Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

【アーセナルNEWS】アルテタと監督就任で基本合意

シティとアルテタの放出条件でまだ合意に到らず

BBCによると、アーセナルとマン・Cはアルテタの放出条件についてまだ合意に達していないそうです。ただ、アーセナルはエメリの後任としてアルテタを招聘するためのペーパーワークを終えており、今週末までには正式に就任発表を行いたい考えだとか。

 

しかしながら、シティはアーセナルの対応にひどく動揺しているらしいです。

 

なぜなら、アーセナルとシティの間には未だ正式なコンタクトがなく、シティがアルテタの放出条件としている7桁の補償金についても合意に達していないからです。

 

シティ関係者は「アーセナルが金曜日に我々のコーチをヘッドコーチとして発表する予定だと聞いて驚いている。クラブからこの件についての交渉を行いたいという連絡は来ていないのにだ。」と語っており、アーセナルの先走り過ぎの行動に動揺しているようです。

 

なお、アルテタは上司であるグァルディオラに対し、現在の状況を包み隠さず全て報告しているそうです。

(ソース:BBC) 

 

アルテタと監督就任で基本合意 

アーセナルとアルテタは監督就任について基本合意に達したようです。契約は3年半になるようです。アーセナルはエバートン戦前に就任発表を行いたい考えですが、アルテタの就任に関する法的な事務手続きや細かな条件を詰める作業が残っているとのこと。

 

また、アルテタを支えるスタッフ陣についてもまだ未定だとか。 クラブとしては現在、暫定監督を務めるユングベリの残留を望んでいるようですが、どうなるかは分からないようです。

 

一方、シティはアルテタを引き抜くにあたってアーセナルに補償金として100万ポンド(約1.4億円)を要求していますが、アーセナルは支払うつもりだとされています。金曜日には正式発表されるのではないかと見られています。

(ソース:football.london

 

クラブはアルテタに1月の補強資金を与えず?

アーセナルはアルテタと1月の移籍市場における補強について話し合いを行ったそうです。しかし、アーセナルは1月の移籍市場での大規模な補強に消極的だとされています。

 

なぜなら、チームはいま居る選手達のパフォーマンスを最大限引き出すことが出来ていないので、まずはそれを実現させてからという考えだとか。むしろ、エジルやムスタフィといったパフォーマンスの悪い選手を放出するのが先だとさえ考えているらしいです。

 

アルテタはこの様なクラブの方針を聞いた上で監督を引き受けたようなので、現在の選手達でも十分戦えると見込んでいると思われます。

 

なお、BBCも報じているようにシティはアルテタとの交渉を始める前にアーセナルから何の連絡もなかったことに不快感を示しています。また、その後交渉が進展してもなお接触してこないアーセナルのコミュニケーション不足にとても不満を感じているようです。

 

シティはスターリングやサネと言った選手のパフォーマンスを飛躍的に改善させたアルテタの手腕をとても高く評価しており、出来れば手放したくないと考えています。しかし、アルテタの意思を尊重して退団を容認する姿勢を示しています。

(ソース:Daily Express) 

 

アーセナルはペップの右腕も同時に引き抜く?

アーセナルはシティでアシスタント・コーチを務めるアルテタを監督として招聘する方針を決定していますが、同時にグァルディオラの右腕として助監督を務めているロドリフォ・ボレルも引き抜くつもりだと報じられています。

 

ボレルはペップ政権の重要人物で、しばしばタッチラインで話し込んでいる姿が見られています。ボレルは1996年にバルセロナでコーチとしてのキャリアをスタートさせ、ユースチームの監督に就任しています。その後U-17、U-18と昇格しています。

 

その後、ギリシャのイラクリス・テッサロニキへ移籍するも1年ほどでバルセロナへ戻っています。そして、その6ヶ月後にはリバプールへ移籍し、U-18やU-23の監督を務めました。その後、スカウト部門の責任者としてシティへ招聘され、2016年にペップが監督に就任すると助監督としてスタッフ入りしています。

 

アーセナルはアルテタに自身でスタッフを選ぶことを許可していることから、アルテタはボレルの加入を希望しているようです。 

 

また、アーセナルはシティでスカウトを務めるサム・フォグベニも引き抜くつもりだとされています。さらには、アルテタが入団するまでシティでアシスタント・ コーチを務めていたドメネク・トレントの招聘も検討しているそうです。トレントは最近までMLSのニューヨーク・シティで監督を務めていました。現在フリーですが、再び助監督のポストに戻るつもりはないと言われています。

 

なお、アルテタはチームの現状をよく知るユングベリとメルテザッカーのスタッフ入りも希望しているとか。

(ソース:Daily Express) 

 

クラブ内はいろいろとバタバタしているみたいですね…。

しっかりして欲しいです。