【アーセナルNEWS】ムスタフィが残留に意欲を見せる

スポンサーリンク

ムスタフィが残留に意欲を見せる

昨シーズンから低調なパフォーマンスでクラブの放出候補筆頭と言われ続けているムスタフィですが、ここ数試合はパフォーマンスが改善しておりチームの3試合連続クリーン・シート達成にも貢献しました。

 

アルテタの下で復活を遂げつつあるムスタフィは、今後もクラブに留まる可能性を示唆しています。

 

ムスタフィ

「(アーセナルでの自身の将来を考えているか?と問われ)それも良いんじゃない? 僕は毎日いろいろ考えているよ。

 

木曜日に試合があって週末には再び重要な試合が控えている。僕はこれまでもクラブのためにプレーしているんだ。それはどこのクラブであってもそうだし、今はアーセナルでプレーしているけど、そこは以前から変わらない。

 

ファンと良好な関係を保つことは常に大切なことだけど、僕にとってはプロフェッショナルに徹することが何より大事だったんだ。

 

いつも(試合では)最後の瞬間まで全力を尽くしてきた。僕かクラブがチームのためにプレーすると決めたら喜んで続けていくよ。そうならないなら前進するしかない。

 

シーズン開幕からメンバーに選ばれず、スカッド入りもできなかった。これは辛かったよ。だけど僕はネガティブなことよりもポジティブな考えるタイプなんだ。この性格にはかなり助けられたかな。

 

僕の周りには家族(妻や子供達)がいるんだ。フットボールだけが人生の全てじゃない。僕はずっとそう肝に銘じてきたきた。

 

毎日トレーニングをして多くの試合でプレーしてると、たくさん注目されるようになる。だけど、家へ帰れば二児の父親としてそのことに集中する。今のこの流れには満足しているよ。

 

チームも上手く行っているから尚更だね。これは本当に素晴らしいことで、僕らの努力が報われている。そこが一番重要なんだ。」 

(ソース:Sky Sports) 

 

ソクラテス:守備はかなり良くなっている

アルテタの就任以来、アーセナルは11試合8失点で直近は3試合連続でクリーン・シートを達成するなど守備が劇的に改善しています。この点についてソクラテスは、チーム全体で守備をすることが大事だと試合後のインタビューで語っています。

 

ソクラテス

「前にも言ったと思うけど、チーム全体で守れば守備は良くなるんだよ。一つのチームだからね。4〜5人でプレーしている訳じゃない。僕らは一つのチームなんだから全員で守って攻撃する必要があるんだ。

 

今はかなり良くなっていると思う。もちろん改善の余地もあるけれど、全ての試合で立ち上がりからそれが出来るようになっている。チームにとってはそこがとても重要だ。

 

僕らは良い方向へ進んでいると思う。同じ試合は二つと無いけれど、勝つためには何かをする必要がある。今日の試合はもう終わった。次はエバートン戦について考えなければいけない。」 

 

オリンピアコス戦で右SBとして起用されたソクラテスですが、これは1月のFAカップ・リーズ戦以来のことです。ベンチにはメイトランド=ナイルズがいるにも関わらずソクラテスが起用されるのは奇妙に見えます。そして予想通りソクラテスは極めて守備的なSBでしたが、本人はそこでプレーすることに問題ないと語っています。

「もちろん(CBとは)少し違うけどプレーした経験はあるし、監督からピッチ上でやるべきことの指示を受けたら、それを実行するのが僕の仕事だ。

 

僕はチームに貢献するためにここにいる。左右のどちらか、それとも真ん中でプレーするのかは関係ない。チームのために全力を尽くすだけだ。

 

とても難しい試合だったと思うけど、僕らはその為の準備をしてきた。オリンピアコスは最初の10〜15 分間、ファンやスタジアム全体の後押しを受けて僕達よりも良いプレーをしていたね。それが普通だと思う。

 

その後は自分たちのフットボールができていた。ポケットの中やライン上にいる選手を見つけられるようになったからね。良い結果が出せたと思う。

 

もちろん、(アウェー)ゴールを奪えたのはすごく重要なことだと思うけど、まだ残り90分あるんだ。後半へ向けて準備を整える必要がある。」 

(ソース:football.london) 

 

バレンシアのスペイン人MFを狙う?

アーセナルがバレンシアのスペイン代表MFカルロス・ソレール(23)に興味を示していると噂されています。 アーセナルは夏にオーバメヤンが移籍する可能性があり、多額の移籍金を手にする見込みです。それを元手に、スペインで最も将来を嘱望されている若手の一人であるソレールを獲得すべくスカウティングを続けているのだとか。

 

ソレールは昨年12月にバレンシアと契約延長を行っており、その際に1億4,000万ポンド(約202億円)のバイアウトが設定されたようです。この金額は間違いなくアーセナルの許容範囲を超えていますが、ソレールにはアトレティコ・マドリーも興味を示していることから、バレンシアがどう動くか注目されます。

(ソース:Mirror

 

ローマのイタリア代表MFに興味あり?

アーセナルがASローマのイタリア代表MFブライアン・クリスタンテ(24)に興味を示しているらしいです。今週末の試合にスカウトを派遣するのだとか。今シーズンのクリスタンテは全ての大会を通して17試合1ゴール2アシストという成績を残しています。

 

ただ、2ヶ月間ほど太腿の肉離れで離脱していましたが、今では本来のパフォーマンスを取り戻しています。アーセナルの他にはマン・U、リバプール、チェルシーも興味を示しているとか。

(ソース:The Sun

 

【アーセナルNEWS】アルテタの最初の移籍市場を振り返る
アルテタの最初の移籍市場を振り返る  football.londonのジェームズ・ベンジ氏が、アーセナルの1月の移籍市場を振り返る記事を書いているので概要をご紹介します。   アルテタが監督に就任してから最初の移籍市場が幕を閉じました...

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました