【アーセナルNEWS】プレミアリーグが中断期間の延期を正式発表

スポンサーリンク

プレミアリーグが中断期間の延期を正式発表

FA、プレミアリーグ、EFLおよび女子プロリーグはPFA(プロフットボール選手会)やLMA(リーグ監督協会)を交えた協議を行い、イングランドのプロ・フットボールの試合で実施している中断期間を4月30日まで延期すると発表しました。

 

また、FAは競技規則にある『シーズンは6月1日までに終了しなければならない』『各競技会は、FAの定める制限内において各大会のシーズン期間を決定すること』という条項について、2019/20シーズンに限りこの制限を無期限で延期することも決定しています。以下が声明です。

 

共同声明

「FA、プレミアリーグ、EFLおよび女子プロリーグ、PFAやLMAは過去に例を見ない未曾有の時期に直面していることを理解しており、我々の心はCOVID-19(新型コロナウィルス)の影響を受けている人々と共にある。

 

我々は2019/20シーズンの再開と全ての国内および欧州のクラブリーグ戦やカップ戦について、安全が確認され次第すぐに再開できるよう一丸となって解決策の検討を行っているところだ。

 

我々はカレンダーに余裕を作り、国内および欧州のリーグ戦やカップ戦を実施する機会を増やし、各大会の品位を保てる様に配慮すべくEURO2020の延期を決定したUEFAの判断を支持する。

 

FAの規定では『6月1日までにシーズンを終えること』『各競技会は、FAの定める制限内において各大会のシーズン期間を決定すること』と定められている。

 

しかしながら、FA理事会はプロ・フットボール界と歩調を合わせるべく2019/20シーズンに限り、この規定の無期限延期を決定した。

 

さらに、我々はイングランドにおけるプロの試合を4月30日まで延期することで合意した。

 

依然としてCOVID-19の先行きは不透明であり、選手やスタッフ、サポーターの健康と幸福を担保することが我々の最優先である。我々は引き続き政府のアドバイスに従い、状況の再検討と条件が整い次第シーズンを再開できる様にあらゆるオプションの精査を行なっていく。

 

我々の誰もがCOVID-19の影響を受けている全ての人々と共にあることを改めて強調したい。」

(ソース:Premier League公式) 

  

【アーセナルNEWS】プレミアリーグは中立地での無観客試合を計画中?
プレミアリーグは中立地での無観客試合を計画中? 新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、欧州各国のトップ・リーグが中断されたことを受けて、UEFAは国内リーグの日程を消化できるようにするためEURO2020の開催を1年延期する決断を下しました...

 

              スポンサーリンク

 

 

コルニーとヘイルエンドのトレーニング施設を再開

アーセナルは公式声明を発表し、ファンへのメッセージと共にクラブの現在の状況を公表しました。それによると、コルニーやヘイルエンドのアカデミーは、施設やグラウンドを維持するため少人数の従業人によって再開されたそうです。以下が公式声明です。

 

アーセナル公式

「- アーセナル・ファンの皆様へ –

何よりもまず、アーセナルFCの誰もがあなたとあなたの家族が安全かつ健康であることを願っています。今は不安な時期であり、全員が大好きな試合で興奮する機会を失っていますが、今は健康と幸福を最優先すべきときです。なぜなら、我々はいま近年稀に見る未曾有の世界的な公衆衛生の危機に直面しているからです。

 

身の安全を確保しつつ、自身や周囲の人々を守る為にも政府のアドバイスに従いましょう。

 

まず、皆さんも木曜日に出された2019/20シーズンを無期限に延期するという公式発表をご覧になったことと思います。また、イングランドではプロの試合が4月30日まで延期されました。この決定は木曜日の朝に行われたプレミアリーグの総会で承認されたものです。

 

もちろん、可能な限り早期の再開を望んでいますが、それは安全が確保された場合に限ります。

 

– クラブの現在の状況について –

急速な状況の変化に対して、クラブは選手やスタッフを保護しつつ効率的な運営を維持する為に様々な対策を講じていることは想像に難くないでしょう。

 

我々のトレーニング施設であるロンドン・コルニーとヘイルエンドは、ミケル(・アルテタ)のウィルス感染が判明したあと、徹底的なクリーニングを行うために閉鎖されました。その後、施設やトレーニング・ピッチの維持管理を行うため少人数の従業員のみで再開しています。

 

ミケルや男子ファースト・チームの選手をはじめ、多数のスタッフが自宅待機の状態にあります。ミケルが体調は良くなったと言っていることを我々も喜んでいます。彼は元気でコーチと共に詳細なプランを練っており、選手とも定期的に話をしています。また、現在は女子やアカデミーのチームも自宅待機となっています。全ての選手達は、状況が許せば直ぐにでもトレーニング・ピッチへ戻ることを楽しみにしています。

 

選手達は自宅で出来るトレーニングや食事の管理についてフォローを受けており、コーチやサポート・スタッフとも毎日連絡を取り合っています。皆さんもSNSを通してご覧になっている通り、彼らの何人かは明らかに変わった世界を受け入れています。

 

現在、ハイバリー・オフィスは閉鎖されています。そこに勤務する全てのスタッフや、リモート作業が可能な業務を担当するスタッフは自宅で仕事を続けています。これは緊急時対応プランのお陰であり、これを効果的に運用しているところです。

 

※スケジュールやチケットについての記載は割愛

 

– 皆様の健康と安心について –

最後にして最も重要なことですが、ウィルスの拡散防止に関するWHOの勧告を遵守し、それに従ってください。

 

我々も可能な限り早期にピッチへ戻れる日を楽しみにしています。また、皆さんや皆さんの愛する方々が健康でいられることを願っております。

 

皆様お気をつけください。

 

アーセナル・フットボール・クラブの監督、選手、スタッフより」

(ソース:Arsenal.com) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました