日に最終的なテストを行うつもりだ。」

ポドルスキーの復帰はそこまで先の話ではないが、あと3週間程と言ったところだろう。 彼はピッチに出てフィットネス・トレーニングを行っている段階だ。 ボールを使ったいくつかのトレーニングも開始する。 アーセナルの一員としてピッチ上でプレーする姿を見るには、まだ2〜3週間はかかるだろう。」

「宮市はノリッジ戦でハムストリングを痛めていた。 土曜日の試合は欠場するだろう。」

チェンバレンは復帰まであと1カ月、サノゴの復帰は1月、ディアビは3月になる見込みだ。」
(ソース:Arsenal.com

ウォルコットが2ヶ月ぶりに復帰することにで、これまでとは違ったオプションを提供してくれるだろうとベンゲルは語ります…
ベンゲル監督
「彼はディフェンスの裏に飛び出してボールを受け取れる選手のひとりだ。 ストライカーにとってディフェンスの裏を取るのは非常に重要なクォリティだが、テオ(・ウォルコット)にはそのクォリティがある。」

「もちろんテオの復帰を待ちわびていたよ。 テオは良い形でシーズンのスタートを切っていたし、ゴールを決め、チャンスを演出し、アシストもしていた。 彼は常に試合のなかでいくつもの異なるオプションを提供してくれるのだ。 これは重要なことだよ。」

「常に完璧なバランスを保った状態にしておきたいのだ。 これまでの我々の結果を見れば、それほどバランスが悪くなかったことがお分かりいただけるだろう。 テオには他の選手には無いクォリティがあるし、彼の復帰はとても嬉しいよ。」
(ソース:Arsenal.com

■代表戦ウィーク中に2試合で約97分間プレーしたウィルシャーについて、ベンゲルはフィットネスに問題ないことは確認しているし、事前にFAから説明があった通りの起用内容なので異論もないとコメントしています…
ベンゲル監督
「まず最初に、ジャック(・ウィルシャー)は怪我をしていない。 その情報は不正確なものだった。 第二に、FAに異存はない。 彼らは私に話していた通りの起用方針をしっかりと尊重してくれた。 ウィルシャーに関しては1試合プレーし、もう1試合はベンチに居るという話しだった。 彼らはそれをよく守ってくれたよ。 (話しの内容に?)誤解もなかったし、我々が合意した通りに実行してくれた。」

(ソース:Arsenal.com

アーセナルが獲得に動いていると噂されているシャルケのドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(20)ですが、1月の移籍は否定したものの、アーセナルには好印象を持っていると語り興味を示しているようです…
ドラクスラー
「方針は変わらないよ。 僕にとっては出来るだけ全ての試合でプレーすることが重要なんだ。 今のクラブではほぼ全ての試合に出場できているし、これは成長するうえで重要なことだよ。 毎年夏になると言っていることだけど、自分にとって何がベストなのかをしっかり考えないとね。」

「いつも言ってることだけど、イングランドのクラブはビッグ・クラブだし、もちろんアーセナルもその一つだ。 ドイツ代表でチームメイトのメスト(・エジル)やペア(・メルテザッカー)とはもちろんクラブについて話すこともある。 彼らはいつもアーセナルについて良いことしか言わないんだ。」

アーセナルはいつもすごく若い選手を起用して魅力的なフットボールをしている。 僕がお気に入りのフットボールだよ。」
(ソース:Mirror


ウォルコットが復帰!!


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ







石原さとみ カレンダー 2014年