【アーセナル移籍ゴシップ】ヌディカ、ビスマ、グエンドゥジの噂

スポンサーリンク

 

エンケティアとスミス=ロウがU-21イングランド代表に選出

今月末に開催されるU-21欧州選手権のグループ・ステージに挑むU-21イングランド代表にアーセナルからエンケティアとスミス=ロウの二人が選出されました。

 

スミス=ロウにとっては初のU-21への招集になります。エンケティアはこれまでU-21で14試合16ゴールを記録しており、今回の招集によってU-21イングランド代表の得点記録を塗り替えるチャンスを得たことになります。

 

グループ・ステージは3月26日からで行われ、U-21イングランド代表はスイス・ポルトガル・クロアチアと対戦します。

(ソース:Arsenal.com) 

 

エヴァン・ヌディカとイヴ・ビスマの二人に興味あり?

アーセナルがフランクフルトのU-21フランス代表DFエヴァン・ヌディカ(21)と、ブライトンのマリ代表DFイヴ・ビスマ(24)の獲得に興味を示しているとエクスプレス紙が報じています。

 

報道によると、当初はヌディカの代理人と獲得の可能性について話し合っていたそうですが、その中で代理人が担当しているビスマについての話し合いも行われたのだとか。

 

ヌディカは2018年にフランクフルトに加入していますが、その後素晴らしい成長を見せており、現在はブンデスリーガでトップ4争いを繰り広げるチームでレギュラーとしてプレーしています。ポジションは主に3バックの左サイドです。 

 

エクスプレス紙によればアーセナルがヌディカ争奪戦をリードしているらしく、今夏に1,900万ポンド(約29億円)の移籍金で獲得できる可能性があるのだとか。

 

一方のイブ・ビスマですが、こちらは過去に何度かアーセナルが興味を示しているとの噂がありました。代理人がヌディカと同じミシェル・エンチョ・イボ(Michael N’Cho Ibou)氏のようです。

 

 エンチョ・イボ氏はぺぺの代理人も務めているそうで、アーセナルとは極めて良好な関係を築いているらしいです。

 

アーセナルは今夏の移籍市場で守備陣の再編を計画しており、チャンバースとベジェリンが移籍すると見られています。

(ソース:Daily Express

 

グエンドゥジはアーセナルでの将来を諦めず?

f:id:jaguar541:20210316070415j:plain

 

現在、シーズン・ローンでヘルタ・ベルリンに加入しているグエンドゥジですが、アーセナルではアルテタとの関係悪化により構想外となっており今夏の放出も噂されています。

 

そのような状況のなか、French Football Newsの取材に応じたグエンドゥジは、アーセナルに全てを捧げるつもりだと語りアーセナルの将来を諦めていないことを明かしました。

 

アーセナルとグエンドゥジの物語は終わったのか?

「そんな事は全くないよ。ただ、今はヘルタ・ベルリンでのシーズンに集中している。そのあとでクラブや僕の周りの人達と共に席について、将来のことを考えたり話し合ったりしたいと思っている。

 

僕はまだアーセナルの選手だよ。ただ、今年の夏は重要な瞬間になると思う。

 

アルテタが監督を務めていてもアーセナルに戻るのか? 

「もちろんだ。僕とアーセナルの契約はもう1年残っているからね。」 

 

アルテタとの関係が大きな話題になったけれど、二人の関係を修復したいと言うのが本音か?

「僕は成長するためにここにいる。それに、アーセナルでプレーしているときはクラブやファン、チーム、スタッフのために全力を尽くしていた。僕はこれまで通りアーセナルのシャツのためにハードワークするだけだ。」 

(ソース:Get French Football News) 

 

 

20-21 プレミアリーグ 第28節:アーセナル vs トテナム戦の結果
  20-21 プレミアリーグ 第28節    アーセナル 2−1 トテナム・ホットスパー   《得点》 アーセナル:44’ウーデゴール、64’ラカゼット(PK) トテナム:33’ラメラ   【出場メンバー...

 

【アーセナルNEWS】ジョージ・グラハム:タイトル獲得には多額の投資が必要
  最新のチームニュース 木曜日に行われたEL・オリンピアコス戦以降、新たに報告すべき健康上および怪我はない。ファースト・チームのメンバーは全員プレー可能。 (ソース:Arsenal.com)    ジョージ・グラハム:タイト...

 

  

Twitterもやってます→

スポンサーリンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました