Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

プレミア:リバプール vs アーセナル戦プレビュー

■明日のリバプール戦へ向けてのチームニュースです…
ベンゲル監督
「基本的には前節のクリスタル・パレス戦のチームニュースと同じだ。 ウィルシャーが復帰してくるかもしれない。 ニュースはこれだけだ。」

「一人でも多くの選手が復帰し、スカッドにできるだけ多くの選手が居る状態が大事だと思っている。 ビッグゲームでは常に、完全な状態のチームで挑めるかどうかで試合が決まるからね。 できるだけ多くのトッププレーヤーが必要だ。 こういう試合は大概プレーする選手か、ビッグゲームに強い選手の活躍で試合が決まるものだ。」

「アルテタの状態は問題ない。」
(ソース:Arsenal.com

ベンゲルのプレスカンファレンスのダイジェストです… ※一部を抜粋
夏の補強について…
「私はリバプール戦に集中しているけれど、皆さんがそれより夏の移籍市場の方にとても興味を持っているのは承知している。 だが、現時点で夏の移籍市場についてなど考えていない。」

(前節で)マン・Cが敗れたことの意味について…
「私は1ヶ月前、どのチームにも負ける可能性があるとコメントしたが、そのときは誰も信じてくれなかった。 プレミアリーグにはとてもクォリティの高いチームが多数存在するので、無敵のチームなど存在しないと思っている。 それはつまり、毎試合ベストのプレーができるかどうかで試合が決まるということだ。」

プレミアリーグから欧州大会へ集中力をシフトすることについて…
「我々は次の試合に集中していくというポリシーでやっている。 自信のレベルがものを言う試合に挑むためには、すべての試合に勝利し自信を深めていくことが重要になってくるからね。 我々が目指しているのはそれだけだ。 どこと対戦するかということは全く考えていないんだ。 我々は次の試合に勝つことが何より大事という状況に置かれているのだからね。」
(ソース:Arsenal.com

■11月に対戦したときは、今シーズン好調なルイス・スアレススタリッジを押さえ込んだアーセナルですが、次の試合でも同じことができるはずだとベンゲルは語ります…
ベンゲル監督
「我々が試合を支配し、できるだけ彼らにボールを持たせないことが重要になってくる。 もちろん、それが我々の目標の一つだ。 (アウェーの)リバプール戦でそれをやるのは難しい仕事だと思うが、我々の哲学を変えることはできない。 つまり、ボールを支配し保持することで試合を支配できるということだ。」

リバプールスタリッジスアレスそしてコウチーニョと強力な攻撃陣を有している。 彼らのすべてがゴールを決められるし、違いを生み出すことのできる選手たちだ。 したがって我々に求められるのは鉄壁の守備力だよ。」

ルイス・スアレス獲得に失敗したことは後悔していない。 自分たちのところに居た選手が他所で良いプレーをしてゴールを決めているのを見ると、後悔することがときどきある。 だが彼の場合はオフに移籍しなかっただけで、そもそも我々のところに居た選手ではない。」

「だが、ジルーと置き換えることはしなかっただろう。 我々がジルーの代わりを探したことなど一度もないよ。 常に全幅の信頼を置いているからね。 シーズン序盤にも言ったことだが、2年目に活躍することはどこでもあることだし、彼もそうなるだろうと思っていた。 彼は我々にとって極めて重要な選手だし良いプレーをしている。 彼の活躍に驚いたことはないよ。」
(ソース:Arsenal.com







にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ











Beauty Face/平林あずみ [DVD]