18-19 EL 準決勝2ndレグ:バレンシア vs アーセナル戦プレビュー

スポンサーリンク

エメリ監督:プレス・カンファレンス ※一部を抜粋

逆転される脅威について…

「こんばんは。我々にとっては、ロンドンでの1stレグをプレーした時と同じメッセージだ。この2チームは50/50の状態であり、1stレグの後も私の考えは変わっていない。明日の試合は非常に厳しいものになるだろう。昨日の試合(※リバプール vs バルセロナ)に限らず、そういう例は過去にいくつかあるからね。しかし、ここでの試合が厳しいものになることは分かっているので、我々は大きな野心を持ってプレーするつもりだし、試合へ向けてしっかりと準備をしなければならない。」

 

攻撃が最大の防御になるのか…

「勝つことを考えてプレーするというのが我々のアイディアだ。そして、勝つためにはゴールを奪う必要がある。また、バレンシアは非常に組織的でとても堅固な守備を行う構造になっているし、彼らも我々がゴールに繋がる攻撃を何度か仕掛けてくると考えているだろう。ただ、彼らもゴールを奪う必要がある。彼らの攻撃陣はビッグ・クォリティとコンビネーションを持っているので、明日の試合でゴールを決める可能性はある。我々のアイディアは二つあって、堅固な守備をして攻撃ではチャンスを作るというものだ。何よりも、まずは明日のピッチの状態次第だろう。長い90分間になりそうだし、双方にそれぞれ攻撃の時間帯があるだろう。我々はソリッドでなければならないし、何より重要なことは明日の試合をコントロールすることだ。」

 

CL出場権を得る最後のチャンスということで、より大きなプレッシャーを感じているか?

「我々はCL出場へ向けて2つの可能性を持った状態でスタートした。一つはプレミアリーグで二つ目はELだ。まずはタイトル獲得へ向けてプレーしたいと思っているし、その上でCL出場権を得たい。厳しい戦いになることは始めから分かっていたが、プレミアリーグではその可能性が無くなってしまった。しかしながら、我々にはELがあるし明日もまだチャンスは残っている。大きな野心と強いメンタリティ、そして完璧なモティベーションがあればそれを成し遂げられる。私は明日の試合をエンジョイしたいし、そういう試合をプレーしたいのだが、一つの重要な目標へ向かって、準決勝でしかもアウェーで難しい相手と対戦することになる。そのうえで、我々は全てがポジティブになるだろう。」 

 (ここまでのソース:Arsenal.com

 

バレンシア凱旋について…

「Yes、とても特別だよ。4年間トレーニングを行なった場所に再び戻ってくるんだからね。ここには大勢の友人いるし、それぞれの試合が特別なものだ。しかし、私はプロフェッショナルとして明日の試合ではアーセナル・チームを全力で守る。」

「明日の試合は我々が対戦相手であり、私はチームやアーセナルのために全力を尽くすつもりだ。しかし、ここでの戦いが極めて厳しいものになることは分かっている。ここでの彼らは偉大な歴史を持つビッグ・クラブだからね。」 

 (ソース:Arsenal.com

 

チェフ:プレス・カンファレンス

明日の試合でキャリアを終えることになる可能性があるが…

「こんばんは! この大会において、僕らがそういう状況に置かれたことが何度かあった。ボリソフ戦ではアウェーでの1stレグに敗れたので、2ndレグは僕にとって欧州での最後の試合になっていたかもしれない。そのあとフランスでも敗れたので、各ラウンドで似たような状況はあった。その次はナポリだね。僕らはホームで勝利を収めたけど、相手のいるイタリアへ乗り込むのでリスペクトしていたし、厳しい戦いになると思っていた。明日の試合も同じ状況だよね。僕たちは2ゴールというクッションを手にしたけれど、皆さんもご存知の通り、2点のアウェーゴールはアドバンテージだけど、それでも決定的なアドバンテージではないんだ。」

「僕らは過去、そして未来にもそういう場面を目にすることが出来ると思う。同点でも引っくり返されるからね。それがフットボールなんだ。明日の試合では相手をリスペクトしする。とても厳しい戦いになるだろう。3-1で勝利したときは細かいディテールまで上手く行っていた。それでも僕らはしっかりと地に足を着けなくてはいけない。明日の90分間は別物になるだろうからね。」 

 

あまりプレーできていない時にパフォーマンスを維持するのは難しいのでは?

「トレーニングがカギだと思う。これまでの経験を生かしながらトレーニングでベストを尽くしている。コンスタントにプレーしていたとしても、トレーニングがカギであることは変わらない。良い準備ができていたら良いプレーができるんだ。これまでの経験から見ても、そこに大きな違いはない。全ての試合でしっかりと準備をする必要がある。」

(ソース:Arsenal.com) 

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018/2019
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)
タイトルとURLをコピーしました