Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

エドゥアルド:いつかはアーセナルに戻りたい【アーセナル移籍ゴシップ】

■前線の選手に怪我人が続出しているアーセナルですが、ベンゲルポドルスキーの復調がカギになってくるだろうとコメントしています…
ベンゲル監督
ポドルスキーは4ヶ月間離脱していた訳で、プレー可能な状態に戻ってはいるもののプレミアリーグで競争力のある状態に戻った訳ではない。 試合感を取り戻すには時間が掛かるものだ。 彼は一生懸命努力している。 今週のトレーニングでは動きにキレが出てきていたので、再び完全にフィットする日も近いと思う。」

「ゴール前のシューティング・ポジションに居て欲しい選手を一人挙げるとすれば、それは彼だろうね。 ポドルスキーは私がこれまで見てきた選手の中でも最高のフィニッシャーの一人だ。 完全にフィットした状態になれば中央(CF?)でも役割を果たすことができると思っている。 彼は我々が有するポテンシャルの一つだよ。 また、彼のフィジカル面での準備が整えば、間違いなく我々の力になってくれるだろう。」

「ジルーはフィジカル的にも休養が必要な状態だったので休ませた。 今はリフレッシュし再びゴールを奪える状態になっていると確信している。 ジルーや私にとって一番重要なことは、チームが集団として素晴らしいパフォーマンスを発揮することだ。 ジルーもゴールを挙げることはできるが、我々には他にもゴールを奪える選手が何人もいる。 私にとっては重要なことは自分たちの望むプレーができ、その上でチームとしてゴールを奪うことなのだ。」
(ソース:Sky Sports

■2007年から2010年までアーセナルでプレーしていたシャフタール・ドネツクのエドゥアルドが、いつかはアーセナルに戻りたいとコメントしたらしいです。 エドゥアルドは1月の移籍市場で移籍するのではと噂されています…
エドゥアルド
「メディアで読んだこと以外は僕も知らない。 もちろん、アーセナルへ行きたくない選手なんて居ないだろ? 僕が友好的に退団したことは誰もが知っていることだしね。 僕らは今も友人なんだ。 退団したあともベンゲル監督とは何度か話しているよ。 それにロンドンにはまだ友人がたくさんいるんだ。 でも、だからといって僕がアーセナルへ復帰するという意味ではないよ。」

セリエのクラブへ移籍するという報道もあるが…
「W杯が控えているのでもっとプレーしたいんだ。 インテルは最高の伝統を持つ偉大なクラブだ。 そこでプレーしたくない選手なんていないだろう? イタリアは最も厳しいリーグの一つだ。 セリエAでは全てのチームとの対戦が厳しい試合になるんだよ。」
(ソース:Sky Sports

■契約切れまで半年となり、全てのクラブと自由に交渉できるようになったサニャに対して、ガラタサライが年俸410万ポンド(約7億円)の4年契約を提示しているらしいです。 ちなみに、サニャの現在の年俸は360万ポンド(約6.2億円)です。

アーセナルは昨年からサニャと契約延長について交渉を重ねて来ましたが、30歳を超えた選手とは1年契約しか結ばないとするクラブの方針と、複数年契約を希望するサニャ側とのギャップが埋まらない状況が続いています。 ただ、アーセナルが譲歩し給与は今と同じの2年契約を提示したといわれていますが、サニャ側は難色を示しているといわれています。
(ソース:Daily Mail

アーセナルがリヨンのフランス代表MFグルキョフ獲得に再び動いているらしいです。 また、ユベントスのイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコのローン移籍での獲得にも動いているとか。
(ソース:Daily Express

アーセナルASローマのイタリア代表FWマッティア・デストロ(22)の獲得に動いているらしいと噂されています。
(ソース:Metro








にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ


サッカー批評(66) (双葉社スーパームック)

双葉社 (2014-01-10)
売り上げランキング: 1,000








ふたり旅 酒井瞳 Air control [DVD]