22-23 ELグループステージ第6節:アーセナル vs FCチューリッヒ戦プレビュー

スポンサーリンク

アルテタ監督:プレス・カンファレンス

※一部を抜粋

 

サカ、エルネニー、ジンチェンコのフィットネスの状態について

「彼らがそれぞれ異なる段階にあるのは確かだ。モー(※エルネニーの愛称)は長いこと怪我で離脱していたが今は回復してとても良い状態だし、1〜2週間前からチームと共にトレーニングを行っている。

アレックス(・ジンチェンコ)については最近1〜2回ほどトレーニングに参加するようになった。ブカヨ(・サカ)は2回ほど休んだだけで今日は元気だったよ。」

 

サカは明日プレーできるのか?

「そうだ。」

 

サカはレフェリーから十分に保護されていると思うか

「レフェリーはあらゆる出来事や前線の選手が受けているファールの数を当然把握していると思うし、その状況をベストな方法でマネージメントするのが彼らの仕事だ。」

 

ネルソンとティアニーの忍耐力について

「その言葉こそ彼らをよく表す言葉だと思っている。つまり、チーム内における一人一人の役割をしっかりと理解していると言うことだ。

そして、その役割は毎週変わってくる。あなたの言うその二人は、彼らが試合に出て他の選手がベンチに座ることもあった。

彼らが全くプッシュしていないという事ではなくて、その逆で本気でプッシュしていたしプレーするためにベストを尽くしていたよ。

だが、採取的に我々は決断を下さねばならない。彼らはその決断を本当にリスペクトしてくれたし、我々としてはピッチに立つ選手にも敬意を払って欲しいと思っている。」

 

ジェズスには何らかの調整が必要だろうか

「もし彼が1試合で3アシストしたなら何も調整する必要はないと思うよ! 私としても彼が毎試合その様な活躍を見せてくれたら最高に嬉しいね。」

 

バルセロナの監督就任が噂されているが

「いま私に言えることはアーセナルにとても満足しているし誇りに思っているということだ。現在のバルセロナはとても良い方向に進んでいると思うよ。

クラブの絶対的なレジェンドであり、その土地で生きてきた類稀な監督を擁しているからね。そのことにもっと敬意を払う必要があると思う。」

 

パブロ・マリについて

「まず言える事としては、彼はとても良い状態にあるしパブロが物事にどの様なリアクションを示すかも分かっている。

ただ、この数ヶ月間に起きたフットボール選手やその妻や家族に対する問題に関しては、イングランドに限らずヨーロッパ全土で懸念されている。

我々は声を上げる必要があると思うし何らかの対策が必要だと思う。誰もが安全を感じる権利があり我々も安全だと感じる必要があるので、何か対策を講じなければならないだろう。」

 

W杯へ向けて選手達を守る責任を感じているか

「彼らを守り、導き、最高の力を引き出す責任を日々感じているよ。ただ、彼らは現在アーセナルのためにプレーしているのだから、その事に集中すべきだと思う。

その上で、イングランドや各国位の代表チームでプレーしている時は、代表チームのことに集中するべきだと思う。それが我々のやるべきことだ。」

 

木曜日の試合は強力なスカッドで臨むのか

「30分〜45分後に自分達の希望する結果が得られると思って試合の臨むことはしない。ただ、本当に競争力のあるチームで挑むことは間違いないね。

我々は先週オランダで行われた試合でチャンスを逃してしまったので、木曜日の試合が目標達成のラストチャンスだ。」

 

W杯期間中に親善試合を行うことに協力するのか

「そうだね、親善試合は必ずやると思う。今その準備をしているところだ。10人〜12人くらいの選手がここに残るだろうから、我々にとってもコンペティションが必要なんだ。」

 

日曜日のチェルシー戦を控えたチーム選びについて

「チャレンジだね。ただ、この5〜6週間は3日ごとに試合があったので選手達にはなるべく均等に負担がかかる様にしてきたし、なんとかそうすることが出来たと思っている。

皆さんも見て分かるように、我々は特定の選手だけで4試合のブロックを繰り返すようなことはしていない。

我々は今後もそういった取り組みを続けて可能な限り選手達をフレッシュな状態に保ち、十分なリズムで試合に臨めるようにしたいと考えている。」

 

チェルシーより準備期間が1日少ないことで不利になるか

「ELでプレーしている以上それが問題になることは承知の上だ。木曜日の夜の試合としては珍しいくらい早い時間帯だが、それが我々の日程だ。」

 

監督はW杯をどのように観戦する予定か

「我々は長期間ロンドンを離れてプレ・シーズンを選手達と一緒に過ごすことになる。だから選手達と一緒に応援することになるだろうね。」

 

エルネニーの復帰によってサンビ・ロコンガをもっと前のポジションで起用できるようになるが

「トーマスやモーの離脱によってあのような状況になり、サンビを適応させる必要が出てきたのだ。彼が最も自然にプレーできる選手だったからね。今はモーが復帰したし他のポジションが空いている状況だ。」

(ソース:Arsenal.com

 

【アーセナル移籍ゴシップ】ファクンド・トーレス、ダニーロ、グリマルド、アルテタの噂
ファクンド・トーレスとは相思相愛?/ダニーロのスカウティングを継続中/1月のグリマルド獲得を検討中?/バルセロナがチャビの後任にアルテタをリストアップ?

 

 

タイトルとURLをコピーしました