【アーセナルNEWS】ウーデゴールが野望を語る、アカデミーの最高傑作

スポンサーリンク

ウーデゴール:アーセナルでCLとプレミアリーグを制覇したい

Embed from Getty Images

今夏の移籍市場でレアル・マドリーから完全移籍で加入したウーデゴールが、アーセナルでの野望について語っています。

ウーデゴール
「まずはリーグ戦の順位を上げて、リーグの首位や欧州大会の出場権を目指して戦いたい。

今シーズンは欧州大会へ復帰することだね。そこから時間をかけてタイトルを目指す。CLやプレミアリーグを数年以内に制覇できたら良いなと思ってる。

それこそこのクラブのあるべき姿でありスタンダードだからね。」

アーセナルが最後にCLに出場したのは2016/2017シーズンでした。グループAを首位で通過しましたが、続く決勝トーナメント1回戦でバイエルン・ミュンヘンに2試合合計10-2と完敗しています。

また、アーセナルが最後にプレミアリーグで優勝したのは2003/2004シーズンに無敗優勝した時まで遡ります。
(ソース:Arsenal.com

 

アカデミーの最高傑作:チャーリー・パティーノ

Embed from Getty Images

ブカヨ・サカやエミール・スミス・ロウを筆頭に、将来有望な逸材を多数輩出しているアーセナル・アカデミーから新たな若手がトップチームに昇格するかもしれません。

現在17歳のチャーリー・パティーノはU-23でプレーしていますが、今夏からトップチームのトレーニングにも参加しており昇格する日も近いとされています。

パティーノは11歳だった2015年にルートン・タウンからアーセナルのアカデミーへ移籍してきました。なお、アーセナルは2001年に同じくルートン・タウンからジャック・ウィルシャーを獲得しています。

ルートン・タウンでプレーするパティーノを見たスカウト(当時)のブライアン・ステープルトンは衝撃を受けたようです。以前、Goalの独占インタビューに応じた際には「これまで見てきた中で最高の才能の持ち主だ」と語っています。

ブライアン・ステープルトン
「これまで私がスカウティングをしてきた中で、彼ほどの才能を持った子供を見たことがなかった。

ある人物からチャーリーの情報をもらったから見に行ってみた、自分が目にしている光景が信じられなかったよ。彼は11歳だったのだが既にU-13あたりでプレーしている感じだった。” これは凄い ” と思ったね。

彼はファースト・タッチが信じられないほど素晴らしく、視野も広いしスペースへの意識も高かった。明かに実年齢以上の能力を持っていて、ピッチ上にいた他の選手達とは違う惑星から来たみたいだったよ。

そこで当時、アーセナルでスカウト部門の上司だったショーン・オコーナーに電話したんだ。すると彼は私の意見を尋ねてきたので『そうだね、私はもうここに戻る必要はないしこれ以上何も見る必要はない。この子と直ぐに契約すべきだ。』と答えた。

ショーン・オコーナーはジャック・ウィルシャーを発掘した人物だけど、彼は私に『チャーリーはヘイル・エンドのドアを通った中で最高の選手だ』と言っていた。彼にはもの凄いポテンシャルがあるのは確かだけど、まだそこまでには至っていないと思う。

アーセナルには彼のために用意された道があって、彼は恐らくマン・Cのフィル・フォーデンと同じ道を歩むことになるだろう。

チャーリーは自分がいまピッチ上のどこにいるのか、そして他の選手達がピッチのどこにいるかについて驚くべき意識を持っている。彼のヴィジョンは本当に素晴らしくて、一本のパスでディフェンスを無効化できるんだよ。

それに、彼には良いプレーをしたいという欲望がある。ピッチに立つ彼は野獣であり勝者なんだ。

チャーリーがこのまま成長を続ければ、彼の思い通りの世界になるだろう。アーセナルでは選手が初めてプロ契約を結ぶ際に、自分の名前と日付が入ったペンを2本贈られるんだ。

チャーリーが契約にサインしたあと、彼から電話があって家に呼ばれた。家に着くと彼はそのペンをプレゼントしてくれたんだ。

もの凄く些細なことだけど、高速道路を行ったり来たりしたり雨の中突っ立ってた意味があったと思ったね。スカウトにとっては特別な瞬間なんだ。」

 

チャーリーの両親はスペインからの移民らしく、家ではラ・リーガの試合をよく見ていたそうです。父親であるフリオが2015年にメール紙のインタビューに応じた際には次のように語っています。

フリオ・パティーノ
「チャリーはスペインのフットボールをただ見ているんじゃなくて分析しているんだ。選手の動きをよく見て、なぜあの場面でああいう動きをしたのか尋ねてくる。もの凄く頭のいい子なんだよ。

バルセロナがお気に入りのチームだと言っているし、間違いなくスペインのプレースタイルに影響を受けていると思うね。」

 

アーセナルは現在、アルテタの下で若手主体のチームに生まれ変わりつつあり、サカやスミス・ロウといったアカデミー出身の選手がスタメンに名を連ねています。

アカデミー史上最高の才能と称賛されるパティーノですが、トップチームに定着する日が来るのでしょうか。
(ソース:Daily Mail

パティーノのプレー動画

タイトルとURLをコピーしました