【アーセナル公式】マルティネッリと契約更新で合意

スポンサーリンク

 

マルティネッリと契約更新で合意 

アーセナルはマルティネッリと契約更新で合意に達したと発表しました。給与は非公表ですが、契約期間は長期契約とだけ発表されています。マルティネッリは昨夏にイトゥアーノから加入してちょうど1年目の日に契約書にサインしたそうです。

 

加入1年目にも関わらず、今シーズンは26試合に出場して10ゴールを決めるなど大ブレイクを果たしました。アーセナルで10代の選手が1シーズンで二桁ゴールを決めるのは、20年以上前のニコラ・アネルカ以来の快挙です。

 

アルテタ監督

「ガビが我々と新たな契約を結んでくれてとても嬉しい。彼は才能溢れる若手選手で、彼のパフォーマンスや態度、仕事ぶりに我々も感銘を受けている。

 

彼をフル・フィットネスの状態に戻すと共に、我々のクラブで成長を見守っていきたいと思っている。」

(ソース:Arsenal.com) 

 

マルティネッリ:新しい契約が結べてワクワクしてる

アーセナルと契約延長した心境を語っています。

 

マルティネッリ

「ワクワクしてるよ。この様な機会を与えてくれた家族と神に感謝すると共に、アーセナルのスタッフやファンの皆んなにも感謝したい。

 

僕のことを応援してくれる人達がいて、最近怪我をした時もたくさんの応援メッセージをもらったんだ。本当に嬉しかったよ。

 

契約延長ができて凄く嬉しい。今は怪我からしっかり回復して、出来るだけ早く復帰することに集中している。

 

ちょうど1年前にここで最初の契約にサインしたけど、1年後に契約延長すると言うのは面白いね。もの凄く嬉しいことだから、それを言葉で言い表すのは難しい。ただただ感謝しかないよ。

 

アーセナルと契約する前、彼らが僕に興味を持ってると知った時は即決だった。僕もイングランドに行ってロンドンに住みたいと思っていたから、クラブからチームを手助けして欲しいと言われた時は、なんの迷いも無かったね。

 

アーセナルは世界最高のクラブの一つだし、歴史もあってファンの皆んなも最高だからね。即決でサインしたよ。」

(ソース:Arsenal.com

 

マルティネッリ:僕らは全員が家族であり団結している

 アーセナルに加入して1年が経過したマルティネッリですが、加入当初は言葉も殆ど話せない状態でしたが、今ではすっかりチームにも馴染んでいます。マルティネッはクラブ1年目を次のように振り返っています。

 

マルティネッリ

「まるで家族みたいに皆んな一つになっているんだ。皆んな誰とでもお喋りする。オーバメヤンやラカゼットみたいなトップ・フットボーラーもいるけど、彼らも本当に良い人たちだ。

 

エミ・マルティネスとダビド・ルイスもそうだね。彼らには感謝してもし切れないよ。こんな素晴らしいチャンスを与えてくださった神に感謝している。

 

ミケル・アルテタも監督に就任して以来、僕のことをとても助けてくれている。前にも言ったと思うけど、中盤にボールがある時はゴールへ向かうために体の向きとかを正しく整えておく必要があるんだ。

 

監督は本当にたくさん面で僕を助けてくれているから、アーセナルで僕が成長すると言う点でもの凄く重要な存在になっている。たくさんゴールやアシストを決めたり最高のパフォーマンスを発揮するなど、しっかり結果を残してクラブに貢献したいと思ってる。」 

(ソース:Arsenal.com) 

 

エドゥ:サカやマルティネッリとの契約延長について

テクニカル・ディレクターのエドゥが、サカやマルティネッリとの契約延長やクラブの若手育成方針について、公式HPのインタビューに応じています。

 

※一部を抜粋

クラブがサカやマルティネッリと長期契約を結ぶことの意味について

「二人とも若手選手だが、それぞれ事情が異なっている。ブカヨ(・サカ)はアカデミーから上がってきた選手で、我々としては彼とのプロセスを100%正しいものにしたいと思っているんだ。

 

最初のうちはトップチームに混じってトレーニングするだけだったが、その後本格的にトレーニングに参加して、ベンチ入りする様にもなり、15分・20分とプレー時間が伸びて行き、最終的にはチームにとって欠かせない重要な選手にまでなったんだ。

 

彼とのプロセスは素晴らしいものだったよ。我々としては、このプロセスをより多くの選手達と実現すべく、懸命に取り組んでいるところなんだ。だから彼の成功は皆んなにとっても凄く重要なことだし、我々の方針に関する選手達へのメッセージにもなる。

 

その一方で、マルティネッリも若手だけど異なるプロセスで、こちらも素晴らしいケースになった。我々はマルティネッリを17歳の時に獲得している。

 

彼はアカデミー出身ではないけれど、U-23からスタートさせる計画だった。なぜなら、彼はブカヨと同じくプレ・シーズンで素晴らしい才能を発揮して、ファースト・チームでも通用することを証明していたからね。

 

ベンチ入りしたり、ファースト・チームと一緒にトレーニングを行い、その後チームにとって重要な選手であることを証明して見せた。

 

この様に二人のケースは異なるけれど、契約を更新できたことや、彼らと今後も長く一緒にいられることを嬉しく思っている。」 

 

ピッチ外のブカヨはどんな性格なのか?

「彼は我々にとって誇りだ。私自身、クラブに加入してから選手達と知り合い彼らと仲良くなって行ったが、その中でもブカヨについては当初から彼の行動や周囲の人達や私だったり選手やコーチの接し方を見てきた。

 

彼の話し方は本当に素晴らしいんだ。ご家族にお会いする機会があったが、彼のご両親や兄弟と会って、ブカヨが今の様な感じになった理由がちゃんと分かったよ。ご家族も彼と同じ感じだったからね。

 

ポルトガル語で言うなら ” 地に足が着いてる ” と言う感じだ。皆んなとても良い人たちだったし、私も誇りに思う。彼の様に行動力とポテンシャルがあって、成功するのに必要なメンタリティを持つ選手を見るのが大好きなんだ。最高だね。」

 

ガビの適応力には驚いたか?

「本当に驚いた。私はブラジルに住んでいる選手が、ここへ来てすぐに彼みたく適応するのがどれほど難しいが身を以て知っているからね。

 

先ほども言った様に、マルティネッリに関するプランはU-23からスタートして、プレ・シーズンはファースト・チームに加わり、その後またU-23に戻ると言うものだった。

 

しかし、そのプレ・シーズンでチームにとってどれほど重要な選手かをさっそく証明したんだ。その点ではブカヨとかなり似ているね。行動や態度、メンタリティ、そして家族について話すときの彼は本当に素晴らしい。

 

彼のご家族にもお会いしたが、彼らは本当に素晴らしかったし、マルティネッリがどう言う教育を受けてきたのかがハッキリと分かったね。」 

 

ブカヨはまだ18歳でガビは19歳になったばかりだが、二人の若手はプレミアリーグでプレーする準備が出来ていることを示している。ステップアップする準備が出来ている若手選手を、今後数年のうちにもっとたくさん目にすることが出来ると思うか? 

「そうなると思う。今は世界中で17歳〜19歳の選手が非常にレベルの高いトップチームでプレーしている。

 

アーセナルのアカデミーに関してペア(・メルテザッカー)と共に考えていることは、18歳〜23歳の選手をもっとファースト・チームに繋げて行こうというものだ。

 

見込みのある若手にはファースト・チームに加わるチャンスを与えて、自分にどれだけ準備が出来ているか、彼らがどれほど素晴らしいか、そして自分がどれだけそこに近づいているかを感じ取ってもらいたい。

 

世界中を見渡しても、若いうちからプレーしたいという選手がどんどん増えている。今ではビッグ・クラブでも16歳でプレーしている選手もいるくらいだ。だから、若手にもしっかり注目していく必要があると思っている。」 

 

注目の若手は二人以外にもいて、今シーズンはウィロックやエンケティア、ネルソン、スミス=ロウがローン移籍している。最近のアカデミーの仕事ぶりには満足しているか?

「そうだね、彼らの様な若手についての話というのは、コンセプトについての話しになると思う。アカデミーはしっかり仕事をしていて、アカデミーのスタッフは適切な仕事をしているよ。

 

ファースト・チームに残れる強い選手になる準備をしなければいけないからね。もちろん、ファースト・チームにいる選手達のクォリティも重要だ。

 

ただ、あまり無理をしても選手のためにならないので、選手の様子を見つつ適切なプロセスを踏む必要があるだろう。

 

その為にはトレーニングを始める適切な時期だったり、ベンチ入りさせる時期、そしてファースト・チームでプレーする選手達の姿を見せる時期などを見極めなければならない。

 

このプロセスはどの選手にとっても極めて重要なもので、適切に行っていく必要がある。我々もそこに気を使いながら、アカデミー出身の選手をさらに増やすべく、懸命に努力しているところだ。」

(ソース:Arsenal.com) 

  

【アーセナル公式】イトゥアーノからマルティネッリを獲得
イトゥアーノからマルティネッリを獲得 アーセナルはイトゥアーノからブラジル人FWガブリエル・マルティネッリ(18)を獲得し、長期契約を結んだと発表しました。移籍金及び給与は非公表です。 マルティネッリは2017年11月に16歳9ヶ月でプ...

 

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました