Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

【アーセナル公式】フットボール部門長のサンジェイが退任

 

フットボール部門長のサンジェイが退任 

アーセナルはフットボール部門長を務めるラウル・サンジェイが退任すると発表しました。今後はマネージング・ディレクターを務めるヴィナイ・ヴェンカテシャムが単独でクラブ運営を行うことも併せて発表されています。

 

オーナーを務めるスタン・クロエンケ氏と息子で実務を担当するジョシュ・クロエンケ氏が連名で、クラブ公式HPに次の様なコメントを発表しています。

 

スタン&ジョシュ・クロエンケ

「ラウルは我々の元で多大な貢献をしてくれており、これからも常にアーセナル・ファミリーの一員である。我々は彼の持つ専門知識とこれまでの全ての貢献に対して感謝すると共に、今後の成功を祈っている。

 

ヴィナイがクラブ運営を行うのに相応しい人物であることは間違いない。現在の危機的状況の中で、彼は卓越したリーダーシップを発揮し、クラブ内外から高い評価を受けている。

 

我々は彼を中心として順調に前進できると考えている。」 

 

ヴィナイ・ヴェンカテシャム

「スタンやジョシュをはじめとするアーセナルの取締役会の方々には、私を信頼していただいたことに感謝申し上げる。同僚であり友人だったラウルと一緒に仕事を続けたいという想いもあるが、今はこの新しいチャレンジを楽しみにしている。

 

アーセナルをトップ・ゲームに返り咲かせるためには、まだまだやるべき事がたくさん残っている。しかし、ファンは当然それを望んでいる。

 

これは一夜にして成し遂げられるものではないけれど、我々にはそれを実現可能な多くの要素を持っていると確信している。クラブを大きく成長させるためのポジティブな要素がたくさんあるのだ。

 

フットボール界はCovid-19のパンデミックを受けて、先行きを見通せない状況に直面している。しかし、我々はその中にあってもアーセナルが力強く台頭できると思っているし、自信を持って前進していきたい。」

 

ラウル・サンジェイ 

「私はこの3年間、アーセナルに貢献できたことに対して誇りと喜びを感じている。クラブの今後が楽しみだ。アーセナルは真のフットボール組織だと思う。

 

その歴史の一部だったことを誇りに思うし、この様な機会を与えてくれたスタンおよびジョシュ・クロエンケ氏には感謝している。私はヴィナイと協力して、未来へ繋がるトップ・チームを作り上げた。

 

ミケル(・アルテタ)は就任以来、非常にポジティブな影響を与えており、テクニカル・ディレクターのエドゥと共に協力なチームを形成している。

 

アカデミーに関しては、ペア(・メルテザッカー)の下で非常に安定しているし、ハス・ファーミーはフットボール部門における有能なリーダーだ。

 

個人的には、しばらく休暇を取って家族や友人との時間を過ごしたのち、新たなチャレンジに取り掛かりたいと考えている。また、アーセナルの偉業をこれからも応援していく。」 

(ソース:Arsenal.com) 

 

サンジェイの退任は経営の合理化へ向けた動きの一つ

BBCでフットボール部門の主筆を務めるフィル・マクナルティ氏は、今回のサンジェイ退任はクラブの経営合理化へ向けた動きの一つだとする論説を書いています。

 

2018年2月にアーセナルへ加入したサンジェイは、選手獲得の際に交渉を取りまとめる能力と、代理人との取引も恐れない人物として迎え入れられました。

 

しかし、今月発表された55人のスタッフを解雇するという発表では大きな批判に晒されています。スカウト部門の主要人物であるチーフ・スカウトのフランシス・カジガオをはじめ、ピーター・クラークやブライアン・マクダーモットと言ったクラブの重要人物が次々と解雇されました。

 

アーセナルは限られた補強予算を最大限活用しようと試みており、今回の大量リストラもその動きの一つらしいです。

 

また、昨夏にリールからニコラ・ぺぺを7,200万ポンドというクラブ史上最高額の移籍金で獲得していますが、この金額は払い過ぎではないか?という疑問が持ち上がっています。

 

ぺぺはチームの主力選手と見なされていますが、高額過ぎる移籍金に眉をひそめる人も多くいます。そして、サンジェイが取りまとめた契約の総額は、クラブの限度を超えたものだったとされています。 

 

今夏のアーセナルはさらに運営体制の移行が加速していますが、サンジェイの退任によりテクニカル・ディレクターを務めるエドゥの影響力がさらに大きくなると考えられています。

(ソース:BBC) 

 

マルティネス獲得に10チームが興味を示す?

今シーズン終盤、レノが怪我で長期離脱したことを受けて急遽レギュラーに定着したマルティネスですが、チームを何度も危機から救う安定感抜群のプレーを披露して一気に評価を高めました。

 

その活躍を受けて獲得を希望するクラブが殺到しているらしく、Goal.comの報道によると10チームほどが獲得に名乗りを挙げているらしいです。

 

また、マルティネス自身も今夏の移籍にオープンであり、アルテタが来シーズンのプレー時間を保証しないなら移籍すべきだと考えているようです。マルティネスはマルカ紙の取材に対して次のように答えたのだとか。

 

マルティネス

「アーセナルに止まりたいと思っているけど、それは今よりもプレー時間が得られる場合だけだね。個人的にも自分に自信を持てる年齢になったし、出来るだけたくさんプレーする必要があると思っているんだ。

 

ヨーロッパの10チームくらいが僕のことを狙っているらしい。具体的な話がある訳じゃないから、クラブ名までは分からないけどね。

 

アーセナルとの関係はまだハッキリしてないんだ。ただ、(イングランドに?)戻ったら、自分のキャリアにとってベストな決断を下すつもりだ。」

 

なお、イングランドを去ることになった場合はスペインへ行きたいとも語っているようです。マルティネスは2017-18シーズンにヘタフェへローン移籍していますが、その際にスペインの国やリーグに好感を持ったとのこと。

 

アーセナルとマルティネスの契約はあと2年残っています。

(ソース:Goal.com) 

 

 

www.afcwatch.com

 

www.afcwatch.com

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク