【アーセナルNEWS】アルテタ:ウルブスは組織化されており支配的だ

スポンサーリンク

 

アルテタ:ウルブスは組織化されており支配的だ 

日曜日に対戦するウルブスは、月曜日に行われたサウサンプトン戦で4バックを初披露しました。アルテタもヌーノ・エスピリート・サント監督率いるウルブスを強く警戒しています。

 

アルテタ監督

「前回の試合(サウサンプトン戦)で見せた後半の戦い方は、明らかにこれまでと異なるものだった。

 

我々はどちらのシチュエーションにも対応出来る様にしなければならない。3バックのフォーメーション時の彼らは様々なオプションを持っており、幾つものエリアで脅威となるので、これまで通り準備をする必要がある。

 

この試合はとてもタフな試合になると思う。彼らがリーグで最も組織化されたチームの一つなのは間違いないからね。

 

彼らは長期間共に戦っているし、ビッグ・チーム相手のビッグ・ゲームでも相手をどれだけ苦しめられるかを示してきた。

 

そのため、試合のあらゆる局面を支配するチーム相手の、非常に難しい試合になると予想している。彼らは自分たちが何をすべきか完全に理解しているからね。」 

(ソース:Arsenal.com) 

 

オーバ:中央とサイドのどっちが良いか?どっちでも良いよ

オーバメヤンはアルテタの下では主に左サイドで起用されてきましたが、批評家などからはCFとして中央で起用すべきだとの声が多く見られます。オーバは本人はこの辺をどう考えているのでしょうか?

 

オーバメヤン

「僕はどのポジションでもプレーするし、本当に気にしてないんだ。僕が得意なポジションは誰もが知っていると思うけれど、僕としては選択肢が一つしかないより沢山ある方が良いので、そこは問題じゃないかな。

 

チームに貢献したいと思っているし、まだまだ学んでいきたい。だって若かろうが年を取っていようが、誰もが日々いろんな事を学んでいるからね。とは言え、僕はまだまだ勉強中の身なので、あらゆることが楽しいんだ。

 

例えば左サイドでプレーすると、これまでと異なる動きを学ぶことになる。中盤の選手と連携を取るためにポケットの中でプレーする必要も出てくるんだ。

 

ストライカーとしてのポジションとはプレーが異なる。プレーの仕方が全然違っていて、時にはサイドに幅を取る必要が出てくることもあるけれど、ストライカーになるともっと中央でプレーすることになるから全く異なるんだ。

 

でも、左サイドでプレーする様になってから多くのことを学んだ。多くのDFは9番に釣られるからチャンスも生まれる。

 

ラカとエディ(・エンケティア)が素晴らしい仕事をして、僕がDFの裏へ走り込むスペースを作り出してくれる時もある。もちろん、彼らに助けられている。僕はまだまだ左サイドでのプレーを勉強中なんだ。」 

(ソース:Arsenal.com) 

 

アルテタ:マラドーナはどこでプレーしても街そのものに影響を与えた

フットボール界のスーパースター、マラドーナ死去のニュースが世界中を駆け巡り、多くの人々が彼の死を悼んでいます。アルテタもその一人で、マラドーナのプレーを見て育ったと語っています。

 

アルテタ監督

「本当に悲しいよ。私は彼の大ファンだった。

 

彼と親しかった知人が大勢いるけれど、彼はどこでプレーしても街そのものに影響を与えた人物だった。

 

彼には他のフットボール選手には無い感情を生み出す能力があって、それが彼の魅力でもあった。私たちは小さい頃から彼に愛着を持っていたんだ。

 

彼がフットボールのためにしてくれた事に感謝している。当時は本当に多くの子供達が彼を見てフットボール選手を目指したと思う。」 

(ソース:Arsenal.com) 

 

  

【アーセナル移籍ゴシップ】リールのトルコ代表MFを狙う?
  選手への暴言を非難 アーセナルは先日行われたリーズ戦後に、SNS上でぺぺとアリオスキに対する暴言が投稿された件を強く非難する声明を発表しました。   また、この件については警察に全面的に協力し、投稿者の特定から逮捕・起訴を行うま...
20-21 UEFA EL グループB:モルデ vs アーセナル戦の結果速報
  20-21 UEFA EL グループB  モルデFK 0−3 アーセナル ※アーセナルの決勝T進出決定   《得点》  モルデ: アーセナル: 50’ペペ、55’ネルソン、83’バロガン   【出場メンバー】  ...

 

  

Twitterもやってます→

スポンサーリンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました