19-20 EL 決勝トーナメント1回戦2ndレグ:アーセナル vs オリンピアコス戦プレビュー

スポンサーリンク

最新のチームニュース

■チャンバース

左膝前十字靭帯断裂。12月29日のチェルシー戦で負傷。手術は成功している。リハビリプロセスには6〜9ヶ月掛かる見込み。

 

■コラシナツ

右肩の怪我。先週日曜日に行われたエバートン戦で、右肩に深刻な怪我を負った。今週、専門医の診察を受ける予定。

 

■ソアレス

左膝の怪我。ジムでのトレーニングは順調に進んでいる。2月末までのフル・トレーニング復帰を目指す。

 

■ティアニー

右肩の脱臼。12月9日のウェストハム戦で負傷。リハビリプロセスは順調に進んでおり、グループ・トレーニング・セッションへの参加を行っている。2月末までのフル・トレーニング復帰を目指している。

(ソース:Arsenal.com

 

 

 

アルテタ監督:プレス・カンファレンス ※一部を抜粋

監督にとって、1stレグで最も嬉しかった点はなにか?

「全体的なパフォーマンスにとても満足した。最初の10分間は守備面で課題があった。ゴール前では難しいところでボールを奪われてしまうなど、自分達のプレーによってさらに危険な状況に追い込んでしまう場面もあった。

 

しかし、それを別にすれば、チームは非常に難しいスタジアムでも多くの個性を発揮しながらプレーしたと思う。彼らはホームスタジアムで素晴らしい勝率を誇っているからね。そして、我々はなんとかゴールを奪い試合に勝利した。これもまたポジティブな点だ。」

 

セアド・コラシナツの最新情報について…

「彼は今日、専門医の診察を受けているので、午後にはさらに詳しい状況が分かるだろう。だが、確かに彼は痛がっていた。(負傷したのが)かなり複雑な部位なので、我々はほとんどポジティブには考えていない。」

 

セアドは今シーズン、再びプレーする事ができるのか?

「できればそうなって欲しいものだが、私には分からない。それはつまり、彼が肩を脱臼しているのかどうか、手術が必要なのか次第だ。順調に行けば午後にもっと詳しい事が分かるだろう。」

 

監督は大会に優先順位を付けているのか、もしそうなら選手選びにもそれが反映されるのか?

「チーム選びはトレーニングで目にして来たことや、選手の負担や対戦相手に対して何をしたいのかによる。欧州大会へ出場するためには三つのルートが存在する。そして我々は、それら三つの可能性全てを最大化しなければならない。1試合1試合前へ進んでいくよ。つまり、現時点ではゴールはまだまだ先なので、全ての大会を考慮している。」

 

プレミアリーグからのルートも現実的だと考えているのか?

「我々は数多くの試合に勝利する必要がある。そのためには極めて高い一貫性が求められるが、我々はまだ2連勝しただけだなのでその点は不十分だ。」

 

チームの成長具合について…

「そうだね、クラブはこの2ヶ月間に様々な分野で間違いなく様々な出来事があった。ただ、チームは順調に成長していると思う。クラブはより良い場所へ辿り着きつつあると考えている。我々はクラブの各セクションでこれまでより団結できている。

 

また、エミレーツでプレーする時やアウェーでプレーする時も、ファンから絶大なエネルギーを貰っている。ポジティブな事がたくさんあるけれど、やるべき事も多いよ。選手個人として集団として、そしてクラブとして改善すべきことはまだまだ沢山ある。今はまだプロセスの途中だ。」 

(ソース:Arsenal.com) 

  

19-20 プレミアリーグ:アーセナル vs エバートン戦の結果
19-20 プレミアリーグ 第27節  アーセナル 3−2 エバートン   《得点》  アーセナル:27’エンケティア、33’&46’オーバメヤン エバートン:1’キャルバート=ルーウィン、45’+4’リシャルリソン   【出...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました