Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

【アーセナル公式】マルティネスがアストン・ヴィラへ移籍

 

マルティネスがアストン・ヴィラへ移籍 

アーセナルはマルティネスがアストン・ヴィラへ完全移籍で加入したと発表しました。移籍金は非公表です。

 

マルティネスは2010年8月にアルゼンチンのインデペンディエンテのユースからアーセナル・アカデミーに加入しました。クラブ在籍10年となる古参ですが、その間にオックスフォードやシェフィールド・ウェンズデイ、ロザラム、ウルブス、ヘタフェ、レディングの計6チームにローン移籍しています。

 

アーセナルでの大半を控えとして過ごしてきたマルティネスが、昨シーズン終盤にレノが負傷離脱するとレギュラーとしてプレーするチャンスが訪れます。シーズン終盤の11試合に出場してパフォーマンスでクリーンシートを連発するなど、素晴らしいパフォーマンスで一気に評価を高めました。

 

シーズン最終戦のFAカップ決勝でも素晴らしいパフォーマンスを披露し、チームの優勝に貢献しています。また、今シーズンの開幕前に行われたリバプールとのコミュニティ・シールドでもスタメン出場し、優勝に貢献しています。

(ソース:Arsenal.com

 

なお、SKYスポーツの報道によると、マルティネスの移籍金は1,600万ポンド(約22億円)+出来高の総額2,000万ポンド(約27億円)だそうです。 マルティネスとヴィラは4年契約を結んでいます。

(ソース:Sky Sports

 

マルティネスからファンへのメッセージ

クラブの退団にあたり、公式WEBのインタビューを受けたマルティネスが、ファンへお別れのメッセージを述べています。

 

マルティネス

「みんな長年に渡るサポートをありがとう。この数ヶ月間は僕が何のために居るのか、そしてなぜ何度もローン移籍をしてきたのかを、アーセナル・ファンのみんなに示す機会を与えてくれた神に感謝している。

 

いつもカムバックしたらタイトルを獲得して彼らに渡すことを目標にしてきたんだ。それが実現できたのは、これまでで一番誇らしいことだと思う。

 

ファンのみんなが僕を一人前のGKにしてくれたんだ。クラブやGKコーチだけでなく、ファンのみんなの応援があったからこそ自信を持ってプレーすることが出来たんだ。

 

これからも彼らがたくさんのタイトルを獲得できることを祈ってる。今はありがとうしか言えない。」 

(ソース:Arsenal.com) 

 

マルティネス:奇妙な感じ…アーセナルには感謝しかない

10年以上在籍したクラブを離れる今の心境を語っています。

 

マルティネス

「このクラブで10年以上過ごしているから、なんか奇妙な感じだね。僕がどれだけアーセナルを愛しているか、そして過去数ヶ月間のようなチャンスを得るために、僕がどれだけ努力をしてきたかは誰もが知っていると思う。

 

僕はこのクラブが大好きだ。10年以上ここに居るチャンスを与えてくれたアーセナル・ファミリーには本当に感謝しているし、彼らの幸運を祈ってるよ。

 

CLに復帰してさらに多くのタイトルを獲得することを願っている。なぜなら、アーセナル・ファンの人達はそれに値するからだ。

 

僕からファンのみんなに言えることは、今のプロセスを信じるべきだってことかな。クラブはミケルや彼のスタッフ達と共に、本当に素晴らしい仕事をしているからね。彼らの成功を祈っている。」 

 

マルティネスはトップチームでチャンスが回ってくるのを10年以上辛抱強く待ち続け、そしてそのチャンスを見事に掴み取りウェンブリーで二つのタイトル獲得に貢献しました。

 

「1年目からいきなり成功することは無いだろうとは思っていた。でも当時はそれが現実だったんだ。僕の前には9人のGKが居たんだからね。自分に才能があるとは信じていたけれど、実際にプレーする機会があるとは思ってなかった。

 

だけど、何年にも渡ってコミュニティ・シールドでベンチに座っていたことを覚えているよ。僕はFAカップ3回、コミュニティ・シールド3回の優勝を経験しているけれど、ぶっちゃけチームの一員とは言えなかった。

 

プレー時間を与えられなかったから、タイトルを獲ったと言う実感が無かったんだ。チームの一員だったけど、自分で獲得したタイトルだと感じたことは一度も無かったね。

 

僕は何度もローン移籍を繰り返していたけど、今はGKになるチャンスがあるんだ。僕はアルゼンチンと言う貧しい国の貧しい家庭から子供の頃に一人でやって来てたけど、だからこそ選手や一人の人間としての今の自分があるんだと感謝している。

 

そして退団する時には一人前の男になって妻や子供もいる。すべてアーセナルのおかげだよ。」 

(ソース:Arsenal.com) 

 

ルナルソン獲得を急ぐ?

アーセナルはマルティネスの退団を受けて、ディジョンのアイランド代表GKルナル・アレックス・ルナルソン(25)獲得を急いでいると報じられています。SKYスポーツは合意間近と伝えています。

 

アーセナルとしては土曜日のウェストハム戦に間に合うように獲得したいと考えており、出来るだけ早く交渉が完了することを望んでいるらしいです。

 

なお、土曜日の試合に間に合わせるためには金曜日の正午までに選手登録を行う必要があります。

 

アーセナルはブレントフォードのダビド・ラーヤ獲得にも興味を示していましたが、ブレントフォードは正GKの売却を拒否しています。

 

マルティネスが移籍したことで控えGKはリザーブチームのマット・メイシーが務めることになりそうですが、彼もクラブでの将来について考えていると報じられています。

(ソース:Sky Sports

 

マルちゃん今までありがとう!アーセナル戦ではスーパーセーブほどほどにな!これから寒くなるから風邪ひくなよ! 

 

 

www.afcwatch.com

www.afcwatch.com

 

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク