20-21 UEFA EL グループB:ダンドーク vs アーセナル戦の結果速報

スポンサーリンク

 

20-21 UEFA EL グループB 

ダンドークFC 2−4 アーセナル

 

《得点》 

ダンドーク:22’フローレス、85’ホアー

アーセナル:12’エンケティア、18’エルネニー、67’ウィロック、80’バロガン

 

【出場メンバー】

ルナルソン

チャンバース

ムスタフィ

パブロ・マリ

ソアレス f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

エルネニー → 63’セバージョス

ウィロック f:id:jaguar541:20141105063214g:plain → 83’アジーズ

メイトランド=ナイルズ

スミス=ロウ → 77’コットレル

ぺぺ

エンケティア → 63’バロガン

 

=ベンチ=

メイシー

ハイン

ホールディング

サカ

 

アルテタ監督:プレス・カンファレンス(速報)

グループステージについて

「グループステージは全般的にポジティブだった。ヨーロッパの試合で6試合全てに勝利するのは決して簡単なことではない。我々はとても安定していて、素晴らしいパフォーマンスを発揮してきたと思う。」

 

スミス=ロウについて

「彼は自身の持つクォリティに完全に合ってる訳ではない位置でプレーしてきた。彼には多くのクリエイティブさがあり、ボールを持った時に何か出来るクォリティを持っている。彼は脅威になっていたし、今日のパフォーマンスにはとても満足しているよ。」 

 

バロガンとの契約延長について

「選手とは話し合いを行っているし、彼も我々が残って欲しいと思っていることを知っている。現時点で(残りの)契約期間が問題となっていることは我々も理解しており、出来る限りベストな方法で解決しようと努力しているところだ。

 

我々は彼に残って欲しいと思っているし、彼もクラブに残りたいと言ってくれたので、上手く行けば合意点を見出して契約延長を行えるだろう。」 

 

エンケティアについて

「彼はスタメン出場しているが、再びスタメンになる可能性はある。あなたの言うように、彼はボックス付近のあらゆるアクションに関与して相手ゴールを脅かしている。

 

生き生きとしているね。それにハングリーさがある。彼が満足するのはゴールを決めた時だけだろう。間違いなくオプションの一人だ。」 

 

ELでプレーした選手がプレミアリーグでもプレーするのか?

「もちろんだ。今後は2月までELの事は一旦忘れて、プレミアリーグとカラバオ・カップ、そして1月に再開するFAカップに集中する。総力戦になるよ。

 

もちろん、我々は大きなスカッドを抱えているし、怪我から復帰した選手もたくさん居る。したがって、ローテーションを行う際により良い選手起用を行うための選択肢がある。

 

だが、それによってプレミアリーグでもしっかり集中して、必要な結果を得るためにより多くのオプションを手にできるのだ。」 

 

ELで得た自信がプレミアリーグにも反映されるか?

「我々は直ぐにでもフットボールの試合に勝たなければならない。この様な結果を6週間や8週間も続けている場合ではない。今すぐ勝つ必要があるし、日曜日の試合からそれをスタートさせる必要があることも理解している。」 

(ソース:football.london) 

 

ELはグループを全勝で首位通過。エルネニーの弾丸ミドルもありましたし、この流れを週末のリーグ戦でも発揮して欲しいところです。

 

20-21 UEFA EL グループB:ダンドーク vs アーセナル戦プレビュー(前編)
  アルテタ監督:プレス・カンファレンス ※一部を抜粋   ノース・ロンドン・ダービー後の心境について 「このクラブに求められるものは極めて高いが、今は期待されている様な結果を出せていない。もちろん、それに伴ってプレッシャーも...
20-21 UEFA EL グループB:ダンドーク vs アーセナル戦プレビュー(後編)
  アルテタ監督:プレス・カンファレンス(後編)  オーバはドレッシング・ルームで声掛けをするタイプのキャプテンなのか? 「必要に応じてそうすることもあるだろう。だが、状況に応じて彼の持つエネルギーや意欲、チームに対する拘りを周囲...

  

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました