Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

19-20 プレミアリーグ:アーセナル vs アストン・ヴィラ戦の結果と試合後のインタビュー

19-20 プレミアリーグ 第6節

アーセナル 3−2 アストン・ヴィラ

 

《得点》 

アーセナル:59’ぺぺ(PK)、81’チャンバース、84’オーバメヤン

アストン・ヴィラ: 20’マックギン、61’ウェズリー

 

【出場メンバー】 

レノ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

メイトランド=ナイルズ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain f:id:jaguar541:20141105063214g:plain f:id:jaguar541:20141105063237g:plain

ソクラテス

ダビド・ルイス

コラシナツ

グエンドゥジ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

ジャカ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain → 71’ウィロック

ぺぺ

セバージョス → 71’トレイラ

サカ → 46’チャンバース

オーバメヤン

 

=ベンチ=

マルチネス

ネルソン

エジル

マルティネッリ

 

 

エメリ監督、試合後のインタビュー

試合について…

「グッド・イブニング。試合は良かったと思う。ここのスタジアムでは、我々のサポーターとの繋がりや強いメンタルを得ることのできる特別な雰囲気を感じたい。今日の試合では素晴らしいキャラクターを示していたと思うし、事実、一人少ない状況でプレーするのは簡単なことではない。我々は少しばかり試合のコントロールを失ったが、サポーターの皆さんの後押しのもとキャラクターを獲得し、いくつかリスクを冒しに行って追い付くことができた。」

 

なぜキャラクターを発揮するのに、これほどの時間が掛かったのか?

「ここでは我々のサポーターと選手たちが素晴らしいスピリットを生み出していると思うし、彼らもそう感じているだろう。だが、まずは我々のコミットメントや行動、それぞれのボールにおける闘いが必要になる。また、ある程度のリスクを冒して攻撃を行なっていた。全てを駆使してプレーしていたし何より我々は一人少ない状況だった。良かったと思うよ。」 

「私は今日の試合で二つのことを考えている。キャラクターを発揮したこととサポーターとの繋がりだ。そのうえで、スタメンの11人全体でどの様に守備を改善できるかだろう。実際、我々は思ったより多くのボールを失っていた。これが最初の30分間は試合をコントロールすることができなかった一つの要因だと思う。私にとっては、成長することと選手達と共に努力することは一緒なのだ。先週のワトフォード戦後だけに勝てたのは良かったと思う。今日は自分たちの感情とメンタリティとの間でバランスを取る必要があるけれど、今日の結果は我々をハッピーにさせるし一歩前進したと思う。」

 

ジャカが交代した際のファンの反応について…

「私の個人的な意見としては、我々にはサポーターが必要だしサポーターにはそれぞれの選手を支えて欲しい。だが、我々には自分達の能力やスピリット、コミットメント、そして行動を伝える責任がある。ジャカはそれらが出来ていると思う。彼は木曜日の試合でとても良いプレーをしていたし、先週のワトフォード戦でも個人として素晴らしいパフォーマンスを発揮していた。今日の試合では彼にチャンスを与えた。彼は木曜日の試合で90分間プレーしているのでフレッシュな選手を使いたいところだが、彼にチャンスを与えた。私にとって彼は我々に必要なとても優れた選手だと思う。彼はここで極めて大きなコミットメントを発揮している。彼は成長をしているよ。私はなにも彼をサポートして欲しいと頼んでいる訳ではないが、サポーターが彼を支えることで彼も個人としても集団としても最高のプレーができる様になるのは間違いない。」 

 

ジャカは動揺しているか?

「我々はプロだ。コーチも選手もね。ジャカは経験豊富な選手なので、時には批判されることもあると分かっている。仕事を続けるには成熟して経験を積む必要がある。次の試合はチームとしても選手個人としても仕事をしていく上でのもう一つのチャレンジになる。それに私にとって彼はとても重要な選手だ。彼をサポートしていく。彼がいつプレーするか・しないのかは決めなければいけないけれど、彼はコミットメントを持った重要な選手であり、行動も素晴らしいと思う。」 

 

レッドカードに対する監督の見解は?

「前半の段階で彼を交代させることも考えていた。なぜか? それは、守備的な状況でエル・ガジのような選手に対して一人でプレーするのは簡単なことではないからだ。彼はイエローカードを貰っていて2枚目を貰ってしまったが、彼が最初にボールに触れていたのでレッドカードはないと本当に思っていた。だが、我々はその判断を受け入れる必要があるし、一人少ない状況で団結しなければならない。前半の課題? 我々は一人少ない状況だがここでサポーターと団結してプレーしようと話していた。我々がどの様なレスポンスを示すことができて、どうすればそれを一歩前進させることができるか。クォリティの向上にも取り組み、同点に追いつくチャンスをモノにする。我々はそれを実現させることが出来たけれど、エインズリー(・メイトランド=ナイルズ)のアクションについては何も言うことはない。」 

 

彼の交代を考えていたのか?

「前半が終わってハーフタイムになったら決断しようと考えていた。絶対とは言えないが、あの状況で彼がプレーし続けるのは厳しいと思っていた。」 

 

グエンドゥジの姿勢について…

「マッテオは昨年ここへやって来て以来、成長したと思うし今も成長を続けている。私は彼の持つスピリットが本当に好きなんだ。何よりも彼のあらゆる姿勢やエネルギー、コミットメント、行動が素晴らしい。彼はプレーできないときは不機嫌になる選手の一人だが、彼のそう言うところも好きだ。私はそう言う選手が気に入っている。なぜなら、怒っていると言うことはプレーさせろと言っているのと同じだからね。今日の試合で彼らをプレーさせると決めたときから、彼らには監督が求めるものを提供すると言うコミットメントを持っているのだ。私は彼とは冷静に接したい。彼は謙虚だし、我々と共に成長を続けている。」

(ソース:Arsenal.com

 

チャンバースのお洒落ゴールとオーバのFKでなんとか逆転できましたが、どんどんクロスを放り込まれているのにそれに対処できない守備はホントなんとかして欲しいです。

ヴィラにもっと決定力があったらヤバかった…。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ    

 

The Official Arsenal F.c. 2020 Calendar