22-23 ELグループステージ第6節:アーセナル vs FCチューリッヒ戦の結果速報

スポンサーリンク

22-23 ELグループステージ第6節

アーセナル 1−0 FCチューリッヒ
グループ首位通過が決定!

《得点》
アーセナル:17’ティアニー
FCチューリッヒ:

 

【出場メンバー】
ラムズデール
ホワイト → 73’冨安 → 88’セドリック
ホールディング
ガブリエウ イエロー
ティアニー
エルネニー → 63’トーマス
ロコンガ
ネルソン
ビエイラ → 73’ウーデゴール
ジェズス → 63’サカ
エンケティア

=ベンチ=
ハイン
ヒルソン
サリバ
ジンチェンコ
スミス
マルキーニョス
マルティネッリ

 

冨安が負傷交代

73分にホワイトに代わって途中出場した冨安ですが、15分ほどプレーしたところで右太ももの異常を訴えてその場に座り込んでしまいます。

その後セドリックと交代する際には自らの足で歩いてピッチをあとにしていますが、過去にも負傷している箇所だけに怪我の状態が心配です。

なお、アルテタ監督は試合後のコメントで「何らかの違和感を感じたようだ。詳細については我々もまだ分からない」と述べています。

(ソース:football.london

 

アルテタが10月のPL月間最優秀監督賞にノミネート

10月のプレミアリーグ月間最優秀監督賞のノミネートが発表され、我らがアーセナルのアルテタ監督がノミネートされました。

今シーズン絶好調のアーセナルを率いるアルテタ監督は3月と8月に同賞を受賞しており、ノミネートは8月から3カ月連続となります。

10月のアーセナルはリーグ戦5試合を4勝1分と無敗で乗り切っています。アルテタ監督の他にはシティのグァルディオラ監督、ニューカッスルのハウ監督がノミネートされています。

(ソース:Arsenal.com

 

ジャカが10月のPL月間最優秀選手賞にノミネート

10月のプレミアリーグ月間最優秀選手賞のノミネートが発表され、我らがアーセナルからジャカがノミネートされました。

今シーズンのジャカは中盤で素晴らしい活躍を見せており、10月はトテナムとのノース・ロンドン・ダービーでゴールを決めたほか、サウサンプトン戦でもゴールを奪っています。

ジャカ以外には次の選手がノミネートされています。

アルミロン、ギマランイス、トリッピアー(以上ニューカッスル)
ハーランド、デ・ブライネ(以上マン・C)
ケパ(チェルシー)
トロサール(ブライトン)

(ソース:Arsenal.com

 

10月のPLゴール・オブ・ザ・マンスにトーマスがノミネート

プレミアリーグは10月のゴール・オブ・ザ・マンスのノミネートを発表し、トーマスがトテナムとのノース・ロンドン・ダービーで決めたミドルシュートがノミネートされました。

アーセナルはトーマスのゴールもあり3−1でダービを制しています。

(ソース:Arsenal.com

 

22-23 ELグループステージ第6節:アーセナル vs FCチューリッヒ戦プレビュー
アルテタ監督:プレス・カンファレンス

 

 

タイトルとURLをコピーしました